チコの二日酔い日記


HANITORA
by meruchiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

やしきたかじん

e0185530_1584588.jpg





録画していた『たかじんのそこまで逝って委員会』
を見た。先週の土曜日に放送された。

たかじんの死亡が報道されてから、
店のカラオケでは、その後毎晩、
誰かが、たかじんを歌う。

大阪のスナックだったら、今はどこもそうだろうと思う。

大滝泳一も亡くなり、これも時々歌われるけど、
たかじんの比ではない。

大阪のオッサンで、今までに、たかじんの曲を一回も
歌ったことがない、という人はいないのではないか。

みんな、一度は『やっぱ好きやねん』や、『東京』や、
『あんた』を、カラオケで歌ったことがあるのではないか。

そして死んだあとも、追悼の思いで歌う人、
ただ旬で歌う人も、それぞれの好きなたかじんを歌っている。

誰も言わずとも、みんながたかじんを愛していたことは
間違いない。

歌いやすくて、大阪弁の歌詞がいい。
男と女の人情が、リアルに想像できるような。

よく読んでみたら、これは男の勝手な理想だろうな、
と思うけど(何でもかんでもゆるしてくれる女ばっかり違います)、
こんな情の深い、懐の女になりたい、とも思う。







番組は、これまで『そこまで言って委員会』によく出ていた
メンバーが集まった。
過去のたかじんを振り返って、
昔の映像盛りだくさんで、とてもおもしろかった。

たかじんのばー(皆さん知ってますよね)の映像も流れ、
私も昔、よく見ていたので、それはそれは懐かしかった。

たかじんはそのころ43歳とか。
今より若いけど、めちゃ老け顔だ。

男前じゃないし、そこらへんにいてそうな大阪のオッサン
だけど、本音トークで人間味あって、おもしろかったなあ。

ざこばや金村がVTRを見ながらぼろぼろ泣いてるのが、
皆ええオッサンやなあと、笑ってしまう。

テレビで見ていただけなのに、たしかにさみしい。
ずっと当たり前にいた人だから、
もう出てこないんだ、と思うとさみしい。

私も新地で働いていたら、一度くらい一緒に
ワインをごちそうになっていたかもしれない。
飲みたかった。

ああいう豪快で義理人情のあるオッサンが、
確実に大阪の街から少なくなっていっているのも、
またさみしい話だなあと思う。









[PR]
by meruchiko | 2014-01-27 00:00 | 音楽 | Comments(3)

永遠の0 





e0185530_18453449.jpg



先日、映画『永遠の0』を見てきた。

大変話題の映画なので、すでに見た、
という人も何人かお客さんにいて、
小説の方がよかった、漫画(も出てるらしい)の方が
よかった、泣きまくった、など、感想はいろいろ。

小説も読もうかなあと思うけど、
これ以上、百田尚樹を売れさせるのもなんだかしゃくだ。

私は、涙ぼろぼろ必至の覚悟で行ったが、
うるっ、ときた程度で、泣かなかった。

もう私は、戦争映画では泣かないかもしれない。
悲しいというよりも、戦争や特攻隊が、
過去に現実に起こったということに、
憤りや怒りや、むなしさを感じる。

映画のエンドロールで、サザンの『蛍』が流れる。」
桑田サンの声に、ほっとし、いちばん泣きそうになった。

そして私はやはり岡田准一が別に好きではないことを
再確認した。(演技は上手いと思いますが。)

ゼロ戦が海に飛び立つシーンは迫力があり、
映像も美しいです。

見る価値はあると思うけど、
けっして泣く目的ではない映画だと思う。









そして、最近見た映画でおもしろかったのが、これ。
e0185530_18532788.jpg


家のWOWOWで見た。

これも話題になった映画らしいけど、
想像していた以上にドキドキハラハラ、
おもしろかった!
(ラストで一つ、余計だと思うところがあったけど。)

とにかく映像が綺麗で、幻想的なシーンが印象的。
映画館で見たらもっとよかっただろうな。

この映画の、あきらめずに信じて生きのびる少年と、
生きたかったのに自ら命を落とす運命の永遠の0、
とても対照的だ。









[PR]
by meruchiko | 2014-01-24 00:00 | 映画 | Comments(0)

