チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

東野圭吾 ゲームの名は誘拐

e0185530_2126445.jpg





これは最近2回目に読んだ、『ゲームの名は誘拐』。

さらさらっといける、ハラハラ・ドキドキ・ミステリー。

ただし、東野圭吾のこと。

もちろん一筋縄ではいきません。

まずはあらすじを。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




主人公の「佐久間駿介」は、
東京・港区にある『サイバープラン』に勤める、
やり手の広告代理店プランナー。

性格はクールでキザでプライドが高い、嫌味な男。
日々、腕立て・腹筋を欠かさず、
野菜不足も気にしつつ、自炊をする、
公私ともに完璧主義者。

女にも事欠かず、複数の女性と割り切った関係を持つ。

冒頭シーンは、ベッドの上で女に結婚をほのめかされたとたん、
無関心になる佐久間。
もちろん、関係はその場でジ・エンド。





そんな彼が、ある日突然、
大手クライアントの『日星自動車』の副社長、「葛城勝俊」に、
イベントプロジェクトチームのリーダーから外されてしまう。

仕事に絶対的な自信のあった佐久間は、
自分を全否定されたことに、プライドはボロボロ、
屈辱感に打ちのめされる。

納得がいかず、葛城に直談判しようと、
酔った勢いで佐久間は葛城の住む豪邸に出向く。

その時、佐久間が偶然見たのは、
葛城邸の塀から飛び降りた、一人の少女。
それは、家出をしようとする、葛城の娘「樹理」だった。


佐久間は樹理と出会い、
樹理によって葛城家の「秘密」を知る。
家には帰らない、親から金を巻き上げたい、という樹理と、
葛城にひと泡食わせたい、と願う佐久間の利害関係は一致し、
二人で狂言誘拐を企む。


「ゲームをやってみないか。誘拐ゲームだ」


敵は葛城勝俊。
身代金は3億円だ。


一方、葛城も自信たっぷりに豪語する。
「商売とはゲームだ。ゲームである以上、勝たなければいけない。
 そして私はゲームには自信がある」

(どちらが真のゲームの達人なのか、葛城勝俊よ、おれと勝負しろ。)


インターネットを酷使した周到な作戦と駆け引き。
魅力的で小悪魔な葛城の娘・樹理に惹かれながらも、
完全犯罪を目指す佐久間の誘拐ゲームは、
はたして成功するのか・・・・・・・?




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







ふぅ・・・・・・。
あらすじ書くのって、難しいですねぇ。

ネタバレすると、おもしろさ半減なので、
もうここまでしか書けません。
(もっとすごい展開が起こるから!)

この物語は、きのうの『時生』と違って、
本当になぁんにも考えずに読んでいただける小説です。

東野圭吾の持ち前の、とにかくテンポのいい、
スピーディーなストーリー展開に、
途中で読むのをやめられないこと必至。

私、初めて読んだときに途中で「うぁぁ!」って声に出た。

単純な人ほど、この小説は楽しめると思います。




鼻もちならない、自信満々の主人公のムカつき度は、
『時生』の拓実とどっこいどっこいだけど、
この佐久間には、まったく感情移入しなくてすみます。
(ちょっと自意識が過剰な男性なら、ハマるかもしれませんが・・・)

だからこそ、驚愕のラストシーンが印象に残る。
(初めて同情すべきというか・・・。ほろ苦いです。)



ちなみに、この小説は映画化されております。
藤木直人、仲間由紀恵主演で、『g@me(ゲーム)』。
原作とは、かなり違うという噂。


『時生』もドラマ化されてたみたい。
両方見てないけど、ひまなときに見てみよっと。











[PR]
by meruchiko | 2011-07-29 00:00 | 読書 | Comments(2)

