チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年末大忙し!



e0185530_16124117.jpeg
⇩ヒレ酒の儀式・アルコール飛ばし!




今年もあと残すところ少しですね。

風邪ひきさん、多いですが大丈夫ですか?

私は約1ヶ月引きずっていた風邪も治り、
まさかの更年期障害、到来か?!と疑うほど、
なんだかくよくよ沈殿していた時期からも、
やっと一歩脱出できたようで、ホッとしております。

12月は毎年、ありがたいことに、
店は本当に毎日忙しい。

毎月こんなだったら、水商売もウハウハだけど、
正直、体はついていけまへん…(>_<)

週1の休みでは疲れが取れず、
翌週に持ち越し・繰り越し…

私の今の願いは、早く正月休みになってくれ!
(その前に家の大掃除もあるけど、それは置いといて。)

うれしいニュースもありました!

ハニトラ卒業生の女の子と、お客さんが、結婚して子供もできていた。

これでなんと5組目です!

アズサ&クロちゃん、
アカネ&ヒロくん、
サクラ&エガちゃん(後に離婚。)
アズミ&イケちゃん、
そしてユリエ&マサスィ。

13年の間に5組夫婦誕生って、すごくないですか?

店をやってる甲斐もあるってもんですよ。

みんな幸せであってくれたらいいけどね。







[PR]
by meruchiko | 2015-12-21 00:00 | Comments(0)

ドリカム ワンダーランド



e0185530_02294179.jpeg


昨晩、店から帰って鏡を見たら、突然顔に点々とブツブツができていた。

私にはめずらしいことで、かゆいわ不細工だわ、
不摂生もあるだろうけど、あれ、やっぱり私、
今本当に疲れているのかな、とびっくりした。

そういう時、すぐストレスやな!と言う人がいるが、
私はストレス、という言葉じたいが、しんどさを増長させるようで、
あまり好きではない。

そもそも目に見えないものだし、あって当たり前のものだし、
特に気にしないようにして、うまくそれと付き合っていると思っていた。

そう、最近ちょっと弱気な、くよくよしがちな自分に、
喝を入れてもらうべく。

京セラドームにてのドリカム・ワンダーランド。
すごいオバチャン(怒られるな…)を見に行こう!

年々、凄みを増してくる吉田美和の歌声と歌詞に身を委ね、
始終泣きっぱなし、圧倒されっぱなしで、
顔のブツブツなんかどうでもよくなっていた。


ドリカムの歌には特別なことなんて何もない。
エルメスもシャネルもない、ハワイ旅行もない。

日常であり、等身大の自分であり、生きていくことである。

毎日笑ったり、仕事したり、嬉しかったり、腹を立てたり、
誰かに嫉妬したり、むなしくなったり、泣きたくなったり、
空を見上げたり、昔を懐かしく思い出したり。

時にはつまずいたり、誰かを失ったり、自分を心底嫌になってみたり。

吉田美和は、いつも私たちの先を歩いて、前を向いて
元気で行こうね、よく頑張ったね、悲しい時は泣いてもいいからね、
後悔なんてしなくてもいいのだし、そのままの自分でいいんだ、
とあたたかくエールを贈ってくれる。

真摯に自分と向き合うことの大切さを、人を愛することを、
そっとおしえてくれる。

忘れがちで、いつも私は失敗するのだが、大切なことは、
あたりまえのように続いていく日常なのであることを。

きっと本人にも、非日常な、想像もつかない別れや悲しいことがあった。

涙を流しながら、途方に暮れながら歌詞を書いたことも、
何度もあったのだと思う。

それを知ってるから、私たちは安心して吉田美和の後についていけばいい。

大丈夫、とライブ中何度も私はうなずき、確認し、
確かにパワーをもらった。













[PR]
by meruchiko | 2015-12-13 00:00 | 音楽 | Comments(1)

スッキリ☆


e0185530_05552454.jpeg
↓貝塚市のゆるキャラ、つげさん。





スマホの『タイムライン』ってやつ、ありますね。

ブログ的な、ツイート的な、フェイスブック的な、やつです。
(ごめんなさい、どれもほとんど区別ついてない私。)

