チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ハニトラ通信




e0185530_18154329.jpeg



たいへん遅くなりましたが、先週はミサオの
お誕生日に、たくさんのお祝いをいただき
ありがとうございましたm(__)m

年齢はあえて伏せたいと思います。

そして昨日は、メマルがハニトラ卒論。
じゃなくて卒業。


e0185530_18160512.jpeg



1年半、不思議ちゃん・元気キャラで頑張って
くれました。ありがとうね!!

いい子が去っていくのはさみしいけど、
店をやってれば致し方ないこと。

また、最年少メマルがいなくなることで、
ハニトラの平均年齢が上がることも、
致し方あるまい。

ほんとはめっちゃさみしいし、かなしいけど
私は泣かないよ。

可愛くて真面目で明るいメマル。
新たな人生をぴしぱし切り開いてね。





[PR]
by meruchiko | 2016-01-30 00:00 | 仕事 | Comments(0)

ベッキー両成敗!




e0185530_17412889.jpeg



拝啓ベッキー、このたびは大変なことになりましたね。
心中お察しします。

ゲスの極み乙女の不倫騒動、
LINEの内容まで公開されるはめになって、
最近の報道のやりくちは恐ろしい。

芸能人ってほんと大変だなあと思う。
不倫なんて、石を投げたら誰かに当たるのにね。

いい子ゃん真面目ちゃんで通っていたベッキー、
ゲスの極みの大ファンだったという。

わかりますわかります、私も斉藤和義と突然、
友達になってLINE交換なんかしたら…
想像するだけで鼻血出ます。

けど結婚したばかりの奥さんと卒業?して
私のほうに来る…と言われたら、ドン引きするかもね。

それにしても、ゲスの極み乙女の新しいアルバムのタイトルが、
『両成敗』って…。笑。

すべて何かのデキレース??

にしては、ベッキーはCM降板とか、痛すぎるわなあ。













[PR]
by meruchiko | 2016-01-12 00:00 | Comments(0)

今年も戎サン



e0185530_02542001.jpeg



さて体力が完全に回復した私は、
成人の日・今日、戎サンのお参りへ。

テキ屋を見ながらそぞろ歩き、人をかき分け神社にたどりついた。

昨年買ったザルと熊手を返し、帰り道の店で、
昨年とほとんど全く同じザルと熊手を購入する。

お賽銭は100円を遠くから投げ入れ、誰かの頭に当たり、
我先にとへし合い押し合いでドラをバンバン叩き、
おみくじは吉を引き、まあ普通やなぁと納得し、
細くたたんでくくりつけてきた。

毎年毎年ビデオを巻き戻して再生するかのように、繰り返している。

ザルを買うのもいつも同じ店だし、ベビーカステラと
玉子せんべいも毎年必ず食べる。

戎サンの時は絶対寒なるなあ、というセリフも毎年言ってるし、
骨董品やカレンダーのテキ屋を見て、こんなん一体誰が
買うんやろなあ、と言うのもお約束。

毎年毎年何も疑問を持たず、飽きず同じことをすることが、
最近だいじやなあ、と思うようになってきた。

トシですな。




そして夜は、初・福太郎!!

e0185530_03092687.jpeg

これぞ飽きず懲りず、日曜日になると食べております。

福太郎、という名前もゲンがいいしね!

今年もえべっさん、ひとつよろしゅうに!



[PR]
by meruchiko | 2016-01-11 00:00 | 休日 | Comments(2)

ナリ指定の店のナリが注文したゴマサバで




e0185530_02420089.jpeg




8日金曜日のこと。

ナリとお客さんとご飯を食べることになり、
ナリが以前行ったことのある、三津寺筋の博多料理屋に行こう、
とナリが提案した。

その店の『慶州鍋』という鍋が美味しいらしい。

私とお客さんが先に着き、慶州鍋と馬刺しを頼んで飲んでいた。

後からナリも来て、ビールとゴマサバを注文した。

私はお腹がすいていたので、ビールをちびちび飲みながら、
馬刺し・ゴマサバ・慶州鍋をバクバク食べた。

慶州鍋はピリ辛の味噌味で、寒い日にぴったり。身体が温まる。

30分程食べ続け、鍋の具を追加し、一服したあたりで、
突然、胃のあたりが苦しくなった。

ちょっとトイレ行ってくるわあ、と言うと、隣に座るナリが、
「汗かいてるやん、あはは〜」と笑った。

ほんまやなあ、あははと笑いながら私は二階のトイレに行った。

階段を上がってトイレに入った瞬間、
まず吐き気に気づいて、ゲーゲー吐いた。

久々の辛さで、胃がやられたのか?と思いながら吐いてたら、
お腹に激痛がきて、すごい下痢をした。

ここから秒速で私の身体がおかしくなる。

吐く、と下痢を3回ほど繰り返すも、強烈なお腹の痛みに襲われ、
これはおかしいと思いながら立つと、頭がクラクラして、
恐ろしい汗が頭から吹き出てきた。
鏡をチラ見したら、顔が茹でタコのように真っ赤になっている。
呼吸が苦しく、お腹が割れそうに痛い…!
一瞬でパニックになった。

これは絶対おかしい!救急車や!!

