チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小池 うまし!



e0185530_20071110.jpeg


ソフトバンクのせいで私は口元にヘルペスができかけております。

イイダから電話があり、明日のお昼にプリンターを見に業者が来ることになった。よし。







引っ越してうれしいことの一つに、通勤とても近くなったことがある。

吉田村の時の二分の一以下の交通費で収まる。
時間もお金もたすかる!

そして私の大好物、生野区にあるお好み焼『小池』も非常に近くなった。

この店は、平日のお昼12時から16時までしか営業していない。

有名な『オモニ』のもうちょっと奥並びにある。私は小池の方が好きだ。

緑橋にある『大ちゃん』の広島焼きが美味しい、という情報もあり、必ず行ってみようと思っている。

吉田村には美味しいお好み焼屋さんがひとつもなかったからなあ。

うれしい限り。





[PR]
by meruchiko | 2017-03-29 00:00 | 食べもん | Comments(2)

ソフトバンク、死ねば?



e0185530_02461881.jpeg



私は今日のタイトルででソフトバンクに訴えられてもいいと一向にかまわないと思っております。
孫正義率入るソフトバンクの社員・およびオペレーターのバイトに至るまでの全員、クソだ。派手なサービスとコマーシャルをアピールしているにかかわらず、客のサポートが驚くほどずさんだ。顔もみえないオペレーター任せでいったい誰が本当に責任を持って仕事しているのか私には全く理解できない。これでよく会社が成り立つものだと疑問しかない。早急な改善と対策と反省を願い、ソフトバンクのクソの実態を書かせていただく。ドコモもauも同じようなものなの?違うなら、すべてキャンセルして変えざるを得ない。





私とゴンタの携帯および店で使っているタブレットその他、合わせて毎月47,000円強!を少しでも節約できたらと、このたび家中をソフトバンク光に変更した。

引っ越し翌日朝8時からNTT→ソフトバンク光テレビ→ソフトバンクインターネットと、3社が連続で工事に来て、それぞれ電話・テレビ・ネットの作業が行われた。
(でもよくわからんけどすべての元はNTTらしいっすね。ややこしい!何ならもう全国統一しろ!)

…もとい。最後に来たネット担当のオッサンには、接続オプションサービス+プリンター接続オプション4,000円を支払いました。

このオッサンはおとなしくて謙虚で、ええ人だと思って任せていたのが運の尽き。

3日後、初めて店の事務仕事をしようとパソコンを立ち上げたら、まず度肝を抜く遅さ。

『ニトリ』と入力するのに30秒かかり、一つの物を注文するのに30分かかるという異常さ。

これは前のマンションから(前はNTTのフレッツ)、ネットさくさくいかんなーと悩んでいたけど(→うちのパソコンがビスタだからか)天下のソフトバンク光に変えたらすべてが改善されると期待していたのが、環境は超悪化。

そして、問題のプリンターだ。
前のアホエプソン(何度クリーニングしても色がおかしく修正不可能)から今回の引っ越しに備え、またエプソンの新品を買ったのだ。

接続3日後、いざプリントアウトしようとすると、すべてエラー。

そしてソフトバンクのサポート電話すること、この何日の間にいったい何回???

音声案内からオペレーターにつながるまで数十分後、つながったらまず本人確認、同じ状況を何度も言わされ、みな同じ回答、業者はたしかに接続確認をして帰った、こちらで対処します、3度目の電話では遠隔操作で2時間も費やされ、結局改善せず、その翌日もまた違うオペレーターに同じ話をした。

最後に話をしたクスノキという男が、割としっかり理解した感あったので、ちょっと安心してこいつの「出張行かせますね〜お待ちください」の回答を待ち3日が過ぎた。

今日、しびれを切らしサポート電話にかけ、やはり数十分待たされたあげく、新たなオペレーターの女にまた一からの話になり、さらに数十分待たされ、こちらでは接続確認はできております、再訪問は10,800円かかります、知っとるわい!!
なんで金出して頼んだものが不具合やのに追加で金出さなあかんねん!ほんで何回同じ話させるねん!ゴルァ!

