チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

二日酔い度 ★★★★★





わたくし連日の二日酔いにより、
字を書けません・・・(/_;)

ごめんやして。




[PR]
by meruchiko | 2013-05-30 00:00 | 病気 | Comments(1)

練習きらい!





東大阪ゴルフセンターに練習に行った。

いつもは2階や3階打席に行くけど、
調子にのって1階で打ったらごまかしきかない
ということが判明。

2階は飛んでるみたいに感じるのよね~。

じつはただいま史上最低にゴルフ下手。

先生とタイミングが合わず、レッスンに全然行けて
なくて、全く変なくせがついたまんまゴルフしている。

変なくせとは、
①左足が前に出る
②バックスイングでかすぎ
③顔動きすぎ
④手こねてるみたい
⑤もしかして基本的にグリップ間違ってる

わかってるけど、直らない。


今年はなぜかゴルフのお誘いが多くて、
(ありがとうございます<(_ _)>)
あさって土曜日は瀬田、月曜日は奈良の杜に行く。

なんとかなるでしょう!








[PR]
by meruchiko | 2013-05-23 00:00 | ゴルフ | Comments(2)

コナミ




きのうは今年2回目のコナミスポーツクラブに行った。

毎月1万円を口座から引き落とされて、
もうやめようやめようと思うけど、
こうして時々気が向いたら
行こうと思うからやめられない。

私が行かずともコナミのプールは何も変わらず、
来てるジジババの顔ぶれも相変わらず、
加齢臭ぷんぷんしている。

プールに来ている人はインストラクターを除いて、
確実に私がいちばん若いので、
「私ってめっちゃ若いんちゃうん?!」
と錯覚できる。

まだまだスタイルいいんちゃうん?!
と勘違いできる。

けど、60歳くらいのババァがバタフライでガンガン
泳いでいたりすると、ちょっとアセる。

毎日来てるし、私より絶対体力あるだろうな、
と自分の運動不足にアセる。

ひさしぶりにプールで泳ぎ(200メートルだけ)、
アクアビクスで30分、楽しかった!
奇跡的に足もつらなかった!

運動したら気分も前向きになるし、
体も心も軽くなったみたい。

と言いながら、次回に行くのはいつになるやら。











[PR]
by meruchiko | 2013-05-21 00:00 | Comments(2)

メキシカンな夜




きのうは弟家族と一緒に、久しぶりに晩ごはん。


ミナミ清水町は『エルチャロ』で、メキシコ料理を
堪能してきましたぁぁぁ♪
e0185530_195239.jpg





もう15年になるかしらね?
エルチャロのマスターは還暦を迎えても
本当に元気!おもろい!

手品を披露してくれたり、甥っ子のシタンツ
(ウエンツにちょっと似てるからシタンツ。)
と素敵な歌とギターを演奏してくれたり・・・

サービス精神には頭が上がりません。

e0185530_195423.jpg




弟も弟の嫁も姪っ子も、メキシコ料理になじみがないので、
出てくる料理すべて珍しく、お口にあったみたい。

ばくばくばくばく、お前らどんだけ食べるねん!
というくらい食べてくれて、お姉ちゃんはうれしかった。

何度も書いてるけど、こいつら小浜島に
住めるんじゃないかと思うくらい、のんびりした家族。

弟はご近所(堺)でも、むちゃくちゃやさしいダンナさんで
通ってるんですとか、この間のバーベキューでも
奥さんのマネージャーですか、と言われたとか、
ウーロン茶を飲みながらどうでもいい話をきいていた。
(嫁の話、一体どんなオチかと真剣にきいてたのに。)

 
そしてびっくりしたのは、マスターとシタンツの
演奏を聴いて涙を流した我が弟。

マスターに「今まで泣いた人いてます?」
ときいたら、「いてません。」と言われ、
豊かすぎる弟の感受性に恥ずかしかった姉である。

メキシコとかスペインの曲って情熱的で、
陽気な曲でも、どこか物悲しい。
悲しい歌はとことんせつないしね。


本当にエルチャロは美味しく楽しい店。

みなさまもぜひ一度、エルチャロへ行ってみてね!














[PR]
by meruchiko | 2013-05-20 00:00 | 家族 | Comments(2)

機械オンチ




いいかんじに暑くなってきましたね。

Tシャツ1枚で歩けるなんて、本当に気楽で幸せな季節。

ついこのあいだまで寒い寒い、と言っていたのに、
日本っておもしろい国だなあ。

というわけで、扇風機を出した。

扇風機の風、素敵です!