あわててトイレから出ると、手と足がしびれ、
肢体に力が入らず階段を降りれない。

階段の上から必死でナリとお客さんを呼ぶけど、声も出ない、
何が何だか、自分の身体がまったく言うことをきかない。

なんとかお客さんが声に気づいてくれ、
どうしたん?!とナリが驚いて来たけど、
救急車、救急車呼んでくれ…
なんかわからんねん…おかしいねん…
としか言えず、お客さんがすぐ救急車を呼んでくれた。

完全に脱力した私は、トイレの前にしゃがみ込んで、
誰かが持ってきたゴミ箱に吐き続けた。

二階の座敷の客達が、すぐそこで食べているのに、申し訳ない…
と思いながらも、動けない。

が、とにかくここでウンコを漏らしてはいけない、
という意識だけはあった。(エラい!)

だから、救急車に乗った時の第一声は、
「オムツありますか…」だ。

(救急隊員にオムツはありませんと言われ、あきらめたが。)

救急車の中では、右手の人差し指に何かをはめられ、
左腕で血圧を測りながら、いろいろ質問された。
血圧はかなり低くなっていた。

今回初めてわかったことなのだが、人間は窮地になると、
「しゃべる」ということ。

しんどくて声を出すのも必死なのに、何か話したほうが、
少しでも冷静を取り戻せるような気がした。

なにわ生野病院、と聞こえ、お客さんの大林組と中林建設が
JVで工事した新しい病院やん…と心の中でつぶやきながら、
病院に到着した。

点滴と採血をしながら、だいぶん落ち着いてきて、
めっちゃ寒いんですけど、ここ暖房入ってますか…?と看護婦にきくと、
ここはトロピカルにあったかいわよ〜、
今あなたはマッショウしてるからね〜、寒いのよ〜!
と言われ、マッショウて何や?トロピカルって…。と思いながら、
ガタガタ震えていた。

要はアレルギーが原因でこうなったと病院は言う。
けど、サバ好きの私はしょっちゅうサバを食べているし、
正月もトロサバ寿司を1本まるまる一人で食べたというのに。

タクシーで家に帰ってからは、全身にじんましんが出て、
ボリボリかいていた。

金曜・土曜と店は忙しかったようだけど、休みをもらい、
二日間、死んだように寝て回復した。

ネットで調べると、今回の私の症状は、まさに
『アナフィラキシーショック』という恐ろしいやつに当てはまり、
残念ながら、しばらく鯖はやめとこうと思う。

本当に一瞬、トイレの中で、死ぬかと思った。
怖かった。

ナリが指定した店で、ナリが注文したゴマサバのお話でした。
かしこ。






[PR]
by meruchiko | 2016-01-10 00:00 | 病気 | Comments(2)

年始の大掃除




この世に人類が誕生してから、今日に至るまでの間、
毎日たくさんの人が死に、これまでの膨大な数の死者がいるのに、
どうして日本中が墓だらけにならないのか?
という疑問がある。

それは、やがては墓も朽ちる、という言葉のごとく、
誰も参りに来なくなった無縁仏は、
だんだん墓石も朽ちてゆき、
最後はただの石のかけらや土に戻ってしまうという。

この世の形あるものはすべて、
無常にもいつか消えて無くなってしまう、
それは先祖が眠る墓でさえも、やがていつかは朽ち果て消滅するのだ、
という意味に私は解釈しているけど、だから日本が墓で
埋もれてしまうかもしれない、という心配は、
これから何百年・何千年先もないのだ。


さてハニトラはなぜ、大量のボトルで店が埋め尽くされて
しまわないのか?というと、一年に一回、溢れ返ったボトルの
整理をしているからである。(→当たり前ですね。)



e0185530_03292716.jpeg


例年ハニトラの大掃除は、年明け・仕事初めの前日にすると
決まっており、今年は5日に決行。

お昼から8人が集まり、黙々と掃除をこなし、ボトルの整理もした。

昨年一年間で、ついに一度も来られなかった無縁ボトルは、約200本。

だいたい毎年、これくらいのボトルを流す。

ぎちぎちに詰め込んでいたボトル棚に隙間ができて、すっきり
するが、しかし年末には再びボトルが棚に入りきらないくらい
増えるのだから、毎年来なくなるお客さんと同じ数だけ、
新しいお客さんも増えている、ということだ。


では、一年間来なかったことが、なぜちゃんとわかるのか?

まず大掃除の時、すべてのお客さんのボトルのキャップの上に、
丸いシールを貼っていく。

そしてご来店された際、お客さんに気づかれないよう、
さりげなくシールをはがす。

来年の大掃除の時に、シールが貼ったままのボトルは、
ポイする、というわけです。

これはチーフ考案の、素晴らしく画期的なボトル管理システムで、
他の店にもぜひ取り入れて、活用していただきたいと思う。
(小学生でも思いつきそうな…というのはここだけの話。)




大掃除の後は恒例の新年会、牛ひげにて。

e0185530_04014387.jpeg







[PR]
by meruchiko | 2016-01-07 00:00 | 仕事 | Comments(2)

しばくぞボケ!



新年あけましておめでとうございます!!
本日よりハニトラ仕事初めです。

皆さま、年末年始はゆっくりまったりできましたか?

ガキ使見ながら年を越し、お正月中食っちゃ寝
食っちゃ寝してたら、2キロ太ったオオニシです。


2016年。年明け早々にバッドニュースが…。

2日にクルマ貸してくれ〜〜とナリが赤ボルで出かけ、
帰ってきたらこんなことに( ̄O ̄;)


e0185530_19325108.jpeg

ひどい…(T_T) これはむごい…。

私ゃ今年もがんばりますよ…(T_T)

みーんなにとって、良い一年になりますよう!!





[PR]
by meruchiko | 2016-01-06 00:00 | Comments(0)