我慢も限界、頼むから上の責任者に代わってくれ、と言うと、責任者に代われるかどうかお待ちください、とまた数十分待たされた。

…………。

待ったあげく再び同じ女が出て、責任者とのお電話はできかねます…こちらで対応します…と言うので、あんたは社長か?あんたが何か責任持って対処できるのか?あんたに責任ないねん、あんたに話してもしゃあないねん、頼むから、頼むから、頼むから、こっちは月末の請求書迫ってるねん、プリンター使うねん、動けへんねん、お前とこの下請けの業者に4,000円払って接続頼みましてん、エラーやねん!一生印刷できませんねん!でけへんねんやったら4,000円返せや、何なら責任者にこっちから電話するから、つながる電話番号おしえてくれやあ!と言うと、一切のお電話はこのフリーダイヤルしかございません。としゃあしゃあぬかしやがった。
ゴルァ〜〜〜〜〜!!!

別にお前いじめたいんちゃうんじゃあ!!
頼むから話できる人間と代われやあ、ロボットが!!!
頼むわああああ!!!!!

わめいたら、また数分待たされた後、やっと男の声に代わった。
腹立つからまず名前名乗れ、と言うとイイダです。

そしたら、このイイダが第一声、何と言うたか。

「プリンターに原因があるかと思いますので、プリンターの会社に電話してください

…死ね。ソフトバンク、死ね。100回死ね。
何十回とロボットと話させて、しまいに泣き寝入りさせる作戦か?!
んなアホな。

すかさず「それって矛盾してますよね?プリンターに原因があるのなら、おたくの業者はどうやって接続を確認できたというのか?もしその後すぐプリンターがおかしくなったのなら、おたくの業者がうちの新品のプリンターを壊したことになりますよね?」

と言うと、さすがにイイダは黙った。
そこで初めて業者に連絡を取ってすぐに再訪問行かせていただきますので、という話をしてきた。
アホ。遅いわ。この数日の時間返せ。
こっちはお前より時給高いぞ。

そしてもちろんそれすらも回答待ち。
でもイイダに直通につながる電話番号も聞いた。

イイダといっても、顔も年も見えぬ、どんな立場かもわからない男である。

こんなええかげんな仕事して、給料もらって…いやこんなパートやバイトのオペレーターのマニュアルロボットに本当の責任はない。

おぅ、クソフトバンク?
お前らそれでええんかい?
えらい立派なシステム作って儲けてるんかしらんけど、所詮人間のやること、大きなればなるほど失敗もミスもあろうな!
大事なのは、やらかした後やろが!
一人のお客さんの仕事もちゃんとできず、あげく無責任にたらい回しにして、お前ら殿様商売かい?
何ならやってること詐欺や言われてもしゃあないで!

コマーシャル見たら一家全員、犬まで殺意抱くわ。ほんま頼むからちゃんとして。







[PR]
by meruchiko | 2017-03-28 00:00 | 怒り | Comments(0)

父 誕生日



3月27日は、亡き父親の誕生日だった。

何度かこのブログで父親のことを書いているけど、私も年を重ねる毎に、早死にした父に対して思うことも変わりつつある。

時が流れ時代も変わり、自分も年を取ったのだなあと実感する。

昨年見た映画『葛城事件』の三浦友和演じる超、亭主関白なオヤジのごとく、うちの父も間違いなく昭和ドストライクの男だった。

父親不在といわれ、父親の存在感が薄い今日この頃、父は圧倒的な存在感を持っていたように思う。

小さい頃は父が仕事から帰ってくると、玄関までおかえりなさい〜!と飛んでいくくらい嬉しかったのに、年頃になると父が家にいるとカサ高く、いない時はみんなどことなくのんびりしていたように思う。

子煩悩・家族思いで、一家の大黒柱としての責任感は強いが、それはハリボテで一皮剥くと精神はもろく、金もないわ現代よりも多彩な娯楽も少ない時代だったので、父は酒に溺れるしかなかった。

漫画みたいに母に茶碗を投げて泣かせているのを見たし、私達も家でも外食先でも行儀が悪いとブチ切れられ、お前の教育が悪い!と結局怒られる母が可哀想で、怒った時の父は本当に怖かったし嫌いだった。

もし父が今の時代に生きていたら、バブル崩壊・ネット社会・少子化・共働きは当たり前・家事分担・イクメン男子・モラハラ・家庭内別居・熟年離婚など…あの父はいったいどう生き抜いていただろう。

ケータイやパソコンをつかいこなし、料理や家事を手伝う父の姿がどうしても思い浮かばない。
日本酒ではなく、発泡酒や酎ハイを飲む父が想像できない。
テレビで相撲でもなく野球でもなく、サッカーを観る父も違和感がある。

とにかく野球と相撲が好きで、将棋と山登りが趣味で、酒と煙草と納豆と食パンが好物で、母と子供さえいれば幸せだった人だったのだから。(と私は思っていたけど、どうだったのだろう?)