東野圭吾 時生


e0185530_21302699.jpg




私の好きな東野作品の、ベスト10に入る、『時生(トキオ)』。

ブログに書くにあたって、3回目に読みましたが、

またも涙・涙・・・・・。素晴らしい小説です。

内容を簡単に説明いたしますと。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




物語は衝撃の冒頭ではじまる。

難病であることを宿命づけられた、「時生」という少年。

すでに彼の病は進行し危篤状態となり、まもなく19歳の命を
閉じようとしている。

集中治療室につきっきりの「宮本拓実(父親)」と「麗子(母親)」。
そこで拓実が麗子に突然言う。

「ずっと昔、俺はあいつに会ってるんだ」

そして、拓実は麗子に、不思議な過去を話し出す・・・・・。






時は1979年、拓実の23歳の時代にさかのぼる。

拓実は、実の母親に捨てられたという恨みを抱えて、
自堕落な生活を送っている。

どんな仕事も続かず、恋人「千鶴」の用意したガードマンの仕事も、
面接で遅刻、面接官とケンカし、反故にしてしまう。

そのころ、拓実は「トキオ」と名乗る青年と出会う。

23歳の拓実は、世をすね、虚勢を張り、
いろんなことを親や他人のせいにして責任を逃れ、
短気でうぬぼれ屋の勘違い野郎だった。
大阪弁で言うと、「あかんたれ」だ。

最初、拓実は、素性の知れないトキオを警戒する。
拓実のことをよく知っているような言い方や、
未来を予言するようなことをほのめかしたりする。
だけど、憎めない何かを持っている不思議な少年。

トキオは、未来から過去にやって来た、拓実の息子だった。

恋人、千鶴の突然の失踪、
闇の組織に関係する事件に巻き込まれていくなかで、
「トキオ」と行動を共にし、彼に感化されながら、
次第に拓実の出生の秘密が明らかになっていく・・・・・・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もしかして、これを機に誰かが読んでくれるかもしれないので、
ここまで。


最初の舞台(1979年)は浅草だけど、
失踪した千鶴を追い、拓実とトキオは大阪に向かう。

そこからのスピーディーな展開が、
さすが大阪生野育ちの東野圭吾、おもしろい!

難波や道頓堀、鶴橋や今里など、よく知っている大阪の
あちこちが出てくる。臨場感満載。

そしていつもながら人間味あふれる、
東野ワールドに登場する人物たち。

千鶴の友達のスナックの母娘や、彼氏の元ボクサーの黒人、
拓実の産みの母の家人たち、やくざな連中。




私がこの小説の中でいちばん心に残っている一文は、
母とスナックを切り盛りする、ちゃきちゃきのナニワ娘、竹美のせりふ。

「すごいな。でも竹美さんって、そんな苦労をしてるようには
 見えませんよね。」 と言うトキオに対し、

「苦労が顔に出たら惨めやからね。それに悲観しててもしょうがない。
 そら誰でも恵まれた家庭に生まれたいけど、自分では親を選ばれへん。
 配られたカードで精一杯勝負するしかないやろ。」


これにはシビれたなー。


この小説の見どころは、アホだった拓実がトキオと共に
自分の出生のルーツをたどるにつれ、
自分が生まれてきた意味を知る。
人をゆるし、人生において大切なことに気づく。

随所随所に笑いあり・涙あり、感動あり。
東野圭吾のなかでも、まさにエンターテイメント的作品。


さぁアホの拓実の行動・発言にいらいらしながらも、
私たちも拓実とトキオと一緒に、時空を旅しましょう!










[PR]
by meruchiko | 2011-07-28 00:00 | 読書 | Comments(3)

本が友達(・・・いや彼氏?)


