チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

娘の恋愛



e0185530_02512530.jpeg
↓ゴンタがタロちゃんによく作ってあげると
いう『カオマンガイ』。
私は一度も作ってもらったことありません。





私とゴンタは完全にすれ違いの生活をしている。
たまに家で会うと、久しぶり〜と言う。

タロちゃんが学校のすぐ近くで下宿している
ので、テストやレポートの時は、
タロちゃんの家に泊まり込みで帰ってこない。

学校が遠いので、最初はそれもしかたない、
と思っていたけど、最近は普通に帰ってこない。

やっと帰ってきた、と思ったらタロちゃんを
連れて一緒に帰ってくる。

とにかく彼と時間がある限り一緒にいたい、
という気持ちはわからないでもないけど
(というよりも、ものすごくよくわかるけど)
お前らはちょっとでも離れたら死ぬんかい!

タロちゃんとつき合って1年くらいなるん?
と聞いたら、まだ4ヶ月だった。

タロちゃんと喧嘩したことあるん?
と聞くと、1回もない、という。

そう、ゴンタが怒っているところを私は
ほとんど見たことがない。

確かに私の娘なのに、瞬間湯沸かし器みたいな
私と違い、ゴンタは京都銀行くらい気が長い。

というより怒、という感情を私の中に
置き忘れて生まれてしまい、喜哀楽、
しかないというくらいおっとりしている。

タロちゃんもおだやか村の村民、
という感じのほわほわした男の子なので、
この二人は争うことがないのだろう。

男とすぐ喧嘩ばっかりする私からすると、
ホンマに私の娘か?と言いたくなるけど、
つまらん喧嘩をしなくてすむのはいいことだ。

ゴンタの理想の結婚は、学生時代から
つき合った相手と結婚することらしく、
私はタロちゃんなら「おかあさん」と呼ばれて
もいいと思っている。

もはやゴンタにほとんど何もおしえて
あげられることがない私。
(本当にない… 他の親は一体どうやって
年頃の子供を育てているのだろう?
日々子供と何を話しているのだろう?)
大学のシステムも私はちんぷんかんぷんだし、
就職活動もしたことがないからわからない。

振り返ってみたら、私が21歳の時には
すでにゴンタが生まれていたけど、
ゴンタと比べると当時の私はアホすぎて、
情けなくて思い出すのも辛い。

ゴンタは普通のことを普通にちゃんとしてて、
偉いなあ、と思う。
(夜な夜な道端に立って、お兄さん飲み屋いかがっすか〜、
とか声をかけてくる女にならなくて本当によかった。)

しかしぐれずに割とまっすぐ育ったゴンタも、
これから人生がどうなるかなんてわからない。

変な男にトチ狂うかもしれないし、
一生結婚しないかもしれないし、
こっぴどく裏切ったり裏切られたりして
絶望する時がくるかもしれない。
人生はロングでワインディングなロードだよ。

でもママはタロちゃんと結婚したら
うれしいです。タロちゃん推しです。
お幸せに。






[PR]
by meruchiko | 2017-07-31 00:00 | 家族 | Comments(3)

ラブユー銭湯




e0185530_01121889.jpeg



ついに斜め向かいの銭湯に、
毎日通うようになった。
風呂券10枚綴りを買っている。

脱衣所も浴場も年季が入りすぎて、
サビたタイルとか最初ゲッ!と思ったけど、
まったく慣れた。

スチームサウナは熱々で汗がよく出るし、
二人入ったら窮屈な水風呂の温度加減も、
私にちょうどいい。

何より番台のおばちゃん(おばあちゃん?)
が最高なのだ。
むちゃくちゃ優しくて可愛いらしい。
こんにちは、ありがとう、と挨拶するだけで
癒される。

きっちりお昼の3時からオープンなのに、
3時15分前になると、おじいおばあが
風呂屋の前で開くのを待っている。
このクソ暑いのに、しゃべって待っている。

私はだいたい3時から3時半の間に行く。
だいたい毎日同じおばあが3人ほど来ている。

それぞれおばあの定位置は決まっていて、
通ううちに各おばあのポジションを
把握したので、私はそれ以外のカランに座る。

サウナにテレビはなくて、いつも演歌が
流れている。ド演歌である。

最初は演歌かよー、辛気臭いなあと思った。
ところが今は、ここのサウナで演歌を聴くのが
楽しみになっている…!