父が死んで30年。

先日、弟の家に行った時、相撲の決勝を必死に観ている弟を見て(しかも気持ち悪いくらい詳しい)、父の一部がしっかり受け継がれていることを確認した。

酒好きはナリが継承し、私は間違いなく頑固でハリボテで強がりの昭和の女だ。

まあしっかりと生きていきます。

お父さんはあの世でおじいちゃんと温泉でも入って、酒飲んでゆっくりしといてください。


















[PR]
by meruchiko | 2017-03-27 00:00 | 家族 | Comments(0)

銭湯




※ その後、ソフトバンクは宅配で、この間つけた機械と同じものを送りつけてきた。不良品かもしれないので、一度自分で交換してみてとのこと。プリンターに関しては回答待ちで何も解決しておりません。早くしてくれ!ボケ!





なんとうちの家の斜め向かいには銭湯がある。

小さな小さな、昔ながらの銭湯。
今時こんな狭い道路の住宅地の中に、よく存続していたなあと思う。

そして私がここに引っ越しを決めたのは、この風呂屋があったから、といっても大げさではない。

車に乗ってスーパー銭湯的な風呂屋にはたまに行くけど、何といっても斜め向かい。
徒歩10秒。毎日行ける。
ドライヤーもせず、頭にバスタオルを巻いてそのまま帰ってこれる!

風呂屋の横にボイラー室?みたいな所があり、おっちゃんが毎日昼間から何か作業している。

引っ越しの挨拶に行った時、思わず、サウナありますか?と聞いたら、うちはスチームやね。と言われ、ちょっとがっくりしたけど(スチームサウナは温度が低い。)大きな湯船に徒歩10秒で浸かれるのはうれしい。

それでも引っ越し後、私はなかなか行く機会がないまま、先だってゴンタが友達と行ってきた。

古いけど清潔感もあり、こじんまりしてて、ええ風呂屋やで〜というので、今日の夜やっとゴンタと行ってきた。

のれんをくぐると、なつかしい昔の下駄箱。
鍵は木の板に数字が書いてあるやつ。

入ると番台におばあちゃんが座っており、風呂代は大人430円。

脱衣所の鏡には近所の店や会社の広告が印刷されており、うわぁホンマに昔の銭湯やなあ!と感動していたら、こいつを見つけて私は泣いた。


e0185530_01472782.jpeg


ヘアードライヤーです…!!!
(ちなみに携帯持って行ってなかったので撮れず、画像引っ張ってきましたが、このまんま。)


ゴンタに、これ何か知ってる?ときくと、わからん。と言うので、昔ママが子どもの時、銭湯行ったら20円入れてこれで頭乾かしてたんやでー。髪の毛逆立ちしてぐるんぐるん回るんやでー。よう上の網に髪の毛絡まってしもて、無理やり引っ張って取って、髪の毛ブチブチ切れてんでー。と説明しても、私のノスタルジー全快のこの感動はゴンタにわかるまい。



↓こんなかんじね。
e0185530_01525138.jpeg




私は高校生の途中まで、家にお風呂がなかったので、一家全員、毎晩銭湯通いしていたのだが、まさにその当時の銭湯だった。

中に入ると、黄色の洗面器に低い緑の椅子、ゆる〜いシャワー、口からお湯を出すライオン、錆びついたタイル、男風呂とを仕切る低い壁。

熱めのお湯(そう、昔の銭湯は熱かった!)に浸かって眺めていると、タイムスリップしたような、あるいは運命に導かれ、帰るべきところに私は帰ってきたのか。

銭湯時代の記憶がよみがえり、ゴンタに必死に語った。(→笑いあり涙ありのエピソードを私は10個は持っている。)