ミサオちゃんおめでとう!!!~ナリ大ピンチのさなかで~




e0185530_15164147.jpg


昨日はミサオちゃん(40)の誕生日でした~!!!
おめでとう~~~(^^)/~~~

ハニトラ初!!の40才!!
月日の流れを感じました・・・。

私も追って来年(40)だけど・・・。




e0185530_15273325.jpg


ミサオは、自分が40才だという自覚はいっさい
ない、と言う。えっ、40才って誰のこと?!
みたいな感覚らしい。

その方が、人は年を取らない(老けない)んだと言う。

私は自分でもよくわからないけど、
間違いなく自分は今38才だとわかっているし、
それなりに老けていっていることも日々自覚している。

どうやったら自分の年を忘れて生きていけるのか、
おしえてほしいわ、うらやましいわ、ミサオちゃん(40)。








ところで、この人は、今、
生きてるだけで痛い、と言う。


e0185530_15264161.jpg



結局MRIの結果は別状なく、
原因不明のまま。

コルセットをしても、痛さは何ら変わらないらしく、
話すのも食べるのも痛い、
とにかく生きてるだけで痛い、というので、
昨日はもちろん仕事を休ませた。

私は店の準備をし、8時から出勤し、
いつもチーフに任せている計算をしたり、
上着をかけたり、ボトルを探したり、
片付けたり・・・

チーフのありがたみがわかるだろう、
とお客さんに言われ、言われなくても
心底わかります・・・。

けど他の女の子もいっぱい手伝ってくれて、
万事だいしょうぶでした!!

チームワーク、すごいです。

ナリ、早く良くなってね。











[PR]
by meruchiko | 2014-01-21 00:00 | イベント | Comments(0)

ナリ、ピンチ!!!



e0185530_16162551.jpg



チーフことナリが、何日か前から首をいわし、
ただいま病院でMRI待ちです。

ものすごく適当な80歳くらいのジジィの先生らしく、
電話で「めっちゃムカつく!!!」と文句を言っていた
くらいなので、元気だとは思うけど・・・

レントゲンを撮ったら、骨に異常はないらしい。
ということで、MRI。

しばらく仕事もできないので、
私が店の準備など、チーフの代わりに
がんばりま~す。

早く良くなってね!!



(※ 写真はイメージです。)












[PR]
by meruchiko | 2014-01-20 00:00 | 病気 | Comments(0)

グアム スカイダイビング③




年が明けてから、
「スカイダイビングしたんですよ!!」
と、みんなに自慢している私。

「すごいなあ!」「オレにはでけへんなあ~」
と言ってもらって、鼻高々なのですが、
もちろん経験した人も何人かいて、
ハワイやラスベガスやオーストラリア、
皆いろんなところで飛んでるんですねえ。






さてさて。

エビぞり状態で空中に投げ出された後は、
金髪野郎の合図で、すぐに手を広げた。

e0185530_17251610.jpg

↓ 地球は丸い!!


(ちなみに、ビデオはどうやって
撮っているかというと、後ろにいる外人が、
左手首に小型カメラをつけている。)







e0185530_17545682.jpg


この時が、いちばん「飛んでる!!!」
と感じる時。

正確には、時速200キロで「落ちてる」
だけなのだが、不思議と、そんな速さとは感じない。

飛ぶ直前の怖さはどこかへ行き、
後はひたすら興奮状態の中で、
「すごいすごいすごいすごい、飛んでる~!!」
「気持ちいい~!!」「雲の上や~!!」「やったぞ~!!」
こんなかんじ。



このフリーフォール状態が数秒続き、
やがてパラシュートが開き、雲の中を落ちていく。

e0185530_17482316.jpg







下界の景色が見えてくる。
ここからは、遊覧です。
e0185530_17492193.jpg





怖さはほとんどなくなり、ホッとする瞬間。
達成感と安心感と感動で涙が出そうになり、
「最高じゃ~~~!!!」と、わめいていた。

遊園地のバイキングがとてつもなく
苦手だとか、船酔いが激しい人は、
このパラシュートの時に最悪に気持ち悪いらしい。

私はまったく大丈夫。
めちゃめちゃ気持ちいい!




