チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

グアム しかし風邪



e0185530_13572444.jpeg

↓可愛いマヤちゃんです!



今週末からハニトラは慰安旅行。
日曜からグアムに行ってきます。

当初スカイダイビングをするのが旅行最大の目的だった。

もちろん強制ではなく、そんなもん死んでもやりたくない、
という子はやらなくてもよい。

ナナコ他4人が、まだ死にたくないという理由で、辞退した。

私とナリは、やるつもりだったけど、風邪をひいてしまい、
もしかしたら終日、静養の旅になるかもしれない。

何をしよう…。
本をたくさん持って行って、ひたすら海でぼーっとしようか。

グアムのご飯のまずさは皆さんご周知のとおり、何も期待していない。

今回、海外旅行が初めて♪という子も2人おり、みんなが楽しく、
いい思い出になってくれたらそれでいいっす。


※ とゆーわけで2日(月)は休みます。











[PR]
by meruchiko | 2015-10-29 00:00 | 旅行 | Comments(0)

ハロウィン



e0185530_18220897.jpeg




今週末はハロウィン。

ここ2・3年で、ミナミの街は急激にハロウィンの仮装の
パリピ達でごった返すようになった。
(パリピ→パーリィピーポーのこと)

コスプレ大国・ニッポンのニーズと、ハロウィンが完全にマッチしてしまった。

ハロウィンのカボチャやオバケのキャラクターや装飾は可愛いと思うし、
日本でもクリスマスのように年間行事として定着するのは、
子供達にはとても楽しいことだと思う。

しかし、本来子供達が主役のイベントであるのに、
子供以上に盛り上がり、意味もなくバカ騒ぎしているのが、パリピである。

おばちゃんは街中に溢れる、わけのわからん
格好で練り歩く連中には、
もうついていけない。

私の帰り道の、周防町からアメリカ村に渡る道路は封鎖されるわ、
迂回させられるわ、とても迷惑。

車の窓から眺め、多種多様な仮装がいて、まあようやるわ、
と退屈はしないけど、ゾンビメイク、とにかく怖い!

私の行っているセットサロンも、ハロウィンにはここぞと力を入れており、
ゾンビメイクや仮装をしにくるパリピ達で混み合い、
私は眉をひそめながら、こう思うのだ。

すごく迷惑!ゾンビメイク、怖い!

クラブ(踊るほうのね)や飲食店でのイベントがあるらしく、
それも経済効果としては素晴らしいことだと思うが、
残念ながら、うちの店には何の関係もない。

みなさん、そんなに他の何かになりたいのかしら?

私も生まれる時代が遅ければ、喜んでゾンビに仮装していたのかもしれないけど。

いや、けどあれは悪趣味だなあ。






[PR]
by meruchiko | 2015-10-28 00:00 | イベント | Comments(0)

大阪マラソン



e0185530_10521357.png


大阪マラソン。

友人が初出場・初マラソンするので、応援することに!家で!

あさから『ランナーズアイ』というアプリで、マメにチェックして応援していた。

これが実に画期的なアプリで、ランナーが今どこを走っているか、リアルタイムでわかる。

しかも、カメラポイントでの本人の動画まで見れたりする。

応援コメントも送れたりして、楽しい。

友人は、ほとんど何のトレーニングもせず、無謀な挑戦だった。

まさか完走できるとは、思っていなかった。

朝9時にスタート。

ベッドの中で何度も二度寝しながら応援していた私は、
やっと昼過ぎに起きて、まだ走っている友人に驚き、
3時を過ぎても走っている友人に感動し、ついに完走した時にはバンザイした。

歩いたり走ったりを繰り返して、しまいに足を引きずりながら、
諦めず最後まで走り抜けた。

おつかれさま!!

私はたぶん、マラソンというものを一生やることはないと思うけど、
チャレンジする気持ち、諦めない気持ち、大切にしたい。






[PR]
by meruchiko | 2015-10-25 00:00 | 休日 | Comments(0)

ショッピングのつらさ



e0185530_01294506.jpeg


世間の皆様は3連休、私は心も身体もうれしい、2連休。

ゆっくりまったりできましたでしょうか?

1日目は福太郎に行った以外、ほとんど家で過ごし、
2日目は三田プレミアムアウトレットに行った。

三田は初めて行ったのと、がっつり買い物する目的で
アウトレットに行ったのも初めて。

実は私、女子にめずらしく、買い物が全然好きではない。

何を買う、と明らかに決まっているときはいいのだ。
例えば、牛乳とかティッシュとか、卵とかもそうだし、本や化粧品やパンストも。

目的地を目指し無駄なく歩き、迷うことなく商品を買い、
さっさと会計をして、立ち去る。

問題は、服とか靴とか、漠然と買い物に行くときだ。
いわゆる、ウインドウショッピング。

私は買い物リストを書く作業は好きなのに、
実際買い物をするのは億劫でしかたない。

だいたい、昔ほど服にもカバンにも興味がなくなってしまった。

そして、人混みをうろうろするのも、何軒も店を見て回るのも、
体力的にむちゃくちゃ疲れる。

レジで並んだり、目の前で過剰包装しているのを見るのもイライラする。

そして何よりも…いちばんめんどくさいのが、試着することだ。

じゃあ試着しなけりゃいいじゃん、と(なぜか東京弁で)思ったあなた!
あまい!!

マネキンが着ているその服を、あら素敵だと思い、
着てみたいなあ、私に似合うかもしれないなあ、と想像し、
店員に声をかけ、サイズを用意してもらい、試着室に案内され、
実際に狭い箱の中で着てみた時のギャップとショックは、
年々、恐ろしいことになっている。

店員は外から「どうですかぁ、よかったら見せてくださいねぇ」と必ず言う。

「あっ、はい、まだです…ちょっと待ってくださいっ!」と言いながら、
急いでまた自分の服に着替える。

そそくさと店員に服を返し、
「何かちょっと違うかったみたいで…すみません…」
と、なぜか謝ってしまう。

そういうやりとりが、心底面倒で、けど試着しないと100%失敗するので、
結局服を脱いだり着たり、謝ったり、を各店で繰り返す。

本当に疲れる…。
冬場なんて、脱ぎ着するだけでも、どれほどめんどくさいか。

おしゃれでスタイルがよくて、自分に合うものを熟知していたら、
こんなしんどい目に合わず、買い物は楽しいのかもしれない。

が、もはや若くもなくスタイルも悪く、おしゃれでもない私は、
買い物に行っても何を買っていいのかわからないことも多く、
買い物リストを作ったのに、全然違う物を買ってしまったりして、
ストレスが溜まる一方。

今回の三田プレミアムアウトレットでもしかり。

買い物リストの目的を果たしたのは、靴下だけ。

どこかの店が、私のサイズと好みの服を、どっさり
自宅に持ってきてくれないかなあ…!













[PR]
by meruchiko | 2015-10-12 00:00 | 休日 | Comments(1)