今日かかっていたのは、五木ひろしの
「あの〜人〜は行って行ってしまった〜」
という曲(曲名は知らない)、
サブちゃんの与作、長山洋子の流行ったやつ、
瀬川瑛子の命くれない、ラブイズオーバー、
その他まったく知らない演歌エトセトラ。

6〜7割は知ってる歌だから、自分でも
びっくりする。

曲名は知らなくても聴いたことがあったり、
曲は知らなくても、これは石川さゆりだとか、
千昌夫だとかクールファイブの歌だな、
と、声でわかるところが我ながらすごい。

要は昭和生まれ。
興味がなくても、テレビや居酒屋や、
働いていたスナックでいろんな演歌を耳にし、
憶えていたのだなあ。

そしていつの間にか、私もいよいよ四十路を
超え、演歌もちょっといいな、
と思うようになっている。
(昔、姑が美空ひばりの大ファンで、
もし娘が演歌歌手になりたい、などと言う
子供になったら、この手で殺してやろうと
思うほど演歌は嫌いだったのに!)

今はわけのわからんバンドやラップ調の
歌より、演歌は歌詞もメロディも良いと思う。
身に染みるとまでは言わないけど、
懐かしい歌だなあ、いい歌だなあ、と思う。

だいたい演歌はうれしい楽しい大好き!
ハッピー!みたいな歌は少ない。

どちらかというと、失恋や結ばれぬやら、
郷愁や人生や、苦労話などせつないのが多い。

この間など、この曲…聴いたことあるけど、
誰の何という曲?!と、家に帰っても
気になって、検索して調べたこともあった。
(日吉ミミの『男と女のお話』という曲でした。)

桑田サンが年を重ねるにつれて、
演歌のような、歌謡曲調の歌を作るように
なったのも、わかる。

亡き父がビートルズと千昌夫が好きで、
変な組み合わせだと思っていたけど、
それも今ならわかる。

演歌は日本人の原点なんですね。

そのうち私もカラオケで坂本冬美とか
テレサテンとか(→これはたまに歌わされる)
歌うようになったら…
その時はご容赦ください。






[PR]
by meruchiko | 2017-07-30 00:00 | 日常 | Comments(2)

ルート25




昨日は朝からゴルフ。
正直、この年になると月曜以外の平日の
ゴルフはきついです。

2時間寝て、お迎えの車の中で寝て、
三重県のルート25に着いても、
身体がふらふらしていた。

私とハルナが参加したのは、
『真弓明信氏を囲む会』というコンペ。

元阪神の真弓、プロ野球にうとい私でも
さすがに知っている。

真弓、真弓、ホームラン♪という応援歌も
憶えている。

ゴルフが終わって、表彰式が始まる前に
写真を撮っていただけました。



e0185530_20023221.jpeg
↑64歳にしては若い!
昔から変わらず男前でした。
やはりスポーツしたりテレビに出たり
してる人は違うなあ。



e0185530_20033825.jpeg
この顔の濃い人は誰か知りませんでしたが、
元近鉄の村上さんらしいです。




子供の頃、父や弟がプロ野球がすきで、
弟が集めていた球団カードでよくあそんだ。
(そのまま球団、と呼んでいた。)

ポテトチップスのおまけについていたのか…
カードだけで売っていたのか…忘れたけど、
球団やろう!と言うと、二人で
各球団の選手のカードを9枚ずつ持ち、
サイコロ2個を振って、裏面に書いてある
サイコロの目に合わせてヒットやアウトや
ホームランを出し、どっちが勝つか、
9回裏まで試合をやっていた。

今のゲーム世代の子供からしたら
なんとも原始的なショボいゲームである。

でも負けた方は自分の持ってるカードの 
中から、相手の好きなカードをあげなくては
いけなかったので、真剣だった。

この球団カードを男子は必死に集めていた。
(あとキン消しとか牛乳のフタとかね。)

その頃の選手はよく憶えている。
阪神なら真弓、平田、バース、掛布。
後は衣笠とか大野とか梨田とか…

今はまったく野球選手を知らないので、
野球ファンのお客さんとは会話ができない。
すみませんね。

真弓さんは、ルート25のグリーンは遅い、
もっと速いグリーンがいい、と言っていた。

私にはちょうどよいグリーンで、
パットはとてもよかった。
しかし54 51で今日も100切れず。







[PR]
by meruchiko | 2017-07-27 00:00 | ゴルフ | Comments(2)

リフレーッシュ!!!




