チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雨ゴルフ


e0185530_01390700.jpg



奈良の杜(ならのもり)ゴルフクラブの好きなところ。

① うちから近い。
② わりと広い。
③ バンカーだらけではない。


とゆうわけで、今日の奈良の杜でのゴルフ、
とても楽しみにしていたのに、雨予報。

昼からのスループレーで、やはり雨。

カッパを上下着てスタートしたけど、
暑いわやりにくいわで、2ホール目ですぐ脱いだ。

止んだと思ったら降ってきて、また止んでまた降って、
どっちやねん!という天気。

そして後半はいよいよ本格的な雨になった。

それでも意地でもカッパは着ず、
パンツまで雨が染み込んできたけどもう気にしない。

いつもなら、こんな雨の時は絶対途中で止めてるに決まってるのだ。

が、私、雨なのに、なぜなのか自分でもまったくわからないけど、
ショットがメチャ調子良ろしい!
(パターはイマイチだったけど。)

だからやめれない!
やめたくない!

とにかくショットが安定してたので、
雨でびしょびしょなのにすごく充実したゴルフになった。

上がってみたら52と50で、100切り惜しかった。
次回がんばる!


今日の女子ゴルフ決勝、ニトリレディースでは、
またまたイボミが優勝。本当すごいねボミ!

最終組で一緒に回った、渡辺彩香・穴井詩、どっちも飛ばし屋。
なんでそんなに飛ぶねん!と爽快で、
見ていておもしろかった。

ゴルフは見るのもやるのも本当におもしろい。















[PR]
by meruchiko | 2015-08-30 00:00 | ゴルフ | Comments(2)

おわびと訂正






e0185530_1763684.jpg





先日、ハニトラゴルフコンペのおしらせを
11月21日 花吉野カントリーと、発表しましたが、
本当に申し訳ございません!!!

勝手ながら計画変更となりました(~_~;)

また日時決まりしだい、おしらせいたします。





[PR]
by meruchiko | 2015-08-23 00:00 | Comments(0)

あっさり素麺



e0185530_18513723.jpg


暑いのでお昼はそうめんにした。

そうめんを考えた人にノーベル賞あげたいくらい、
そうめんおいしい。そうめん天才!

今晩は女友達とごはん。

なんやら最近込み入った話が多いF嬢。
(久しぶり!)

私の友達は個性的な人が多いので楽しい。




















[PR]
by meruchiko | 2015-08-21 00:00 | 食べもん | Comments(0)

ハニトラコンペのおしらせ




e0185530_18450202.jpg


高校野球が終わった。

どちらが勝ってもよかったけど、
東海大相模は強かった。

選手たちの嬉し泣きにもらい泣きした。

毎年高校野球が終わる頃には、日が暮れるのも早くなり、
夏ももう終わりだなあと思う。

けど、まだまだ夏を楽しみますよ!!



ところで、第15回ハニトラゴルフコンペが決定しました。

11月21日(土)
いつもの花吉野カントリークラブです。

みなさまのご参加をお待ちしております!





[PR]
by meruchiko | 2015-08-20 00:00 | Comments(0)

幼少期のトラウマ




e0185530_20330533.jpg


きのう、旅先での子供連れへのひがみの話をしたが、
よくよく思い起こしてみたら、これは自分の子供時代が
原因になっている。

私が子供のころは、テーマパークといえば大阪城公園の
ことであり、リゾートとは生駒山(登山)のことであり、
あるいは真田山公園の市民プールだった。


とにかく貧乏だったのと、父が山好きで、幼稚園のころから
リュックを背負ってしょっちゅう山登りに出かけた。

生駒山では、いつも会う登山者のおっちゃんに「毎度!」と
あいさつするくらい、本当に何度も登った。

私たちは、生駒山上に遊園地があることを知っていた。
が、もちろん行ったことはなかった。

ある日家族全員で、生駒山上まで登り、兄弟全員で
「遊園地、行きたい!行きたい!」と言ってみた。

父は、うちにそんな金はない!と、言いきった。

それでも、行きたい行きたい、乗りもん1こでもいいから、
と頼み続けると、父は少し考え、
よっしゃ、遊園地に入ろう。と言ってくれた。

登山疲れも吹っ飛び、テンションが上がった。

ところが遊園地の入口で、父は真剣な顔になり、
「通り抜けです、って言うから、今からうれしそうな顔はするな」
と、意味不明のことを言ってきた。

私たちはケーブルカーと反対側の入口にいた。
ケーブルカーの駅側の出入口まで、
遊園地の中を通り抜けて、駅まで行くだけ、と
いうことにする、と父は思いついたのである。

今でこそ、そんな言い訳は絶対に通用しないと思うが、
入場料を浮かそうという作戦だった。

私達一家は、いかにも疲れはてた善人の登山者です、
あとはケーブルカーで降りて帰るだけです、というふりをした。

係りの人に怪しまれ、乗り物には絶対に乗らないでくださいね、
と念を押され、ハイ、乗り物には絶対に乗りません、と
父が真面目くさった顔で答えていた。
ではどうぞ、と入口を通りぬけた。

やったー!!!