こじんまりしたスチームサウナは思ったよりかは熱く、申し訳程度の小さな水風呂に飛び込み、豪華なスーパー銭湯もいいけど、これはこれで乙だなあと感じ入った。

最後に先ほどのドライヤー、ちょっとやってみたろか…と思ったけど、巻き込まれたら嫌なので、頭にバスタオルを巻いて家に帰りました。





[PR]
by meruchiko | 2017-03-26 00:00 | 休日 | Comments(0)

カスか!ソフトバンク!




e0185530_20143907.jpeg



前の家ではNTTのADSL(→たぶん)を使っていたけど、引っ越してソフトバンクの光回線に変えた。

私やゴンタの携帯がソフトバンクなので、ネットやテレビをまとめて少しでも安くなると思ったからだ。

ネットやパソコン・テレビなど、最近のこれらすべて、私には理解できない。
理解したいけど、すでに私の限界を超えてしまった。

引っ越し前からソフトバンクに電話し、オペレーターのややこしい話を聞きながらすべてメモを取り、工事を申し込んだ。

そして工事当日は順番になぜか3社?が来て、モデムを置いていったり、テレビを取り付けにきたり、最後にパソコンの設定(有料・1万円くらい。)におっちゃんが来た。

よくわからないのでプリンター(新品)も接続してほしいと言うと、オプションで別途4,000円かかるとのこと、背に腹は変えれない。
お金を払っておっちゃんにやってもらった。

メールも設定してほしいと言うと、それはご自分で…そういうサービスもオプションもないというので、いまだにメルアドを作っていない。

で、昨日早速プリントアウトすることがあったので初めてやってみたら、ずっとエラーになる。Wi-Fiでつながってると出てるのに、何度やってもエラー。

しかもネットがむちゃくちゃ遅い。
検索のところに文字を打ち込むにも、全然文字が反映されない。

というわけでソフトバンク光のカスタマーに電話したら、こいつらがもうホンマにおかしなことを言いやがる。

4,000円払ってプリンターを接続してもらったのに、プリントアウトできないからもう一回来て見てほしいと言うと、10,800円かかるという。は?!
払うわけないやろアホか!

今日かれこれ2時間もオペレーターと話しながら、うちのパソコンを遠隔操作してもらい(これはビックリ!)いろいろ調べてもらったけど、結局解決せず。

こっちはそんな暇ちゃうねん、なんでもええから家に来てやってくれやあ!

出張を無料にできるかどうかなど、また明日回答の電話がかかってくることになり、とりあえず電話終了。

そしてミナミに出て、ガラケーの修理出してるのが出来上がったというので、ソフトバンクに取りにいった。

するとなんと修理済みといいながら、何もなおってなかった…!!
そのまま再び修理。
重ね重ね、お前らはアホか!!!!!!

私はソフトバンクに呪われてるのでしょうか。
孫さん、頼むわ…!!!









[PR]
by meruchiko | 2017-03-22 00:00 | 怒り | Comments(2)

二連休




○ すっかり春めいておりますが、
花粉キターーーー!!!( ̄O ̄;)
花粉症のくしゃみは、可愛くできない。
グジャン!てなります。音も大。
遠慮なく鼻水垂らさせていただきます。


○ 女子ゴルフツアー3戦目。
菊地絵理香、3度目の優勝!おめでとう!
見ていて気持ち良く優勝した。
丸顔でO脚で、憎めない選手です。


○ 串カツ大会、ナリ優勝。
お客さんと私・さつき・ナリで串カツの
コースへ連れてってもらった。
36本フルコース食べる気満々だったけど、
私は20本で脱落。ナリが一番食べた。若い。


○ 家の近くの焼肉屋にゴンタと行った。
飛び込みなのでドキドキ。
お客さんの入りは◎。雰囲気もいい。
が、塩タン以外の肉が全然もひとつで残念。
吉田村にあった南大門がいちばんうまい。


○ イッテQが本当におもしろい!
イモト、木村佳乃、みやぞん最高!
日曜日の楽しみはゴルフとイッテQ。
テレビの前で世界中を旅してます。


○ 髪の毛切られすぎてちょっとブルー。
すぐ伸びるからいいけど。
吉田の美容室にしばらく通うことに。
遠いけど、店長が観葉植物を贈ってくれる
らしいので。義理堅く通います。


○ WOWOWをやめてスカパーをつけた。
チャンネルが多すぎ。わけわからん。

○ ゴンタの原因不明の腰痛が治らない。
毎日温湿布貼っております二十歳の娘が。
古着屋のバイトで立ちっぱだから?

