チコの二日酔い日記


HANITORA
by meruchiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2012年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ゆかたまちゅり






毎年恒例のゆかた&生ビール068.gif祭り!!

明日8月1日(水)~4日(土)まで!!






e0185530_17473431.jpg

いったいいつの写真やねん・・・(^_^;)




昨年はできなかったので、2年ぶりの夏祭りです。

私、きのうドンキでテンガを大量に仕入れてきました。

恥ずかしいとか、べつにないです。

場所もわかってるから早いのなんの。

生ビール飲み放題はもちろん、

ボトルやテンガその他お得なモノが当たるくじ引きや、

カラオケ歌詞見ずに歌えたらボトルプレゼント、

チーフの特製玉せんなどなど・・・

お得なことがいっぱいあるので、

ミナミに出られたらぜひとも寄って酔ってくださいネ<(_ _)>









[PR]
by meruchiko | 2012-07-31 00:00 | イベント | Comments(2)

淡路島BBQ





今先ほどの話ですが、このブログを書いてて、
最後の最後で何を押したのか、全部消えた・・・(@_@;)
ほんまにパソコン嫌いやあ~。


とゆーわけで意気消沈・・・
もっかい書くけど時間ないのでぱぱっといきます~。




きのうはハニトラ夏の遠足、
淡路島にクルージング&バーベキュー&マリンジェットで
遊んできましたヽ(^。^)ノ

e0185530_16353325.jpg


みんなで集まって遊ぶのも本当久しぶり。







e0185530_1639264.jpg

↓↓↓ うちの弟ファミリーも参加。
  






オリバーズ・ボートさんのご協力により、
(バーベキューの買い物も用意も全部おまかせで超楽ちんだった)
堺のマリーナから船で淡路島に渡り、
セレブ気分でした!!

e0185530_16374825.jpg

↓↓↓ 海の上を走るのはこの上なく気分爽快♪
   





e0185530_16535153.jpg

↓↓↓ みんなよく食べよく飲みました!







e0185530_16543939.jpg

↓↓↓ いつも思うけどこの人は原住民のようだ・・・。








e0185530_16551789.jpg



きょうは日焼けと筋肉痛でみんなひぃひぃ言うてるはず。

いい思い出になりました!!







[PR]
by meruchiko | 2012-07-30 00:00 | イベント | Comments(0)

べつに男の裸は見たくない




先ほどコンビニに買い物に行ったら、
前に並んでいた男性がエロ本を買っていた。
年の頃なら41・2くらいか。

店員はわりと若いお姉ちゃんで、その雑誌はやはり
裏返してカウンター上に置かれていたが、
裏表紙の広告で私はエロ本だと見抜いた。
店員が袋に入れるときに完璧に表紙が見えて、
なぜか自分が勝った気分になった。(誰にや?)

今やパソコンやスマホでいくらでもすごい動画や画像が
タダで見れるのに、あえて本を選択するという、
アナログな人いるんですねえ。
(私も電子書籍など考えれず、いつまでも紙の本がいいけど。)

それにしても男は女の裸を見るのが好きな生き物である。
(当然か。)

斉藤和義がライブのMCで、仕事で小雪と会ったときに、
(この人のアソコは一体どうなってるんだろう)と想像した、
と言っていた時、男は内心そんなことを想像しているのか、と
私は倒れそうになった。

私はキムタクや妻夫木君のチ〇コがどうなっているのか
想像もしたことがないし、べつに見たいとも思わない。
(ついでに言うとお客さんのも見たいと思ったことがないです。)

よく雑誌の「アンアン」なんかで、売れっ子タレントの
ヌード写真(向井理とかジャニーズとかね。
たしか昔モッくんは陰毛も写してたぞ)
を載せたりしているが、それに関しても私は「よく鍛えているなあ」
というような感想しか持てず、ダビデ像に対する気持ちと
ほとんど同じだった。

(興味ないのになんで見たんだよ、と突っ込む向きもおありかと
思うので弁明しておくが、美容室に置いてあるからです。)

ほかのページ、「テクニック上手の女とは」「ベッド上でのマナー」
「こんな雰囲気で」みたいなページは興味を持って
読んだが、ともあれあえて男の裸を見たいとは思わないのだ。

女性のほとんどがそうではないかと私は思うけど、
韓流スターにしても上半身裸の写真が多いし、
見て(抱かれたい・・・)などと興奮しているんだろうか。

私は女の裸のほうが好きだし、
もしここに男女がからんだ写真があるとしても、
注視するのは女性のほうだと思う。

ということになると、銭湯や温泉などで
女性の裸をいっぱい見るのはうれしいのか?
と、諸兄は疑問をお持ちになるだろう。

これが不思議にまったく何の欲情も抱かせないのだ。
(当然ですね・・・)

「スタイルのいい人だなあ」とか、「胸でかくてすごいなあ」
とか、「なんと陰毛の濃い女だ」とか、
そういうことは確実にチェックしているが、
ちっともいやらしい気持ちにならない。

だけどいやらしい気持ちになったとき見たいのは
女性の裸である。

いったいこれはなんなのだろう?