今、ダイソンの羽なし扇風機というものがあるけど、
たしかにスタイリッシュで掃除も楽そうでいいな、
と思うけど、私は扇風機は羽が回ってないと嫌だ。

私の家にはロボット掃除機もあるが、
もうほとんど動いておらず、私は昭和の母のごとく
四つん這いになって拭き掃除をしている。

ウォータオーブンヘルシオは、水を入れず、
よってウォーター機能を使うことなく、
普通の電子レンジとしてのみ活用している。

アイポット(合ってますか?)を刺して(連結してというのか)、
音楽が聴けるというステレオは一切使われず、
MDコンポで音楽を聴いている。

機械はどんどん進化しているのに、
いつからか、こちらの機能は止まってしまったようだ。

もうそんなに便利にならなくてもいいのに。













[PR]
by meruchiko | 2013-05-14 00:00 | 日常 | Comments(2)

なんくるないさ~♪



先日ゴールデンウィークに行った沖縄の小浜島では、
星野リゾート・リゾナーレ小浜島というホテルに泊まった。

2012年にオープンした大型リゾートホテルとあり、
私はピカピカの新築を想像して、楽しみにしていた。

友達にも星野リゾートに泊まる、と言うと
いいなあ!と言われ、星野リゾート・イコール高級ホテル
なのだと勝手に決めつけていた。

ところがいざ到着して、部屋に案内されると、
えっ?!!

匂いが新築の匂いではなく、カビ臭い。

壁も床も調度品も使い古されたかんじで、
バリ風はいいけど、完全に一昔前のインテリア。

タオルやシーツも新しいかんじではないし、
アメニティやドライヤーなども充実されておらず、残念。

後から知ると、ここは以前ニラカナイというホテルで、
星野リゾートが買い取ってリニューアルオープンしたらしい。

どうせだったら部屋内を小奇麗に改装するなり、
細かいサービスで高級感を出すなりすればいいのに。

ホ-ムページではめちゃきれいに映っていたので、
実際に行ってがっかりした人も多いんではないかな。

隣接されたゴルフ場のクラブハウスも古くて汚いこと極まりないし、
レストランではお酒の種類が極端に少ないなど、
いろいろ不満があったけど、
いちばんショックだったのは、部屋にゴキブリが出たことだ。

ちょうど前日、ホテル内のカートを運転しているおっちゃんに、
「沖縄のゴキブリって大きいんですよね?」と聞いたら、
「大きいかなあ。でも、こっちのゴキブリはのんびりしてますよ。
 人間と同じでね。わははは~」と言うので、つられて笑っていた。

まさか部屋で遭遇すると思っていなかった私は、
翌朝、足元に見つけたときは
ギャ~~~!!!うそ~~!!出た~!!
と奇声をあげて逃げた。

はたして沖縄のゴキブリは本当にのんびりしていた。
スリッパで叩かれるまで、ずっとそこにいたのである。
置物のように1ミリも動かなかった。

これが大阪のゴキだったら、とっくに部屋中を走りまくり、
何なら飛んでいるかもしれない。

しかしいくらおとなしいゴキでも、部屋に出たことは
やはりゆるされない。
ホテルのお姉さんに、「部屋にゴキブリが出たんですけど」
と言ってみた。

部屋を換えてもらうことは難しいかもしれないが、
謝罪と何かサービスや特典があるかもしれない。

するとお姉さんは「そうですかぁ」と笑顔で応えたのだ。
悪びれていない。
私は拍子抜けして、
「えっ?そんなしょっちゅう部屋にゴキブリ出るんですか」
と、思わず聞いてしまった。
「部屋に出たことはありませんけど、クモは出ますね」
と、また笑顔。

怒る気にもなれず、はあそうですか・・・
と、それで終わってしまった。

沖縄はゴキブリ以上に人ものんびりしている。
その上、こちらも、ま、いっか、とのんびりさせてしまうほどの
のんびり感であった。

地球上の生物でゴキブリがいちばん嫌いなこの私が。
大阪で同じことがあったらブチ切れてるだろうに。











[PR]
by meruchiko | 2013-05-13 00:00 | 旅行 | Comments(3)

ふるさと






ちょっと前に、みさちんに会いに生野に行った。

朝方夢に出てきて、起きた瞬間にメールがきていた、
という相思相愛の人、みさちんである。

小池(マイお好み焼ランキングナンバーワン)の
お好み焼を食べ、懐かしの喫茶店に寄って、
うだうだ話をして帰ってきた。

(ついでに自分が昔々に住んでいた家も見てきたけど、
 泣きそうになるので、この話はまたこんど。)