e0185530_1757828.jpg






最後は砂場みたいなところに無事着地して、
4200メートルから飛んだ、
という証明書をもらいました。

e0185530_1821793.jpg



しばらくは頭がふわふわしたけど、
アホ麻菜と二人、興奮冷めやらぬで、
怖かったけど本当にやってよかったね、
と言い合った。


また機会があったらぜひともやりたいと思う。

みなさまもどこかへ行ったときにはぜひ、
空を飛んで(落ちて)みてください!!






[PR]
by meruchiko | 2014-01-16 00:00 | 旅行 | Comments(0)

グアム スカイダイビング②



e0185530_16542065.jpg

↓ 私の担当の金髪の陽気な外人と。
セスナに乗る前。 
  笑ってるけど、心臓はバクバク。





e0185530_19102217.jpg





私はいちばん最後に飛ぶので、金髪野郎と
共に、まず最初にセスナに乗り込んだ。

それぞれ外人と一組になって、アホ麻菜・
カップル二組も次々に乗り込んだ。

金髪野郎が背中にぴったりくっつくように
座っている。
出発。なぜかセスナは後ろ向きに飛ぶ。

「戦争に行く人の気持ちがわかるわあ!」
とアホ麻菜が言う。ゼロ戦のことか。




e0185530_1722550.jpg


ぐんぐん高くなっていく中で、
後ろで金髪がベルトを閉めたり何か
装着しながら、私と金髪野郎の体を
一体化させていく。

ああ、私はこの金髪野郎に命を任せるのだなあ。
万が一の時は、こいつと一緒に死ぬのだなあ。

ということを考えたり、飛んだら絶対、
カメラに向かってピースしよう!と考えたり、いろいろ思いを馳せるけど、
飛ぶ前のこの時間は、MAX緊張、
MAX興奮!!!!!

窓からの景色はだんだんと海や山が
地図みたいになり、雲が近づいてくる。

アホ麻菜と超興奮状態の中、
声をかけあうけど、
エンジンと風の音ですでに声が聞こえにくい。





15分かけて、とうとうセスナは
高度4200メートルに達した。
下一面に雲と、青空しか見えない。嘘~!!

セスナの扉が開かれ、強風がびゅうびゅう
入ってくる。
怖いよ~~~~~!!!

ちなみに飛ぶ時、3・2・1などの
カウントはない。
後ろの外人のタイミングで、勝手に飛ぶのだ。

そしてそのタイミングは恐ろしく速い!!
飛んだ!と思ったら、もう次の人が飛んだ!

カップル二組が、次々に扉の外に消えていくのを見、
アホ麻菜が空に消えて行った。あああ。

バイバイ、アホ麻菜ちゃん、生きて会えるのかしら・・・

しかしもうこの時、私の思考はない。
次は私だ。

飛ぶ時は教えられたとおり、
両手を胸の前でクロスさせ、
思っきりアゴを上げ、エビぞりになる。

ずりずりと金髪に後ろから体ごと押され、
(エビぞり、エビぞりにならなくては・・・!!!)
ということしかもう頭になく、
あっという間に扉のところまで来たと思ったら、

e0185530_19172265.jpg

↓ これ私ですよ・・・







まず私の体が扉の外に出て・・・
要するに空中に私の体がセスナからはみ出した!!
もう何が何だかわけわからん!!!
怖い怖い怖い怖い!!!やめてくれ~~~!!!

と、思った瞬間に、








e0185530_18541036.jpg

飛んでいた!!!!!!





☆次回、最終回。引っぱるね~。


[PR]
by meruchiko | 2014-01-15 00:00 | 旅行 | Comments(3)

はつもうで





私は2連休。
世間一般は3連休でしたね。
まったりできましたか~?





よく考えたら今年は初詣に行っていないことを思い出した!