タイプという言い方をすれば、「好きな男性のタイプ」
があるように、私にも「好きな女性のタイプ」がある。

これは友人になりたいという意味ではなく、
自分が異性だった場合に好きになるだろう、
というタイプのことである。

私は「男っぽいさばさばした明るい仕事のできる女の人」
が友人としては好きだけど、異性として考えると
「くねくねした女の子っぽい感じで嘘つきでわがままな女」
が好きなのではないか、と思う。

そして頭のいい女の人はこの両方を兼ね揃えていて、
相手によってうまく使い分けているのではないかと思う。

私もそうなりたいのだけどな。












[PR]
by meruchiko | 2012-07-28 00:00 | Comments(0)

色気とは何か


この世にはお金で買えないものがけっこうある。

百貨店でおしゃれな高い服は買えても、
「センス」は買えない
(売っていたら欲しい!)。

美貌はお金で買えても、「色気」は
販売されていない(テレビ通販とかで、
「さあ、このお色気液体10グラム、
3万円!」などとやったら売れるだろうなあ)。

「モテる」「モテない」というのは、
ひとことで言うと男性も女性も、
「色気があるか」「色気がないか」
に集約される。

「色気」のことを「フェロモン」とも言うし、
「フェロモン系」
という言い方もあったけど、
その「色気」って何だろう?

(ちなみに私は小学校4年生の時に親戚の
おばちゃんに「あんたは色気あるなあ」と
言われた以来、誰からも言われたことが
ありません。涙。)

たとえばテレビや雑誌で
「色気のある女性」というのは、
胸の開いたドレスを着たり、
あるいは裸に近い格好であったり、
濡れた唇が半開きの、「ウッフ~ン」
「アッハ~ン」みたいなわかりやすいものだったりする。

しかしこれは、コントの中の泥棒が、
唐草模様の風呂敷を背負い、
口の周りには黒い髭、みいなものと同じで、
「記号」にしかすぎない。

「色気」追及37年(ほんまか)の
私に言わせれば、「色気」は決して
わかりやすいものではないのだ。

「色気」と似て非なるものに「媚(こび)」
というものがある。
「色気」はこちらからそちらへ行きたく
なるのに対し、「媚」というものは
あちらからこちらへ無理やりやって来るものだ。

「私ってどうですか?」「俺ってどうかな?」
みたいに、「媚」は過剰にセールスをしてくるのだ。

それに対して「色気」は、
「え?こちらへ来るんですか?あら困ったわ、
ウフフ」みたいなものである。

「媚」は簡単なものだ。
先ほどのの露出の多い服装や、
ちょっと派手な化粧や、
「あなたのことを気に入ってるんだけど」
「誘ってくれたらついていってもいいよ」
サインなどを出しておけばいいからである。

しかしこんなもので集めた人気は
うつろいやすいものであるし、
飽きられるもの早いものであるし、
そんな付け焼刃的なものはこの際、
キャバの若いお姉ちゃん達に任せて、
いいトシ(40目前)の私たちが指すのは、
本格的な「色気」にしたい。

だけどその色気って、
いったいどこにあるのか。

「色気」というのは、色事と関係ない
ことをしている時に表れたり、
感じたりするように思う。

汗をかいたスポーツ選手や、
音楽家がピアノやギターやバイオリンを
奏でる姿や、営業報告をしている時の
課長の真剣なまなざし、あるいは単純に
真面目に人の話を聞いているときの目などに、
それは宿るような気がする。

乳が半分見えているようなホステスに
それほどの「色気」は感じないが、
パンツスーツで颯爽と歩いている女性に、
すごく「色気」を感じたりする。
たぶんそれは「意図されたもの」
ではないからだ。

男の人の場合の「色気」は女性とはちょっと
違って「痩せ我慢」(ダンディズムですね)
というか、自分の欲望や感情を抑えている
ときに私はそれを感じる。

だからホストクラブで掛け声かけながら
一気飲みしている男たちに何の魅力も
感じないけど、ひとりバーで黙ってバーボンを
飲んでいる男の人を見ると、
たまらなくついて行きたくなる。
(ついて来られると困りますか、そうですか。)

本当の「色気」というのは、案外、
若者のものではなく、
中年以降のものではないかいな?