皆さまご存知のとおり、私は東野圭吾(以後敬称略、スミマセン!)
の小説が、好きで好きで大好きで、
全作品(エッセイも含む)を読んできました。

初めて読んだ作品が、『白夜行』。(あまりにも有名ですね。)


それから取りつかれたように、何冊か読んでるうちに、
同じ生野区出身で、同じ高校の先輩だったと知ったときは、
サブイボが立った・・・・・!
(もしかして?生野?でもまさかなぁ~、という予感もしていたのだ。)



そして『手紙』という小説が映画化されたとき、
チーフと一緒に見に行った。涙・涙。
私はあまりに感動し、その夜、東野圭吾宛にファンレターを書いた。


その1年後、以前ブログでも書いたとおり、
突然、東京から東野圭吾が、
編集者の人たちと店に来てくれた。
読んでくれるのかどうかもわからず出した手紙が、
東野圭吾に伝わっていたのだ。


それは感動の出会い・・・・・!
のはずが、私は興奮と緊張のあまり、
酔っぱらいすぎて、途中からのすべての記憶がなくなってしまった。
(あぁ、タイムマシンがあればあの日に帰りたいワ・・・・・!!!)









じつは私は、生野区という場所にろくな思い出がない。
生野を離れてもうだいぶん経つのに、
地元を好きになれず(べつに好きにならなくてもいいとは思うが)、
苦々しい感情を持っていた。


しかし尊敬する東野圭吾が、まさかの生野区出身だと知り、
私は初めて生野を誇りに思った。

間違いなく、東野圭吾は前代未聞の生野出身のスーパースターである。
同じ生野に育ったことが何かの運命のようで(→ファン心理というやつですね)
本当にうれしかった。


東野作品は、本人も『白夜行』の解説などで、
自分の生まれ育った世界(場所)の裏社会を舞台にしている、
自分の子どものころの記憶が、
作品に投影されている、とおっしゃっている。
(私も白夜行は本能的に生野を感じた。)

東野圭吾もかつて生野に暮らしていたとき、
何か暗い過去があったんだろうか、と疑ってしまう。
それくらい、東野ワールドは独特な影がある。(考えすぎ?)


もしも東野圭吾が、豊中とか吹田に生まれていたら。
あるいは大阪市内にしても、
阿倍野や天王寺あたりで生まれ育っていたらどうだっただろう?

きっと、白夜行も、その他の作品も生まれなかっただろうと思う。
もっと違う色の小説を書いていただろうし、
ひょっとしたら、小説家にもなっていなかったのかもしれない。

(それに、私が生野区出身で、阪南高校出身だと手紙に書いたから、
 店に来たんだ、とおっしゃっていた。
 私が豊中出身だったら、会えなかった!!)





その後も東野圭吾の活躍は留まることなく、
何冊も本を出し、ドラマ化になり、映画化になり、
ずっと追っかけのように読ませてもらっている。




で、ここんとこあまりブログに書くネタも思い浮かばず・・・
(本当は書きたいことはあるのだけど、アタマが整理できてない)

たぶん毎日チェックしてくれてる何人かのお方に
申しわけない気持ちもあり、ついに東野圭吾(に限らず)の、
私の読書日記を書こう、と思いいたりました。
(もう私の日常は、しばらくシャットアウト。)



ほんとに自慢でも何でもなく、
マンガも含めて、本だけはハンパなく読んでいて、
私にとって、読書はゴハンを食べたり息をするのと同じなんです。
(⇒かっこい~い。)

まぁ「アマゾン」のせいもあります。
あれ、本好きには相当ヤバい。
ワンクリックで翌日ぽーんと届くしね。



本好きの方も、普段本を読まない方も、
しばらくおつきあい願います<(_ _)>













[PR]
by meruchiko | 2011-07-26 00:00 | 読書 | Comments(3)

天神祭






きょうは天神祭の最後の日だったんですね。

私は何度か船渡御(ふなとぎょ)に乗ったことがあり、

かつては優雅な天神さんを経験させてもらいました。

(船賃はだいたい弁当つきで、結構な値段します!)