昨日日曜日は、久しぶりに吉本新喜劇に
行ってきました(^-^)/

最近イライラすることが多くて、
(ガチ生理前というのもありましたが)
愚痴ったりやつ当たりしていろんな人に
撒き散らして自己嫌悪になっていた。

何も考えず笑って、ちょっとすっきりした。

トミーズ・ロザン・ザぼんち・桂文珍…
おもしろかったなあ。

新喜劇は川畑の回で、島田一之助と島田珠代が
いい味出してた!

イライラしてたら顔に出るし、
言葉もケンケンするし、周りにも伝染する。
今週は笑顔を拡散したいです。





夜は女子ゴルフと全英オープンを見た。

かねてから応援している穴井詩が優勝!!



e0185530_17340565.jpeg



他人とは思えないビジュアルと、
(そう、あの人に似てますよね…!)
豪快なスイングで飛ばし屋。

少年みたいだけど、お尻とO脚のラインが
女っぽくて好きです、ららちゃん。




そして…
ちらっと映ったこの横顔、一瞬誰?!


e0185530_17350767.jpeg



と思ったら、ボミ?!

e0185530_17353739.jpeg



どした?!太った?!
お多福風邪か?!

なんかおかしな顔になってました…T_T




※ 後から調べたら親知らずを抜いて
ほっぺたが腫れてたそうですf^_^;)






[PR]
by meruchiko | 2017-07-24 00:00 | 休日 | Comments(2)

エミちゃん おめでと!!




お久しぶりです(^-^)/

やっとよっしゃと日記を書こうとしたら、
このエキサイトブログがメンテ中とかで、
やる気を失ったりして久々になりました。

まず先週のエミちゃんのお誕生日には、
たくさんのお祝いをいただき、
心より感謝を申し上げます。

素敵なドレスを着て、いつもより増して
美しかったエミちゃん。


e0185530_19494237.jpeg



エミちゃんはトーコが辞めて、
いつの間にかハニトラでいちばん古い
(という言い方はよくない…長い)
メンバーになりました。

この人の笑顔は不動であります。

人間、年を重ねるとクセというか、
アクみたいなものが出てくるけど、
それもエミちゃんには無関係なこと。

いつまでも天然・天真爛漫なエミちゃんで
がんばっていただきたいと思います。




さてさて…

毎日脳が溶けそうな暑さですが、
こんな時に怒らすな、私を!!

森ノ宮のロイヤルホームセンターの
ハンコ作るところのオバハン!!

店に注文しに行った時もあまりにぐだぐだで、
商品に無知なのもどうかと思うけど、
結局知ったかぶりで適当な仕事をするから、
案の定、間違った。

で、その後の電話対応が悪すぎる!!

全然商品のこと把握してませんよね…
こちらの求めてるもの、
理解してくれてませんよね…と、
さすがに嫌味のひとつも言うてしまい、
申し訳ありません、と言うその声が、
まったく悪びれていないのがバレバレ。
何ならイラッときとる!
失礼します、のす、と同時くらいに
電話切りやがる!ちがうだろ〜!!
(電話の声って顔が見えない分、
わかるから怖いよね…。)

もっと自分の仕事にプライドを持ってほしいと、
最近あらゆる仕事の人に思ってしまう。

オバハンへ。

自分がどう見られてるとか、思われるとか
人からの評価もだいじかもしれないけど、
とりあえず、自分に尊敬される感じで、
自分に好かれる感じで、やってみてちょうよ。

そしたら少しずつ仕事、うまくいくから。
楽しくなると思うから。
たのんます。





[PR]
by meruchiko | 2017-07-20 00:00 | 仕事 | Comments(4)

吉田村の悲劇




お昼から吉田村に行ってきました。

月に一回、白髪染めをしに、わざわざ吉田村
の美容室まで通っております。

この店、お客さんの妹さんが吉田で
開業したのをきっかけに行くようになり、
もう長いお付き合いになる。

妹さんは私の一つ年下なので話も合い、
今回の引っ越しの時には素敵な観葉植物を
贈っていただいたこともあって、
義理堅く通い続けているというわけです。

店長(妹さん)の話がおもしろいから、
毎回気付いたら髪を切られすぎてた…
ということもあるけどご愛嬌。

お世話になっております。




ところで3日前の日曜日、ニュースでも
やっていたらしいけど、私は知らなかった。

吉田村近辺で集中豪雨があったらしく、
翌月曜にお客さんから写メが送られてきた。



e0185530_19401158.jpeg



すぐにどこかわかった。
まさに前のマンションの近くだ…!
(まんま の前の道!)
びっくりした!!