成人の日の13日、さすがに人も少ないだろうと、
石切神社に向かってクルマで走ったら、
外環を越えたところから、石切サン渋滞(*_*)

かしこい私は、石切サンの手前にある
アオタニというケーキ屋の駐車場にクルマをIN。

石切神社はそこから歩いてすぐ。


e0185530_1727676.jpg


お賽銭を入れるのに、また人の行列がすごくて、
端っこからずんずん前に進んで、
ガラガラはせずに、横からお賽銭を投げておしまい。

おみくじを引いて(吉)、
アオタニのケーキは買わず、帰りました。

まだまだ駐車場待ちのクルマが律儀に
ずらっと並んでいた。

アオタニの駐車場、おすすめです。
ケーキ買わなくてもだいじょうぶ。







[PR]
by meruchiko | 2014-01-14 00:00 | 休日 | Comments(2)

えべっさんゴー

e0185530_1941548.jpg



えべっさんなう!

クルマと人がすごいです(−_−;)

ベビーカステラと、当てもん1回やりました。

当てもんは、ブームのふなっしーやくまモンの

ぬいぐるみが並んでいたけど、もちろんハズレ。

ほんまに当たり入ってるんかいー!!

と、お約束の一言。





今年も商売繁盛を願って…






[PR]
by meruchiko | 2014-01-11 00:00 | Comments(0)

グアム スカイダイビング①


スカイダイビングをすることになった私たち。

お迎えの車に乗って、グアム空港へ。

私たちの他に一緒に乗っていた参加者は、
若いカップル二組。

私とマナは緊張のあまり、
しゃべりまくっていたが、
カップルたちは、しーん。

怖いのか、それとも余裕なのか。






ダイビングの事務所に着いたら、
日本人スタッフの女の子が3人ほどいて、
日本語が通じるだけでも、なんとなく安心した。

まずは誓約書にサインさせられる。

何があっても訴訟しないこと、
万が一死んでも、身内も訴訟しないこと、
当社に責任は一切ない、
みたいなことが、何ページにもわたって
ずらずら書いてあり、
10か所以上サインさせられた。

怖い・・・。


それから、飛ぶ高さを選んだ。
高さを上げることによって、値段も上がっていく。

どうせやるなら一番高いコースだ。
富士越え、と呼ばれる4200メートルを
選んだ。

カップル二組も、みんな同じコースを選んだ。

オプションで、ビデオ撮影もつける。
全部で500ドル。5万3千円くらいかな。
たとえお金をもらっても、
絶対にやりたくない人はやらないだろうな、と思った。


ビデオを見ながら、説明を聞く。
セスナから飛び落ちるビデオを見ながら、
今からワシらはこれをやるのか・・・
と、まだ信じられない気分。

セスナから飛んだ瞬間から、
フリーフォール状態が約1分続き、
時速200キロで落ちていくらしい。
時速200キロって・・・(@_@;)

その後、地上1800メートルの時点で
パラシュートが開き、そこからは景色を遊覧。
最後は砂場みたいなところに着地する。

日本人スタッフが、
「みなさん思ってるほど怖くないんですよ、
スカイダイビングといえば、
罰ゲームだとか
根性試しみたいなイメージありますけど、
本当に気持ちいいです!最高です!」
と、笑顔で話してくれる。

怖い・・・。

アホ麻菜が、
「これ達成したら、ゴキブリも怖くなくなるで」と、わけのわからんことを言っている。

でも本当にそうかもしれない、と思う。

説明・質問が一通り終わり、
つなぎの服に着替えて、前の組が終わり、
セスナが帰ってくるのを待った。

みんな、だんだん無口になってくる。
喉が渇く→水を飲む→オシッコに行く→
けど何も出ない、を繰り返す。

こそっと、スタッフに質問する。
「あの~・・・オシッコ漏らした人って
いてるんですか?」
関西弁の女の人が、
「それは今まで、いてません!
けど、ぜひ伝説作ってください!」と、笑う。