そう考えると40歳目前の我々も、
まだまだ捨てたもんではないのかもしれない、
と自分で自分を励ます今日このごろ。















[PR]
by meruchiko | 2012-07-27 00:00 | 恋愛 | Comments(0)

天神祭







e0185530_190439.jpg




昨夜は天神祭の船渡御に行ってきた。

船が動くまではムッチャ暑かった。

地べたに座布団敷いて、の席だったので足もしんどかったし。

生ビールを飲んでお弁当食べて、出航。

周りの人々も酔ってきたのか、楽しい祭りの雰囲気。

何度か船渡御を経験してるけど、

今年は花火が大きく見れたのでよかった。














[PR]
by meruchiko | 2012-07-26 00:00 | イベント | Comments(0)

大人の女を考える

先週土曜日に、F嬢とあっちゃん(高校時代の同級生)
と3人でご飯を食べて、律儀に店にも来てくれた。

恋愛の話・不倫の話・美容の話など、
いつものごとくぐーるぐると同じ話題をテーマに
女子会の夜は更けていった。

最近、避けて通れない話題として、
「トシ(年齢)」の話がある。

F嬢とあっちゃんはすでに38歳、
私は今37歳で、37も38もさして変わらないような
気がするけど、F嬢いわくそれは違うのだそうだ。

37歳はまだ「30代」感覚で、どっちかというと「35歳寄り」、
しかし38歳になったとたん、
完全に「40代寄り」だというのだ。(よくわかりませんが・・・)

40歳カウントダウンというか、
今まで見えなかった40の壁が見えたというか、
とにかく女性にとって恐ろしい現実が見えてくるらしい。

私はこの間、美容室で雑誌を読んでいて、
「とても綺麗な40代の女性」と、「ごく普通の20代の女性」
がいたとして、男のほとんどは「普通の20代の女性」
を選ぶ、という辛口なコラムがあった。

ほんまや!!と、私は目からぽろぽろとウロコが落ちたし、
膝を叩きすぎて痛くなった。

この話をしてF嬢は「けっしてそんなことはない!」
と大否定していたが、
かなしいかな、私はそれが現実だと思う。
(熟女マニアはいるだろうけどね。)

30代と20代はそれほど差がないかもしれないが、
40代と20代、これは絶対に違う。
(オカンと娘ほどに違うんですもんね。)

そのコラムには、美貌とは関係なく、
本能として男は子どもを産める女を選ぶ、
20歳をピークに女性の生殖機能はどんどん落ちて行く、
40代女子はその現実を知るべき、と書いてあった。

すなわち結婚において男は女のピークの時を買う、
女は男の将来性を買う、という結論だった。

では40代になったら本当に女としての値打ちは
下がってしまうものなのか。

それは違う、と私は思う。(思いたい。)

芸能人でもない限り、一般女性が素敵にトシを取る、
というのは本当に難しいことだと思うけど、
(だいたい日本の男はロリコンばっかり・・・!
 もしくはマザコンか。これが問題なんじゃい。)

年齢や老化にとらわれず、
自然に素敵に年を重ねていくこと、
いま40歳を目前にした私たちの深刻なテーマでR。
















[PR]
by meruchiko | 2012-07-24 00:00 | 友達 | Comments(2)

おつかれサマー





夏本番ですね!!

お昼は熱中症ギリギリまでクーラー我慢して汗かいて、

暑さを楽しんでます。

スーツの人は大変だろうけど、

夏バテに気をつけて今週もガンバっていきましょ~!!