○ ゴミの分別がややこしすぎて理解不可能。
一回目の収集で持っていってくれなかった。
オッサンに偉そうに言われてナリ激怒。
面倒くさいけどゴミのプロになってやる〜!


○ しばらく引っ越しでバタバタしていたけど
今週から気合い入れて仕事するぞ〜!
仕事がんばらないとね。
今週もお互い踏ん張っていきましょー!
そしてハニトラに発散しにきてね!




[PR]
by meruchiko | 2017-03-20 00:00 | 休日 | Comments(0)

さらば吉田




e0185530_04044788.jpeg
↓5年間住んだ『さんさん吉田』の部屋。





先週の今日、引っ越した。

約22年間暮らした吉田村に別れを告げ、私は城東区民になりました。

引っ越しは予想以上に大変で、前夜は店を休み、徹夜で片付けした。
ゴンタは眠い限界と言って3時頃寝てしまうし、ナリは仕事から帰ってこない。

やってもやっても片付かず、終わりが見えなくて、泣きそうになった。

マンションのゴミ置き場が、うちから大量に出たゴミで埋まり、
私はゴミと共に暮らしていたのか!と驚いた。

当日はサカイ引っ越しセンターとゴンタとナリとで頑張った。

いいこともそうじゃないこともたくさんあった、吉田での暮らし。

引っ越し当日は感極まるのかなあ、と思っていたけど、
寝てなくてしんどすぎて意識朦朧としていた。

それにしてもサカイ引っ越しセンターの兄ちゃん達のパワーと素早さと神業には脱帽。
なんでもプロの仕事はすごいなあ。

私も二日間で2時間も寝てなくて、我ながらまだ踏ん張りがきく体だ。





さてこの引っ越し後一週間は、変なアドレナリンが出ております。
お家に帰るのが新鮮で楽しいってやつね。

でもまだ慣れないから、家にいて心底落ち着くという感じはない。

片付けもまだまだ。
仕事もあるしぼちぼち、やっていこうと思う。

新しい家、まだ何も知らない新しい町。
これからここで生きていく。
みんな仲良く幸せに暮らしていきたい。






[PR]
by meruchiko | 2017-03-19 00:00 | 日常 | Comments(0)

ハルナおめでとう(^-^)/



e0185530_02454329.jpeg


私の誕生日に引き続き、先週はハルナ(31)の誕生日でした。

たくさんのお祝いをいただき、本当にありがとうございました!!

お母さんはよく働きました。
2週間12日のうち11日同伴。
我ながらよく頑張ったと思う。
(もちろんお客様の頑張りもないと実現不可能ですが。)

連日飲み過ぎのせいで、朝からずっと頭痛と下痢がひどかった。

やっと起きたら両足同時にこむら返りを起こし、足を引きずりながら福太郎に行き、映画『愚行録』を見てきました。
(『愚行録』の余韻を引きずりまくりで、もやもやしています。
感想は長くなりそうなのでまた後日に。)



話は戻って、経営者というのは誰も褒めてくれないものです。
私が目指すのは『怒ってもらえる経営者』で、おかげさまで
お客様から叱咤激励を受けては試行錯誤しながら日々邁進しております。

時にそれは経営者として間違っていると言われようと、
まず私がいちばんに頑張ってみせるのが私のやり方で、
私のファイトが従業員に伝わることを信じて仕事している。

40過ぎたオバハンでも、ちょっとモテたつもりになって、
勘違いしながら楽しくたくましく生きてまっせー!
というところが、従業員の皆さんには女として生きる希望になればいいと思う。

あるいは、こうはなるまい…と反面教師にしていただき、
さっと結婚して普通の幸せを掴むのもひとつの正解である。

ハルナは31歳、まだまだ若い!
何とすれば女の花道はこれからだ。
ゴルフでいえばグリーンまであと130ヤードというところか。
(よくわかりませんが。)

良い仕事、良い恋愛、頑張って、タフで楽しい一年にしてほしい。









[PR]
by meruchiko | 2017-03-06 00:00 | イベント | Comments(1)