吉田村に20年住んでたけど、
こんなこと一回もなかった。

美容室は浸水もなく無事だったらしい。

どんどん異常気象化が進んでいるようで、
怖いなあ。






[PR]
by meruchiko | 2017-07-12 00:00 | 事件 | Comments(2)

2度目の双鈴ゴルフ




本日ちょっと久々のゴルフは、
昨年ベストスコア96を達成した、
滋賀県の双鈴ゴルフクラブ・土山コースへ。

お昼からのスループレー。
曇り空でそんなに暑くもなく風もあって、
まわりやすい天候でラッキー。

そして今日はこの人も一緒でした。
e0185530_02151051.jpeg


奴がつまんでいるのは鹿。
そう、昨年初めて行った時びっくりした、
双鈴ゴルフクラブ名物?
鹿、野放し。

今日もたくさんの鹿がゴルフ場のそこここで
戯れており、癒されました。
小鹿がお母さん鹿のおっぱいを飲んでる
ところも見れたり。

ミスしても、のんびり草を食べている
鹿達の姿を見ると、いらいらしない。
もっと他のゴルフ場もいろんな動物がいれば
いいのになあ〜!

というわけで、私は双鈴ゴルフクラブと
相性がとても良いのか、前半46。

このままでは昨年の96を更新できるかも?
と、わくわくしながらゴルフしていたけど、
だんだんショットが乱れてきて、
ラスト3ホールで7、8、7と叩き、
結局薬局、後半54で100ちょうど…(T_T)

100は切れると思っていたのに…。
情けないです。

次回がんばります…。





夜は福太郎。
最近、お好み焼の上にネギをどっさり
かけて食べるのが私流。
福太郎のねぎうまし。


e0185530_02290685.jpeg







[PR]
by meruchiko | 2017-07-09 00:00 | ゴルフ | Comments(2)

初花火




e0185530_18073158.jpeg



昨夜、七夕の日、ドリカムのイベントの
花火大会に行ってきました。

今年初めての花火。

花火を写真に撮るのは難しい。
すごい瞬間に撮ってやろう、と思うのに、
花火はすぐ消えてしまうし、
その瞬間も肉眼でみた方が絶対綺麗のに、
カメラ越しで必死になるのが嫌だ。

それでもみんながんばってスマホで撮ろうと
してますね。
私もそうだけど。

今回、大阪港150周年とドリカムがコラボして
舞洲にて行われたこのイベント。
大阪市長もご挨拶。

残念なことに、吉田美和は出演せずで、
中村だけちょろっと出てきた。

ドリカムの歌を大音量で聴きながら、
それぞれの曲をテーマに花火が打ち上げられた。

も の す ご く 綺麗だった!!!
ドリカム最高!!

ぜひサザンもやってほしいこの企画。






[PR]
by meruchiko | 2017-07-08 00:00 | イベント | Comments(2)

決意とおしらせ



e0185530_17490435.jpeg




前々から考えていたことなのですが…

店名を『ハニートラップ』から『ハニトラ』
にリニューアル?することに決めました。

さんまが、よくバラエティ番組で
「ハニートラップ、ハニートラップ」
と言うてるうちは、宣伝してくれてありがとう
と、のんきに喜んでいたのですが、
このたび小出恵介の未成年淫交事件により、
ワイドショーなどで「ハニートラップ」と
連呼され、ますますイメージはダウンに。

お客さんからも、風俗の店みたいとか、
領収証回しにくいとか言われたり、
最近は求人広告にスタッフ募集を載せても、
まったく電話も鳴らない…。

なじみ薄かった英語だと思っていたのに、
ポップでキャッチーでいい名前だと思っていたのに、
ものすごく悪い意味を含んで、
とうとう世間の皆様に浸透したようです。

思えばハニートラップ前の店名は、
(新しいお客さんは知らない人もいるかと
思いますが、今思うとホント恥ずかしい…)
『ガールズバー』(GIRLS BAR)でした。