[PR]
by meruchiko | 2012-07-23 00:00 | 日常 | Comments(0)

角田光代 月と雷




e0185530_16133930.jpg



自慢じゃないけど、ここには書いていないだけで、

私はしょっちゅう本を買って読んでいる。

つい今日、読み終えたばかりの角田光代の最新小説。

よかった。

その世界にどっぷり浸かって、

思っきし自分の人生と重ねて読んでいた。

(小説に限らず音楽や映画でも自分とオーバーラップ

 させてものごとを考えるのが癖だし好きだ。)

自分の過去やこれからの未来に、

いろいろ不思議に思い悩み、もやもやしていたことが、

読後、少し謎が解けたような気がした。












[PR]
by meruchiko | 2012-07-21 00:00 | 読書 | Comments(2)

練習あるのみ





スポーツヒルズ大阪(打ちっぱなし)に

ゴルフレッスンに行ってきた。

さすがに暑すぎるのか、人がぱらぱら。

だいたい私が行く時間帯は、打ちっぱなしにしても

プールにしても、けっこうな加齢臭が漂っている。

おばあちゃんになってもゴルフだけは続けようと思っている私。

達者に球を飛ばしているおばあちゃんを、

30年後の自分に重ねて見たりしている。

(まだまだ想像できないけどね・・・。)







さて、今日はアイアンの調子が良すぎるほど良くて、

先生にも「どないしたん!」

「わからん!何か知らんけど、当たる!」

最近わかったのは、とにかく手とクラブと体の距離が重要。

それから、体を回して振りぬくこと。

これだけで劇的に良くなったような気がする。

先日、連休は木津川カントリーで54・54だった。

わりと安定してる。

100切りがそこまで見えてきた・・・(毎年思うけど)。

暑さに負けずがんばります(@^^)/~~~











[PR]
by meruchiko | 2012-07-19 00:00 | ゴルフ | Comments(2)

名古屋コーチン 鶏の極






美味しいと知っていて、メニューも気心も知れた

食べ物屋さんに行くのもうれしいけど、

何もかも初めてのお店に行くときってドキドキしますよね。





昨夜、お客さんと本町のスタバで待ち合わせして行った、

焼鳥屋さん、「鶏の極(きわみ)」。





串に刺さった焼鳥ではなくて、テーブルにどーん、と

置かれた焼き台。炭は100%備長炭(贅沢ですね・・・)。

e0185530_16433038.jpg

ガスや普通の炭で試したけど、この味にならないそう。





鉄板のすみっこで焼いてるのは「ニラ」。

鶏や鴨から出る油がしみこんだニラを、

特製「野菜タレ」につけて食べたら・・・

なぜか甘いとうもろこしのような味!!!

私、ニラがこんなに美味しいとは知りませんでした。

鶏と鴨がメインなのに、「ニラの店」と覚えられたりするくらい、

みなさん、ニラのインパクトが強烈に残るそうです。たしかに。




e0185530_16471955.jpg



多くは語りません。

リピート率90%という、店主の自慢も納得です。

ぜひ、感動の味を体験してみてください!

要予約。







[PR]
by meruchiko | 2012-07-18 00:00 | 食べもん | Comments(0)
★リンク★


最新の記事
エンリケ
at 2018-12-11 00:00
うつったらごめんね
at 2018-12-10 00:00
あげくに風邪ひいた
at 2018-12-09 00:00
そだね〜〜!!!
at 2018-12-03 00:00
個人的にはかまいたち
at 2018-12-02 00:00
感謝!16周年!
at 2018-11-27 00:00
今年最後の夏
at 2018-11-25 00:00
親子スカイダイブ
at 2018-11-24 00:00
娘の告白
at 2018-11-23 00:00
心配ないさ〜!
at 2018-11-22 00:00
読書中毒
at 2018-11-19 00:00
ほんっっっまにない!
at 2018-11-18 00:00
ハニトラコンペ終了〜!
at 2018-11-11 00:00
思いを馳せながら…
at 2018-11-07 00:00
嫌いになりたくないんだよぉ〜..
at 2018-11-06 00:00
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
カテゴリ
最新のコメント
鵜 鵜飼のう
by 答 at 14:03
いやいや ママの今年の..
by 夢夫 at 10:42
早起きですね〜! 私は..
by meruchiko at 04:48
弟に鳥と書いて何と読むの..
by meruchiko at 04:47
んだんだ と言いたいと..
by 夢落 at 14:19
西岡・ダルビッシュ・小平..
by 東成のヒゲ親父 at 10:38
セスナの機内の描写… ..
by 東成のヒゲ親父 at 04:12
……まだ一年で一日5本な..
by meruchiko at 14:37
ふかしやったらアイコスに..
by meruchiko at 14:36
二人とも肺は真っ黒やけどね
by 夢落 at 09:03
最新のトラックバック
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
パラレルワールド・ラブス..
from piece of life ..
船渡御 大阪じめ
from 20秒で読む!今日のニュース
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