チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

たぶん男の人は興味ないやーつ



e0185530_19455545.jpeg


二日酔い度 ★★★★★



昨夜シャンパン一気攻撃に合い、当然のように二日酔いになった。

本日お昼の2時からマッサージを予約していたので、
気合いで起きてごはんを作り、食べ、奈良は橿原へ。

二日酔いすぎて意識朦朧のまま運転し(あぶないぞ!)
バリニーズマッサージ・○○○へ。

なぜに橿原くんだりまでマッサージに行ったかというと、
ここのマッサージ師の女性が「みえる」人なのらしい。

私の通っている美容室の店長が、マッサージを受けながら
いろいろなことを言い当てられたと話してくれ、内容を聞いて驚いた。

最近流産したこと・旦那のこと・お兄さんの嫁のこと・仕事のことなど、
ことごとく当たっていたのだ。

唯一ハズれたのは、便秘ですか?と言われたことだけらしい。
確かにみえているようだ!

元々私は占いに何の興味もない人間である。
だけど「みえる」のなら話は違う。

言い当てられたところでどうなのだ、とも思うけど、
もしそんな能力を持った人が現実にいるのなら、会ってみたい。
初対面で知りえないことをズバズバ当ててもらって、驚いてみたい。
そんな好奇心半分、ほんまかいな?と疑い半分の軽い気持ちだった。

たどり着くと橿原神宮のすぐ近くのマンションの一室。
30歳前後くらいの愛想の良い、普通に可愛いお姉さんが待っていて、
私は紙パンツ1枚になり、ベッドに横たわった。




……二日酔いにつき明日につづく。



[PR]
by meruchiko | 2016-06-20 00:00 | Comments(0)

葛城事件




e0185530_01581657.jpeg



チーフ(36)のお誕生日にたくさんのお祝いをいただき、
ママとして姉として心より感謝いたします(^-^)/
本当にありがとうございました!!


私も便乗して飲ませてもらい、本日は二日酔い・下痢・じんましんの
三重苦の中、根性決めて映画館に行ってきました。

梅田ブルクにて『葛城事件』。



全く楽しい映画ではないとわかっていたけど、後味の悪さは今まで観た邦画のナンバーワンかもしれない。

どこにでもある家族。
幸せを目指していた理想の家族。
少しずつ歯車が狂い、崩壊していく。
最後には恐ろしい事件が起こる。

すべての登場人物がいわゆる『普通な人』からズレている(病んでいる)が
なぜかリアルなところがこの映画の恐ろしさだと思う。
(田中麗奈の役が一番エキセントリックだけど、きっとこういう人も存在するんだろうと納得してしまう。)

ああ三浦友和演じる昭和気質の亭主関白クソ親父っぷりが実に見事だった。
そう、今日は父の日だった。
皆さん、いいことありましたか?

母親役に南果歩。
三浦友和の抑圧と支配により、思考が停止したまま生きる姿が痛々しい。
私はこういう母親が(女が)いちばん嫌いで、
自分はこうなるまい、と念じ続けながら生きている。

長男の新井浩文は、家族で唯一まともかと思いきや、事なかれ主義で、
自分の意見も何かを主張することも、否定することもできない。
可哀想な役だけど、彼も非常にメンタルの弱さが残念。

そして超問題児の次男(誰だか知らないけどハマり役)。
仕事は続かず引きこもり、父親を嫌悪し母親と共存している。
彼の態度や言動を見ているだけで胸が悪くなり、
これから起こる『事件』が、さもこういう人間が…と腑に落ちてしまう。

彼の溜めに溜め込んだ鬱屈が爆発される時、私達は絶望を見る。

家族って、いったい何なんだろう?と。

マイホームを手に入れ、幸せの絶頂にいたはずの葛城一家の、
壮絶な家庭崩壊。


なんでこうなった?
いや、こうなるべくしてなったのか?
どうすれば止めれたのか?
誰がそれを止めることができたというのか?
疑問はぐるぐる回り続ける。

監督は、この話を対岸の火事ではない、
我々の地続きにある、ある家族の話だと言っている。

どこにでもいる家族の、崩壊。
どこにでも起こり得る、事件。

私はこれから先も、葛城一家を忘れることができないと思う。











[PR]
by meruchiko | 2016-06-19 00:00 | 映画 | Comments(0)

チーフおめでとう*\(^o^)/*




e0185530_18524831.jpeg


モンゴル出身のナリータ(36)です。

二日酔いにつき、今日はここまで…涙。





[PR]
by meruchiko | 2016-06-17 00:00 | イベント | Comments(0)

ベタ 飼育 難しい




e0185530_04570216.jpeg




3匹飼ったベタの黒い1匹が死んでしまい、
おチビちゃんも後を追うようにこの世を去り、
とうとう残り1匹しかいなくなった。

(この写真では真ん中の水槽の温度計の後ろにおチビちゃんはいます。
この数日後に死んだ。)

1匹ずつそれぞれの部屋なので、病気がうつったわけでもない。

ベタは温度管理が大事で、暑くなり水温が上がったからか。

最後の1匹もなんだか元気がない。













[PR]
by meruchiko | 2016-06-14 00:00 | 事件 | Comments(0)

楽しくも不経済な我が家



e0185530_19230358.jpeg
↓アイコス、始めました!!マズイ!!