見事、タダで遊園地に入ることに成功した私達は、
何に乗ろう、と走り出した。

ところが、父が「ここで遊びなさい」と言ったのは、
遊園地に入ってすぐの、林の中にぽつんとある、
どこの公園にもあるブランコの前だった。

私は瞬時に騙された!と悟ったが、
弟たちは「乗りもん1こだけ~1こだけ~」と駄々をこねていた。
「うちにそんな金はない!」と、また父は言った。

しかたなくブランコに乗り、すぐに飽き、
乗り物に乗ってはしゃぐ子供達を横目に見ながら、
私はがっくり肩を落として園内を通り抜けた。

電動でぐるぐる回るブランコがいっぱいの、素敵な乗り物があり、
私は、ものすごく乗りたかった。




家族全員で旅行に行ったのは、白浜のおばさんの家と、
友ヶ島だけ。

それも、私は九州かどこか、とても遠いところに行ったと
記憶していたのだが、大人になって友ヶ島は和歌山県に
あると知ってショックだった。

友ヶ島では、ふな虫がうようよいる岩場にテントを張り、
恐ろしかった。

夜は寒く、私たちは父が即席で新聞紙を切って作った、
エコな服を着せられた。

翌日、実は近くに民宿が何軒かあるのを見て、
そこに泊まっていた子供が、またうらやましかった。

私もふな虫のいない、布団のある部屋で、新聞紙ではなく、
浴衣を着て泊まりたかった。


しかし父のおかげで、私は今もテーマパークよりも山や海や
自然のところが好きだし、満点の星空の下で寝たり、
山いちごや炭酸水を山に取りに行ったり、
今思えば貴重な経験をさせてもらった。

けど子供のころは、もっといいところに行きたい、
お金持ちだったらなあ、と思っていた。

そして、今もそういう子供たちを見て思うのだ。
おまえら、いいのう、と。

だけど、大人になって、あくせく仕事をして、
自分の稼いだお金で行く旅行も、とても楽しいということも知り、
今は時々いいホテルにも泊まり、贅沢な旅もできるようになった。

あのころ、遊園地の乗り物一つにも乗れず、
情けない思いをした子供の自分に、
よしよししてあげたい。










[PR]
by meruchiko | 2015-08-19 00:00 | 家族 | Comments(0)

旅先でのひがみ


e0185530_17112870.jpg


私はいつもトップシーズン、つまり旅行代金がもっとも高い時
にしか、旅行に行けない。

通常と休みが違う仕事の人や、有給を使ったりして、
安い時に行ける人が、とてもうらやましい。

しかも、私は旅行に行くなら、いい宿に泊まりたい、
という信念がある。だから本当に高くつく。

飛行機はエコノミーで全然かまわない。
ビジネスもあこがれるけど、乗ったことがない。
その余裕があったら、宿につぎ込みたいのだ。

ホテルは普通ランク以上の、たとえば星でいうなら3つ星以上、
できれば築年数も新しく(必ず旅行社にきいて調べる)、
部屋の広さは40平米以上(これも必ず聞く)、
広くて綺麗で清潔で新しくて、
あらゆるサービスが行き届いている、
これが条件である。

なぜなら一年の、限られた休みに数回しか行けない旅行、
大げさに言うなら、人生で数回しか行けない旅行。

貴重な時間もお金も使って行くならば、のこだわりなのだ。


しかあし。
旅先では、当然家族旅行で来ている人がたくさんいる。

今回の宮古島も、カップルや友達同士よりも、
家族連れが多かった。

とくに、小さい子供連れを見ると、私はきまって思うことがある。

こんな小さい子どもをこんな高級リゾート
(→私からしたらメチャ高級である)
に泊まらせれるなんて、さぞかしお金持ちの家なんだろうなあ、
と私はいつも想像してしまうのだ。

同じ時期に来ているのだから、
私と同じくらいの金額を払っていると思われる。

今回、旅費とホテル代だけでも二人合わせて、
会社員の月給以上かかった。
子供割引があるにしても、5人家族でいったいいくらしたのだろう?