高校時代によく一緒に行った喫茶店が、まだある。
ママさんはさすがに老けていた。

あの頃、いかにも未成年なのに、
朝からタバコを吹かしながら、
「やっぱり二日酔いにはカルピスソーダじゃあ」
と、日々入り浸っていた二人だとは、ママは気づかない。

みさちんも、もはや三人の子のお母さんである。
私も、もうカルピスソーダで二日酔いは回復できない。
プラセンタを飲んで寝続けるしかない体である。


私は育った土地を愛しているが憎んでいる。

私は中学生くらいの時から、自分の住んでいる町を
抜け出せるなら何でもしよう、と思っていた。

今でこそコリアンタウンなどと呼ばれ、韓流ブームのおかげで、
ちょっとした観光地になっているらしいけど、
いわゆる「朝鮮市場」のあたりである。

ヘップ屋と鉄工所か何か部品を作っているのか
わからないけど町工場(こうば、と読んでほしい)。

焼肉屋とお好み焼屋と風呂屋と喫茶店が
日本全国でいちばん多い地域(と担任が言ってたけどホンマか)。

韓国語交じりの変な日本語を操る友達のオカン。

自転車はすぐ盗まれる。
盗まれたら盗み返す。

ヘドロだらけの臭くて汚い川。
川沿いに住んでいた友達の家は、夏になると窓を開けられない。

私はその平野川からすぐ近くの住宅地に住んでいた。
(ぶっちゃけてしまえば昔、猪飼野といわれてたところ。)

町工場の油が浮いて、虹色になった水溜まりを見て、
「綺麗だあ~」と、はしゃいでいた幼少時代である。

自分の家も貧乏、周りもほとんど貧乏、
だから貧乏に気づかず苦にもならず陽気だった。

中学になるとなんだか絶望的で、煮詰まっていた。

具体的にいえば、勉強はつまらないし、
ヤンキーな先輩はやたらといばっていたし、
先生も生徒にビビっていて、学校は窮屈だった。

だいたい、「不良」が「やんちゃ」として
青春の思い出や過去のものにできるほど生易しいものではなく、
「不良」になれば「ヤクザ」の下部組織に入れられてしまうような
本気の町だった。(今は知らないけどね。)

そこは人情がある、といえばそうだったし、
みんないいやつだったのかもしれないけれど、
私はとにかく抜け出したかった。

彼らをそれなりに愛しているのと、
自分がそうなりたいと思うのとはまったくの別ものである。

私はとにかく逆転ホームランを打つのだ、
と心に決めた。

しかし良い学校を卒業して、良いところにお嫁に行く、
ということは思いつかなかったのが運命の分かれ道であった。

今は生野の友達からは、「チコは出世頭やあ」と
言ってくれるが、あんまりうれしくない。

私はもっとがんばって、玉の輿に乗ったり、
成りあがったりして、昔をもっともっと懐かしみたい。

そういう心根って、下品で大好きだけど。

もはや私もいい年齢で、自分がセレブになる柄では
ないと、よおく理解している。

もう今生ではあきらめて、
来世は金持ちのお嬢様に生まれ変われたらよいなあ、
と考えることにした。

「ママに一生ついていきます、早くお好み焼屋やりましょう」
と志低いことを言ってくれる優秀な社員もいることだし。
(→はっきり言うとトーコとナリ。)


あ、前回の生野で撮った写真は、
昔うちで働いていた、のんちゃんでした!(もう知ってる人、少なし。)
道で偶然会ってびっくりした。
写メ撮らせろ、と言ったら嫌や~!と叫んで逃げていった、の図。
変わらずべっぴんさんだったな!

e0185530_1183273.jpg





[PR]
by meruchiko | 2013-05-12 00:00 | 友達 | Comments(2)

神戸とコマカントリー


あっという間に連休も終わってしまった。

みなさまリフレッシュできましたか?