祭りに行くまえの、

楽しそうな浴衣姿の女の子を何度か見かけて、

あ!きょう天神さん花火の日やん、とあらためて思った。

雨降らなくてよかったね。










そうそう、パソコン博士のO君からご指摘ありましたが、

今年のハニトラ浴衣まつりは、勝手ながら中止となりました。

すでにコツコツと、900枚ほど宛名書きしてたんですが、

(今年の私はのび太と違いますよ~。)

おじゃんになってしまいました。

来年は店も10周年であるし、浴衣もばっちりやります!

(もう来年の話か~。)

今は停滞してますが、未来に生きようと誓う、きょうこのごろでした。










[PR]
by meruchiko | 2011-07-25 00:00 | 日常 | Comments(2)

私、妊娠してませんから!






きょう7月21日は、父の命日だった。

こないだの日曜日、墓参りに行ってきた。

初めて私のクルマにおじいちゃん・おばあちゃんを乗せて、弟・ナリと。

すごく暑い日だった。

お墓には日陰がほとんどなく、

洗ったり草をむしったりしてると、頭がくらくらした。

おじいちゃんは、もうクルマも運転できないし、

2年ぶりの墓参りだったらしく、とてもよろこんでいた。

おじいちゃんと墓参りって、何十年ぶりだろう。

連れてきてくれてありがとう、と何度も言われ、

うれしい半分、申しわけない気持ち半分。

また秋になったら一緒に来よう、と約束した。

しかし後部座席から、おじいちゃんが道順に

やいやいうるさくて辟易した。

何度も来てるから間違えへんっつーの!

山道で、真ん中のオレンジの線を踏んで走ったら、

「あぶない、線踏んだらあかん、ちゃんと走ってや」

と深刻に言われ、(うっさいな~!!)と思いながら。









父は、もし今も生きてたら60歳、還暦だ。

かっこいいジジィになってたかな。

35歳で死んだから、あらためて早死にだなぁと思う。

私もいつの間にか越してしまったし。

いつか逢えたときは、あの世でいっしょにマッコリ飲もうぜ!















[PR]
by meruchiko | 2011-07-21 00:00 | 家族 | Comments(1)

久々です





ご無沙汰しております、大西チコです。

もうブログチェックしてくれてる人も

いないんじゃないかという不安もありつつ、

なかなか書けない状況にありました。すみません。

いろんなたいへんなことがあったんですが、

心身共にちょっとずつ落ち着いてきたので、

また日々のこと、思うことを今後とも書いていきます。

ところで、チーフがきょうから仕事再開しました。

私も早く店に出たい。

復帰した日には、今まで以上に頑張ろうと思ってますので、

何卒よろしくお願いします。

って、ちょっと硬くなってしまったな。

夜中の2時に書きました。

台風もどっかいったみたい。













[PR]
by meruchiko | 2011-07-19 00:00 | 日常 | Comments(2)

笹の葉さらさら~





e0185530_16323088.jpg

当店でもささやかな七夕さんです。











そういや小学校のとき、「七夕集会」なる行事があったな。

クラスごと、大きな笹にそれぞれ短冊を飾り付けて、

七夕の日の朝、運動場で全校集会をしたな。

クラスで男女一人ずつ、織姫と彦星が選ばれて、

仮装して前に立って、・・・・・・それでどうしたんだっけ。

みんなで「笹の葉さ~らさら~」

とでも歌ったんだっけ?

(校長先生はどんな話をしたのだろう。まったく憶えてない)




私も一回だけ、織姫になったことがあって、

(どうやって選ばれたのかは憶えてないけど、たぶん
 ジャンケンで負けたとかそんなん。)

ふわふわした服を着せられて、こっ恥ずかしかった。

(その時の彦星が、まったく好きな子じゃなかったのは憶えてる。)









よう降りますけど、きょう浴衣まつりのお店はご苦労さんです!

(雨でかわいそう!)

ハニトラの浴衣まつりは8月はじめですよ~ん。







[PR]
by meruchiko | 2011-07-07 00:00 | イベント | Comments(1)

超遠距離恋愛




雨が降ってきた。

だいたい毎年、七夕のときって雨ですよね。

おり姫とひこぼしさん、逢えるんかな?