子供連れに遭遇した時の私の頭の中は、ぐるぐるしている。
もしかしたら、ものすごく生活を切り詰めて
来た家族なのかもしれないが、
私には、皆ブルジョアに見える。
いいとろこの坊ちゃん・お嬢様に見える。

私など、いつもなんでこんなに高いんじゃあ、
と腹を立てながら予約し、
この日を励みにと、心待ちにして前日まで働き、
こんないいホテルに泊まれるなんて、
と夢のような気持ちでチェックインし、
旅行中は楽しまなきゃ、元を取らなきゃ、命の洗濯しなきゃと、
どこか必死な気持ちで旅行に出かけている。

それをやつらは当たり前に高級リゾートに連れてきてもらい、
朝から高級なバイキングを食べ、
当然のように清潔なシーツのベッドで眠り、
朝からプールではしゃいでいる。

今回、プールサイドのベッドが、一日貸出が5000円も
していたのにはびっくりした。
(もちろん私は利用していない。)

いいのか?お前ら、そんな小さい頃から
こんな贅沢を覚えさせていいのか?
と、心配になってしまう。

グアムに行って驚いたのは、ベビーカーを押して歩いている
日本人家族の多さである。
おそらく3時間で行ける、という近さが
小さい子供を連れての海外旅行にぴったりなのだろう。

だけど、1歳・2歳のこどもに、
おそらくグアム旅行の記憶は残らないと思う。

どうしてわざわざベビーカーを積み、大量のオムツを持ち込んで、
赤ちゃんを海外旅行に連れていくのか。

結局、親が行きたいから連れて行くのだろう。

私は何も、旅行に小さい子供を連れてくるなというのではない。
海辺で子供が遊んでいる姿は可愛いし、ほほえましい。

ただただ、子供がそんな贅沢をしているのがうらやましいのだ。

私が小学校のころ、「夏休み、海外旅行にいきました」と
絵日記に書いていることもは、クラスで一人もいなかった。
いいとこ白浜とか、伊勢とか、そんなもんだった。

学年でいちばん金持ちと言われていた、新井ゴムの息子でさえ、
海外旅行に行くとか行ったとか、聞いたことがなかった。
(いじめられるのが怖くて黙っていたのかもしれないけど。)

今は、みんな裕福になったのか、
大人が行きたいのを我慢できないからか、
子供に贅沢をさせるのに抵抗がなくなったのか、
どこへ行っても子供がいる。

本当にうらやましい。







[PR]
by meruchiko | 2015-08-18 00:00 | 旅行 | Comments(2)

泉佐野カントリー



e0185530_14475751.jpg

↑ 夏休み、読書づいてるナリは、
ゴルフ中も本を離さない。
  オマエは二宮金次郎か!





お盆やすみ最後の日は、ナリとさつきと
お客さんとゴルフに行った。

初めての「泉佐野カントリー」。
そして、さつきとゴルフをするのも初めて。

さつきはベストスコアが100で、
ゴールデンウィークに回ったときは
120叩きました、と聞いていたので、
まあ、同じくらいかなあと思っていた。


最初のティーショットで、度肝を抜かれた。
さつき、めっちゃ飛ぶ!!!

さつき、アプローチ上手い!!!

さつき、いきなりパー!!!

今日は調子いいです♪ と、笑っているが、
その小さい体のどこにそんなパワーが・・・。

その後も、さつきはミラクルショットを
炸裂させる。
さきほど私が3Wで打って届かなかったのを、
7Uでグリーンに乗せた、ってどういうこと?!

ドライバーを見せてもらったら、
同じスリクソン。
角度?(私、12・5、さつき13・5度。)が違うだけ。
交換して打ってみたけど、むなしいだけだった。


すでにこのゴルフ中、みんなから
「オッサン」と呼ばれるようになったさつき。

もしかして、今日、さつき100切り
いけるんちゃう?!
ということで、みんなで秘かに応援した。

そして、みごと、48・49で、
初・100切り!!
おめでと~~~(^^)/


私も53・48で惜しかったのじゃ…。










[PR]
by meruchiko | 2015-08-17 00:00 | ゴルフ | Comments(0)

宮古島



e0185530_1432265.jpg




お盆休みは、女二人旅、宮古島へ行った。

とにかくのんびりしよう、というのが目的だったけど、
カヤックで行く鍾乳洞ツアーと、市街地の居酒屋に行った以外は、
ずっとホテルの敷地内で過ごし、本当にのんびりした。