東大阪市・吉田村に住み着いて早20年。

いろいろな理由で引越しできず、今に至りますが、
とうとう真剣に考えております、吉田脱出。

心斎橋まで電車のアクセスはいいけれど、帰りの交通費が高い。

ゴンタも京都の大学に通っており、毎日遠い遠いと文句を言いながら
2時間かけて通っている。

私は高校生くらいからずっと賃貸マンションに住んでいるけど、
マンションというのは便利だし気楽な暮らしである。
が、そろそろ地に足をつけて自分の家を考えようと思っております。

今同じマンションに3軒借りていて、みんな寝床はバラバラ。
しかしなぜかうちの狭いリビングに皆集まってくる。

皆うちの冷蔵庫のものを食べ、うちのテレビですべて録画予約し、
うちのテーブルで勉強し、うちのベランダでタバコを吸い、
これでもかとくつろいでいる。
3軒も借りているのに。

家賃も安いとはいえ3軒分、とても不経済な暮らしを
何年も続けているわけです。
大蔵省の私としては、どないかせんといけん!
と、常々思っていた。


というわけで、吉田脱出。
今年中くらい目標で、この準工業地帯・吉田からおさらばするのだ。

パチンコ天国・吉田、日本一長い公園のある吉田、
打ちっぱなしの球が異常に安い吉田、生駒山が綺麗な吉田。

住み慣れ、思い出もたくさんある吉田だけど、
新たな生活、どこに住むことになるのか、とても楽しみであーる。








[PR]
by meruchiko | 2016-06-13 00:00 | 家族 | Comments(2)

サントリーレディース



e0185530_01561753.jpeg


サントリーレディース最終日、カンスーヨン(40)が優勝した。

昨日、キムハヌルとの2ショットが、玉屋町辺りにうようよいる、
韓国クラブのママとホステスみたいだと思ったのは私だけ?

騙されてはいけませんよ。
2人ともバリバリ鼻筋にプロテーゼ入れてるしね。
(韓国人あるあるの、息しにくそ〜な鼻。)

青木瀬令奈は憎そい顔してますね。
もしうちの店に面接に来たら、採用するかどうするだろうなあ。
(来るわけないけど。)

服部真夕は久しぶりに上位にきたけど、この人のスイングは
めっちゃカッコいいと思います。すきです。

ではでは、私も明日ゴルフなので(雨天中止)早く寝てみます。

といってももう2時半…( ̄O ̄;)
眠気なし。












[PR]
by meruchiko | 2016-06-12 00:00 | ゴルフ | Comments(0)

美味しい生ビールください…




e0185530_19562970.jpeg


昨夜午前3時で、ピロリ退治の薬を終了いたしました。

一滴も飲まず時間もきちんと守り、任務を果たしたご褒美のスイーツ。
(いただきもの・たいそう美味しかったです)

カツオのタタキも、焼肉もステーキもウーロン茶で食べ(美味しさ半減)、
目の前でさも美味しそうにお酒を飲む人を眺め、
頭がおかしくなるかと思った。

ピロリ検査は8月(あまり早すぎてもダメらしい)にあり、
消えていたら成功!
消えておりますように!

というわけで、今夜からお酒解禁*\(^o^)/*
さあ、ひと暴れやりますかい。


[PR]
by meruchiko | 2016-06-11 00:00 | 病気 | Comments(0)

新人入荷



e0185530_19422684.jpeg

↓ピロリ菌退治の薬を飲んで4日目。
ずっとノンアルコールでしのいでます。
早くビール飲みたい。






昨日面接に来たあやのちゃんは、実はゴンタの紹介で、
ゴンタの保育園からの友達のなつみのお姉ちゃん。

私が彼女に会うのは保育園以来で、
思わずおばちゃんの顔憶えてる?と、
近所のおばちゃんモードで聞いてしまった。

娘の友達が働くことになる日がくるとは、
(願ったりかなったりですが)
あの小さかった子がなあ…と、
なかなか感慨深いものがあります。
お母さんも知ってるしなあ。

ゴンタも呼べー!という声もありますが、
それは絶対にないので(下ネタなどやりにくくてしかたがない。)
ゴンタはラーメン屋で汗かいてもらいます。








[PR]
by meruchiko | 2016-06-07 00:00 | 仕事 | Comments(0)