実は最近、あの機能を削除して、他人のタイムラインを一切がっさい、
入ってこないようにした。

さみしくなるのかな、とちょっとためらいもあったけど、
見事にスッキリした。

自分はこんなブログを書いているくせに、
私は一般人・芸能人かかわらず、他人のブログ的な・
ツイート的なものを一切見ない(興味がない)。

ツイッターとは何ぞや?と出始めの頃、角田光代がツイートしていることを、
何かで知り、友達になれるのか!と興奮して、
すぐツイッターに登録して見てみたけど、
よくわからない、意味不明な文章の羅列だった。

(何か私のやり方?が間違っていたのかもしれないが、
それは角田光代の小説やエッセイなどと全然違い、
ちっともおもしろくなかった。)

フェイスブックは、お客さんから店の集客にも役立つよと勧められて、
試しにやってみたけど、1ヶ月でやめた。

そこにも桑田佳佑、の名前がいっぱいあって、興奮したけど、
全部ニセモノだとわかり、がっくり。

だけど、もし桑田佳佑が毎日フェイスブックを更新していたとしても、
私はたぶん継続して読まないと思う。

私は桑田佳佑や角田光代が、お昼ご飯に何を食べただとか、
休日どこに遊びに行っただとかに、まったく興味がないのだと思う。

それよりも、桑田佳佑や角田光代が、日々何を見て何を感じ、
何に憂い、何に興奮し、何に絶望し、何に希望を持って
生きているのか、が知りたい。

だけどそれは、彼らの歌や小説や、生き方そのものによって、
受け取ることができるのだから、日常のブログ的な情報は、
私にとっては不要なんである。

タイムラインに話は戻り、誰かがそれを書くと、ラインを開けると
●の印が付くので、つい気になって見てしまう。

スマホを持ってラインを始めた当初は、他人のブログを見ない私には
新鮮で、何々?ほうほう、と読んでいたけど、
だんだんと何かが苦痛になった。

他人の情報、いらない…。

私が何を思い、何を感じ、何に絶望し、何に希望を持っているのかなんて、
ここでは到底書くことはできないけど、
(昔は赤裸々に書いてましたね、恥ずかしい。)
今日はこれを食べました。みたいな情報は、もう皆さん、
お腹いっぱいなのでは?

昔の同級生とつながってみたり、便利なことも様々あるようだけど。

かなり便利な、ソーシャルネットワークってやつに、
ちょっと疲れてきた今日このごろ。










[PR]
by meruchiko | 2015-12-10 00:00 | Comments(0)

13周年ありがとうございましたm(__)m



e0185530_20484646.jpeg



大変遅くなりましたが…

先週はハニトラ13周年にかけつけてくださいました
皆さま、本当にありがとうございましたm(__)m

13年と一口で言っても、私にはあっという間だったのか
長かったのか、よくわからないのです。

いろいろあったような気もするし、過ぎてしまえば全てがうたかたです。

20代とにかく自立しようと必死に試行錯誤して、
30代でようやく自分の定義みたいなものができて、
今40代、孤独を感じやすい今日このごろ。

それに耐える力と、その先にある自分が見えてくる時があるんだと…
私は今、自分自身を全力で信用しようと、もがいております。

仕事も恋愛も家庭も、底辺は一緒なのかなと。

一人で成り立つものではない。

たとえば10年も一緒に仕事している、ナナコや瞳子など、
もう嫁に行ってくれ!と心から願う時がある。

それと、いつまでも辞めずにずっとここにいてほしい、
どこにも行かないでほしいという気持ちは、
私の中で矛盾せず、つねに懇願している。

5回瞬きするくらいの速さで、気づいたら40才になるとは、
今の彼女らは(他の子も全員が)夢にも思っていない。

何人も女の子が入り、辞めていき、お客さんも何人もが
来なくなり、今日も新しい誰かが来る。

びゅんびゅんと過ぎていく、人と時代の移り変わりを見てきて、
どこにもいけない自分に、最近焦りとむなしさを感じる。

誰もがそういう心を抱えているんだと思いながら。

きっと、バカ笑いしているこの目の前のお客さんも。

人生の中で縁があって、一瞬でも仲良くなれる時があれば、
それは本当に素晴らしいことです。

お客さんには、感謝以外の言葉は見つかりません。
ハニトラに来てくれて本当にありがとう。

皆さんが、もう顔も見たくないわ!と飽きるまで、
私はしつこく頑張らせていただきます。

ハニトラ及び頑張りやさんの女の子たちを、
どうか末長くよろしくお願いいたします。











[PR]
by meruchiko | 2015-12-08 00:00 | Comments(1)