私は、仕事や支払いや、家の掃除だの洗濯だの、
渋滞も心斎橋に溢れている中国人のこともすべて忘れた。

日常をシャットダウンした私は、
酒飲みの、ただのオバハンに退化した。

朝から酒を飲み、浜辺でだらだらと本を読み、
暑くなったら海へ飛び込んだ。
一日一回、マリンスポーツをした。

海は、時間ごとに色を変え、何度眺めても飽きない。

部屋は8階で、ベランダからは海が一望でき、
窓を閉め切っても波の音が聞こえた。

高校野球も気になったけど、ついに部屋のテレビを
一度もつけなかった。

聴こえてくるのは、波の音と風の音と、
三線の懐かしく、ものがなしい音だけ。


鍾乳洞ツアーは、唯一「しんどい」ことをした。
カヤックが、思いのほか簡単に操縦できて、
海をゆらゆら漕いで渡るのは楽しかった。

鍾乳洞は、冷たく神秘的な空間で、なぜか子供のころに見た
アニメの「トムソーヤの冒険」を思い出した。

すべて山吹色で出来た空洞の中を、
懐中電灯を照らしながら、みんなで歩いて進んだ。

カーテンのようなヒダの壁が、天井からいくつも連なり、
それが70年で1センチずつ伸びて、出来上がっていると
インストラクターの説明を聞き、気が遠くなった。

中には本当に海の神様がいて、みんなでお祈りした。

何よりも感動したのは、シュノーケル。
水族館のような海中を、初めて見た。

カクレクマノミを発見したときは、うれしすぎて、
その岩から動けなくなった。

イソギンチャクと共存しているクマノミは、
イソギンチャクの中から現れたと思ったら、
すぐ隠れてしまい、またすぐに出てくる。
を、延々と繰り返している。
ニモがそうだったように、臆病で照れ屋さん。

本当に可愛くて、触りたくて、思わずイソギンチャクを
触ってしまい、友人にひどく怒られた。

イソギンチャクに毒があるなんて、知らなかった。
もっと勉強しなくては。


夜は、浜辺に出て、流れ星をたくさん見た。
バーでカクテルを飲みながら、本を読んだ。

ゴーヤチャンプルは、毎日食べた。


さっき帰りの空港までのタクシーで、おっちゃんが、
「来年も宮古に来るといいさ~。6月28日に来たらいいさ~」
と言うので、なんで6月28日なの?と聞いたら、
マンゴーの収穫日らしい。

その話の流れで、マンゴー農園に寄ることになった。
おっちゃん、商売上手!

マンゴージュース、美味しかった。


もう少し波と風の音を聴いていたかったけど。

再び、携帯電話と、テレビと、クラクションと、カラオケの音の日常に戻る。

また来年、来ようかな。
いまより良いオバハンに進化して。

乗り継ぎの那覇空港にて。












[PR]
by meruchiko | 2015-08-16 00:00 | 休日 | Comments(2)

丸亀製麺はえらい!



e0185530_03050994.jpg



お昼ご飯に、時々丸亀製麺に行く。
うどん屋の革命というべき、丸亀製麺。

次々と茹でられるうどんを目の前で盛ってもらい、
様々な天ぷらやおにぎりに迷い、
おまけにトッピングのネギや天かすは入れ放題。

流行るわけだ。

私はここの期間限定のスペシャルうどんが
好きで、
前回は豚マリネうどん、という素敵なうどんを食べさせてもらった。

うどんに豚しゃぶとキャベツ。斬新。

そして今は、壇れいがCMでやっております、
「鬼おろし肉ぶっかけ」。

これ、むちゃくちゃ美味いです!!

すき焼き風味の牛肉と牛蒡の上に、ざっくり荒い大根おろしをたっぷりと。

大根おろしには特製ポン酢がかかっており、
これがもう何とも言えずうどんと相性が良く、
あっさりいけるのであります。
期間限定といわず、レギュラーメニューにしてちょうよ。



[PR]
by meruchiko | 2015-08-09 00:00 | 食べもん | Comments(2)

2015 浴衣フェスティバル




e0185530_15151237.jpg



浴衣まつり2日目。
こういうおバカな人たちが、私はこころからいとおしく思います。

1日目はゆっくりでしたが、昨夜はおかげさまで
満員御礼ありがとうございましたm(_ _)m

私、体調とても良いのか、汗でお酒が抜けるのか、
二日酔いまったくなし。

うれぴーわ!!!
二日酔いさえなければこっちのもんじゃい。

カラオケ、歌詞を見ないで完璧に歌えたら…!
チャレンジは、二名が成功しました。
おめでとうございます!!

私、3回失敗しました。
選曲ミスか。広瀬香美、むずかしわ(~_~;)

今日は桑田でチャレンジだ!














[PR]
by meruchiko | 2015-08-07 00:00 | イベント | Comments(0)