[PR]
by meruchiko | 2011-07-06 00:00 | イベント | Comments(2)

ピキッ!グキッ!





来週月曜日のコンペに向けて、練習に行った。

最近、アプローチが絶対左に行く私。

頭残して、ゆっくり振る・・・・・!!

と念じて、ヘッドアップしないでゆ~っくり振れて、

今の、いいんちゃう~?!と、顔をあげたら、きっちり左。

なんで???というパターン。

とゆーわけで、きょうはアイアンだけよ!

と、2かごボール買って、練習に挑んだ。

理由はわかってる。

雑誌にも載ってた。

右肩が突っ込んでる。

手が先にいってる。

右の手首を返しすぎ。

しかし・・・頭ではわかっちゃいるけど・・・。

ガチガチに力入ってるのが、自分でもわかる。

練習やのに、ガチガチ!!

しまった!大塚製薬から出てる『チカラヌケール』を

飲んでくるのを忘れた!!(⇒注:そんな薬はもちろん売ってません。)

当たらないから、もっと力が入ってしまう。

悪循環で、何球か打ってたら、首がピキッ!!

というか、グキッ・・・?

筋違ったみたいになった・・・。最悪。

ちゃんとストレッチしてなかった。

(良い子のみなさん、ゴルフ前は首を回すのも忘れずに。)







風呂屋さんに行って、水で濡らしたタオルをずっと当てていた。

治るかなぁ・・・・・(ToT)/~~~



e0185530_16511328.jpg


↓ 風の湯で飾ってあった、七夕さん。











[PR]
by meruchiko | 2011-07-05 00:00 | ゴルフ | Comments(2)

パンドラの箱





先日お客さんと話をしていた。

テーマは、『結婚後の恋愛』について。

そのお客さんは40歳、
奥さんと子どもが一人。

結婚以来、恋愛らしきこと(遊びに近い)
は何度かあったけど、
今は「恋する気持ち」を、
どっかに置いてきてしまった、と言う。

今は恋愛どころではなく、
真面目に奥さん一筋・家庭一筋で
生きているという。

ひとことで言うと、もうめんどくさい、
らしい。(こういう人、多し。)

リスクを覚悟で、嫁に隠れて嘘をついて、
恋愛することが、しんどいという。

「それは、恋する気持ちを箱に入れて、
どっかになおしてる(しまってる)、
 ということですか?」 ときくと、

「なおしてるというより、その箱自体、
もうどこにあるかわからんってかんじ」
ということだ。

なるへそ~。

結婚というのは、一生その相手と一緒に
いるという契約であり、
その他の異性と関係することを
法律上禁じているわけだから、

「恋する気持ちを箱に入れて鍵をかけ、
その箱自体がすでにどこにあるのかもわからない」 

という状態が、なるほどいちばん望ましい
ことだろう。

この人のように、箱の存在を忘れて
しまった人もおり、大切にしまって
厳重に管理してる人もいるだろう。

時々必要に応じては、開け閉めしてる人も
おり、まるでふたを開けっ放し
(のように見える)の人もいる。
(箱を二つ三つ持ってるツワモノもいる!)


しかしこの箱は、自分も気づかないうちに、
開いてしまうことがあるから厄介だ。

だって、雷に打たれたように
恋に落ちることもあるのだから。

私(僕)としたことが、と自分でも
わからなくなるのが、恋する気持ちなのだから。



「開けてはならない箱を開けた途端、
ありとあらゆる災厄が世界中に
飛び出していったという、パンドラの箱。
その箱の片隅に、ただ一つ残っていたのが
希望だという。」





私の箱、見てみたけど埃かぶってますな・・・。















[PR]
by meruchiko | 2011-07-04 00:00 | 恋愛 | Comments(3)