強すぎるのもどうか



e0185530_00582183.jpeg

↓ 豚肉・ピーマン・こんにゃくのピリ辛炒め。
生まれて初めて豆板醤を使ってみました。




今日日曜日は、映画を見に行った。

それが、もう題名を思い出せない。
ちょっと検索しますよ…
たしかエンドオブなんちゃら。


あ、『エンド・オブ・キングダム』でした。
連れがこれ見ようと言って勝手にネットでチケット買って、
私は車に乗せられて、やった仕事といえばコーヒーを買っただけなので。

あくび30回くらいしながらのんびり見れる、
壮大なアクションサスペンス。

アメリカ大統領を警護するシークレットサービスの主役が強すぎて、
絶対こいつと大統領は何があっても死なん!とわかっている上、
話に何のひねりもなく、突っ込みどころ満載。

映画館を出た瞬間、突っ込みどころを言い合って笑ったりして、
平和な気分になれる不思議な映画です。




今年になって、トムハンクスの映画
(これも題名忘れた。けどこれはおもしろかった。)
を見たきりだったので、映画は久々だった。

早く『葛城事件』(新井浩文出演)と、
『怒り』(吉田修一の小説の映画化・妻夫木聡出演)が私は見たいです。

『怒り』は、この間のゴールデンウィークのプーケットで
読んだのですが、しみじみよかった。

吉田修一の書く小説は、独特の暗さと人間の闇みたいなところが
好き嫌いはあると思うけど、私はわりと好き。

ではでは、明日ゴルフなので早く寝るとします。





[PR]
by meruchiko | 2016-06-05 00:00 | 映画 | Comments(0)

今時の若者事情とは



e0185530_17454626.jpeg
↓ユーリーチンかユーチーリンか忘れたけど
要は揚げ鶏のネギソースがけです。
私は花嫁修業かのように料理しております。





さて、うちのお気楽ゴンタくんは3時間ほどラーメン屋で働いた後、
今日はりょうちぇるの家に行くんだといって、
下手くそな化粧をして出ていきました。

いちいち「顔面白すぎひん?」「眉毛これでイケてる?」
と聞いてくるのは可愛いけども。

この間ラーメン屋の給料が入ったはずなのに、
りょうちぇる家に持っていく手土産代を私に請求してくるバカ娘!

「それはまあ両家の接待交際費として」
と口答えしやがり、2千円わたす私も甘い親です。

それにしても最近の若いカップルは「割り勘」が当たり前。

または彼がおごってくれたら、次は私が、というシステムらしい。

ゴンタはそのやり方が当たり前で、何の不満も持っていないところに、
今時の若者の清々しさを感じる。
(今の若者でもそうではないカップルもいるだろうけど。)

私はバブル期は知らないが、それでも昔はデート代は男が出すもの、
と当然のように思っていた。

その後紆余曲折あり、考えも立場も入れ替わり逆転しこんがらがり、
今は「割り勘・またはある方が出せばよい」
という結論に達した。
(ま、収入も私の方が多かったりするので。)

外食後、何の抵抗もなく財布を開き、旅行代も折半している。

だって美味しいもの食べて美味しいね、って言い合いたいし、
カッコいい服も着て欲しいし、一緒に旅行も行きたい。

最初は彼の欲しいものは何でもプレゼントしたかったし、
ずっとそばにいたいんだしね。

彼も少ない給料の中からいろいろプレゼントしてくれたり
ごちそうしてくれたけど、ものすごくうれしかった。

人間は「してもらう」よりも「してあげる」方が精神は充実する。
これはパラドックスでも何でもなくて、真実だと私は思う。

この世で何が難しいと言っても、やっぱり何かをしてあげて
「恩に着せない」ことだと思う。

やってあげたことはカウントしないで、してもらったことだけカウントする。

じゃあお前はそれができるのか?とツッコミもあるかと思いますが、
ぼちぼちですが挑戦中です。

恩に着せないように、さりげなく、したことをすぐに
自分でも忘れてしまうように。

だって好きだからこっちがしてあげたかっただけだもんね。

それに若い時は何かしら買ってもらわないと損のように思っていた。

じつは人に買ってもらった物より、
自分で買った物の方が絶対大事にする。
これは本当の話。






[PR]
by meruchiko | 2016-06-04 00:00 | 恋愛 | Comments(1)