私はGW後半、神戸の街へ。

題して「フランス料理と雑貨屋めぐりを堪能する
森ガール的女子旅(なんじゃそれ)」。

足に水ぶくれができるほど歩いた。




e0185530_16352456.jpg

↓ ポートタワーを持ってるつもり~のポーズ。





e0185530_16403198.jpg

↓ 「パティスリー・モンピュル」という有名なケーキ屋。
  感動・・・!!! 吉田のケーキ屋とは違うわ。






久しぶりに神戸に行った。

元町の高架下を歩いたり(とくに見るものはなくてもおもしろい)
南京町で老祥記の豚まんを食べたり(45分並んだ!)
ルミナス神戸・・・は乗ってないけど、写真を撮ったり。


さすがにGWですごい人だったけど、
港とおしゃれな街並を散歩しながら、
ハイカラ気分を楽しみました。








さて最後の日はナリ・ミサオとゴルフへ。
何年ぶりかにコマカントリーに行った。

きれいなクラブハウスにきれいなコース。

1階にはオープンカフェが出来ていて、
あいかわらず居心地よいゴルフ場です。




朝ごはんはもちろん、名物のコムタンスープ。

お昼はカルビ丼+韓国冷麺定食。
e0185530_16362169.jpg

↓ マシッソヨ~!




はたしてスコアは58・54でした。

去年から続いてるドライバー絶不調、
早く克服したいわあ。





[PR]
by meruchiko | 2013-05-09 00:00 | 休日 | Comments(2)

石垣島と小浜島




沖縄の離島に行くのは今回初めて。
石垣島で一泊して、船で小浜島に渡って二泊した。

新しくなった石垣空港に到着すると、まさかの雨。
それに寒い!
大阪と変わらん!
熱帯を期待してたのに、一日中ほとんど雨だった。

ホテルの人にきくと、島の天気はころころ変わるし、
予報はほとんど当たらないらしい。

島カフェに行ったけど、雨でテラスにも出れなくて、
海の眺めも雨が降ってる分、ちょっと残念だった。


e0185530_17422310.jpg

これは島カフェで食べた、汁なしのマグロそば。




夜は石垣市街地に出かけ、サンシンのライブをやる
観光客向けの居酒屋に行った。

ハイサおじさんとか、ビギンとか知っている曲ばかりで、
最後はみんな踊って盛り上がった。

ライブ後、歌っていたお姉さんと少し話をしたら、
沖縄の人ではなく、なんと姫路出身。
どんな経歴があって石垣島で歌ってるんだろう・・・
きかなかったけど。



食事後はスナックやバーの並ぶ繁華街を散歩した。

繁華街っていっても、ローカル臭がぷんぷんただよう、
田舎の町。

無料案内所を一軒だけ発見して笑った。
大阪みたいにギラギラしてなくて、地味で素朴な案内所。
キャバクラなんか見なかったけど、あったのかなあ。







二日目、小浜島に渡ったら、最初は雨だったけど
夕方からびっくりするくらい晴れて、
帰る日までは南国の暑さだった。

こんなに日焼け止め塗ったの初めて、
というくらい日焼けに気をつかった。
(昨年まで日焼けオイル塗ってガンガン焼いてたのにね~。
 情けないです。)




私が求めていたのは、きれいな海ときれいな星だけ。
何層にも色が変わって見える海は素晴らしかった。

落ちてくる~!と思うほどではなかったけど、
夜に見た星もとてもきれいだった。
(沖縄は湿度が高いので、それほどきれいには
 見えないらしい。)






料理は想定していたけど、まあまあ。

だけどせっかく沖縄に来たのだから、
島料理を食べないと、と思う。

ゴーヤチャンプルにアーサー(あおさ)の天ぷら、
ジーマミー豆腐、八重山そば、石垣牛など食べた。

石垣島では「やぎ汁」の看板が気になって気になって
しかたなかったけど、結局チャレンジしなかった。

雨でテンションも低かったしね。

地元の人でも好きか嫌いかに分かれるらしい。
次行ったら絶対食べてみよう。





e0185530_17422749.jpg

石垣島・夏川りみの実家。タクシーのおっちゃんがおしえてくれた。









[PR]
by meruchiko | 2013-05-02 00:00 | 旅行 | Comments(1)

石垣島→小浜島



e0185530_182885.jpg



ゴールデンウィーク前半、
沖縄は石垣島と小浜島に
行ってきました。


海は今まで見た中でいちばんきれいだった!!







ゴルフしてたら孔雀(くじゃく)がいた!!
ちょっとわかりにくいのが残念ですが、
威嚇してるのか羽を広げてきれい。
e0185530_1851443.jpg








小浜島唯一のゴルフ場には、日本最西端と日本最南端の
ティーがありました。
e0185530_1863115.jpg








e0185530_187364.jpg

レンタルバイクで島内を一周。
小浜島は一周16.6キロしかない。
人口は583人。
お店は本当に数えるくらいしかなかった。

要はド田舎です。


時間ないので小学生の日記風で。

明日はくわしく小浜島ネタで書きます。







[PR]
by meruchiko | 2013-05-01 18:10 | 旅行 | Comments(1)