オープン後、ガールズバーというカテゴリーの
店が増え(もはや定着しましたが)、
各店の不祥事で次々に新聞沙汰が起こった。
そのたび、肩身狭く胸くそ悪い思いをした。

最後はメッセンジャー黒田の暴力事件により、
泣く泣く店名を変えざるをえませんでした。
(テレビ局から、黒田の事件はおたくの店
ですか?と、電話もかかってきたのだ。)

そして今度こそ、と名付けた
ハニートラップも、同じ運命に…。

店名を変えたとたんに、警察もんの推理小説
『ハニートラップ』が発売され、
テレビドラマ『ハニートラップ』が放映された。

私は何か、先見の能力があるのでしょうか?
予言者…?
もう嫌だ!

看板や名刺や封筒やハンコも変えないといけないし、
いろいろな所に登録変更しにいかないといけないし、
めんどくさいけど、私はもう誰からも
批判されず、堂々と恥ずかしくない名前で
生きていきたい。

そのうちひっそりと『ハニトラ』に
変わりますので、今後ともよろしくお願いいたします。





[PR]
by meruchiko | 2017-07-04 00:00 | 仕事 | Comments(2)

いっぱい歩いて靴擦れしかけた





ゴンタと一日デートの日。

午後3時、電車に乗って、ついこの間行った、
ジョーテラスオオサカへ。




e0185530_02320290.jpeg
↑緑橋の改札口に、七夕の笹の葉が。粋だね!
うれしくてゴンタと短冊に願い事を書いた。 
さて私のはどれでしょう?






森ノ宮で降り、大阪城公園駅まで一駅ぶん、
森林浴しながら歩いた。

本日城ホールではチャン・グンソクの
イベントが行われていたようで、
高揚したオバサンのかたまりが、
洪水のように溢れ出てきた。

たちまち辺りはオバサン一色になり、
それはちょっと見事な景色。
(もちろん私がその中に混じっていても  
何ら違和感はない…。)





e0185530_02415953.jpeg
↑前回食べれなかった
『ヒステリック・ジャム』のクレープ。
文句なしに美味しかった。
500円、いいお値段ですなあ。
昔はクレープといえば、ちょっとおしゃれな
庶民のおやつだったのになあ。





早めの晩御飯は予約していたイタメシで。
天井高く、ガラス張りの開放的な店。

私は生ビール、ゴンタはいきなりウイスキーの
ジンジャーエール割りを飲む。
こいつ、大人だ…。

パイ生地のピザやリゾットを食べた。
まあまあ、そこそこ美味しくいただけました。
(ナチュール?みたいな名前の店。)





それから環状線に乗って梅田に出た。

ゴンタの言う金額の切符を買い、
ゴンタがこっち、と言うままに電車に乗り、
ゴンタのナビで大阪駅から歩く。

いつの間にか、私よりも断然、
詳しくなっている。
情けなくもあり、頼もしくもあり…楽だ!

初めてNu茶屋町というビルに入った。
こんな建物知らんわあ、いつからあった?
というと、ゴンタは呆れていた。
だって梅田知らんもん。

しばらく雑貨や本を見て時間をつぶし、
本日メインイベントの映画へ。

テアトル梅田という小さな映画館。
ロフトの地下の階段を降りていく。
妙にわくわくする。

TOHOシネマズではやっていない、  
コアな映画が上映されている。
小さい映画館、なんか好き!




e0185530_02533584.jpeg
↑みたのはゴンタが先輩におすすめされた、
『夜空はいつでも最高密度の青空だ』
というすてきなタイトルの映画。




松田龍平や、不倫がばれた仲間由紀恵の
旦那の田中哲司も出ていた。
(ハルナが田中哲司のセックスはすごそう、
やりたい、みたいなことを言うてたような…
私の勘違いだったらすみません。)


淡々と話は進み、いつの間にか終わった。
ドキドキ・ハラハラの要素はなかったけど、
退屈もない。
日常を切り取ったような映画。
悪くなかった。

帰りもゴンタの言われるまま電車に乗り、
乗り換え、鴫野駅まで。
普段まったく電車に乗らないので、
疲れたけど新鮮だった。

全米大ヒット、の映画もいいけど、
小さい映画館でしかやらない映画。

これからちょっとハマってみようかと、
ゴンタと話しながらあるいて帰った。






[PR]
by meruchiko | 2017-07-02 00:00 | 映画 | Comments(3)