私、笑えない。そんな伝説作りたくない・・・。




いよいよタンデム
(背中にくっついて操縦してくれる)
外人が登場し、組み合わせと飛ぶ順番が発表される。

金髪の、いちばんデカいオッサンが
私の担当になる。
そして私は6人中の最後に飛ぶ順になった。

アホ麻菜が、「最後って怖くない?!」
と言ったけど、それは別に怖くなかった。
むしろ、最初のほうが嫌だ。


e0185530_1914925.jpg

↓ 飛ぶ前。ポーズさせられてるけど、
笑顔はひきつるばかり。



つづく。



[PR]
by meruchiko | 2014-01-10 00:00 | 旅行 | Comments(0)

グアム




ううううう・・・・・
メッチャ寒い・・・・・。
たまらん・・・・・。

冬の何が嫌いって、寒いことに尽きる。

じつは昨年末から、お正月はグアムで過ごした私。
海外で年を越すのは初めて。

お正月といえば、日本にいれば
毎年寒いににきまってる。

メッチャ寒い時に、常夏の島に行くのって、
どういう感覚なのかなと、少し不思議だったけど、
何のことはない、ひとときの夏気分は最高でした。






さてグアムで誰と年を越したのかというと・・・







e0185530_2002771.jpg

↓ アホ麻菜ちゃんです。






e0185530_19572487.jpg

↓ 泊まったリーフホテルの部屋からの景色。
  朝には虹も見えて、本当に綺麗でした。





私たちのグアム最大の目的は、スカイダイビング。
もちろん二人とも初体験。

体調が良ければ、絶対にしよう、と決めていた。

どうせするなら年が明けて1月1日がいい。
31日大みそかの朝に、スカイダイビングの会社に
電話した。

日本人スタッフの女の人が出て、
1月1日は予約でいっぱいとのこと。

今日なら空いてます、10時にホテルにピックアップ、
飛ぶのは12時半くらいになります、という。

明日の心づもりだった私たちは、
「今日しか空いてないって・・・」と、一瞬ひるんだ。

けど、2日は帰る日。
もう今日しかない。

「じゃあ今日やります・・・」
日本人スタッフは、今この電話の時点でキャンセル料が
発生するけど大丈夫ですか?と言う。

電話予約したあと、やっぱりやめる・・・という人も
いるのだろう。「大丈夫です!」
飛ぶと決めたからには飛ぶのだ。




つづく。










[PR]
by meruchiko | 2014-01-09 00:00 | 旅行 | Comments(2)
★リンク★


最新の記事
エンリケ
at 2018-12-11 00:00
うつったらごめんね
at 2018-12-10 00:00
あげくに風邪ひいた
at 2018-12-09 00:00
そだね〜〜!!!
at 2018-12-03 00:00
個人的にはかまいたち
at 2018-12-02 00:00
感謝!16周年!
at 2018-11-27 00:00
今年最後の夏
at 2018-11-25 00:00
親子スカイダイブ
at 2018-11-24 00:00
娘の告白
at 2018-11-23 00:00
心配ないさ〜!
at 2018-11-22 00:00
読書中毒
at 2018-11-19 00:00
ほんっっっまにない!
at 2018-11-18 00:00
ハニトラコンペ終了〜!
at 2018-11-11 00:00
思いを馳せながら…
at 2018-11-07 00:00
嫌いになりたくないんだよぉ〜..
at 2018-11-06 00:00
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
カテゴリ
最新のコメント
鵜 鵜飼のう
by 答 at 14:03
いやいや ママの今年の..
by 夢夫 at 10:42
早起きですね〜! 私は..
by meruchiko at 04:48
弟に鳥と書いて何と読むの..
by meruchiko at 04:47
んだんだ と言いたいと..
by 夢落 at 14:19
西岡・ダルビッシュ・小平..
by 東成のヒゲ親父 at 10:38
セスナの機内の描写… ..
by 東成のヒゲ親父 at 04:12
……まだ一年で一日5本な..
by meruchiko at 14:37
ふかしやったらアイコスに..
by meruchiko at 14:36
二人とも肺は真っ黒やけどね
by 夢落 at 09:03
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
パラレルワールド・ラブス..
from piece of life ..
船渡御 大阪じめ
from 20秒で読む!今日のニュース
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