人気ブログランキング |

<   2010年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

トーコ★ファイナル




もうGWの方もいらっしゃると思いますが・・・・・・


GBは今日までやります!!


そしてとうとうトーコの卒業式・・・・・


泣かします。泣いてもらいます。


e0185530_17592354.jpg






by meruchiko | 2010-04-30 00:00 | イベント | Comments(0)

ドーナツ




ニュースでも話題沸騰の、『クリスピー・クリーム・ドーナツ』。



待ってました!!周防町に本日オープン!!!



e0185530_2326993.jpg




とゆーわけで、いち早くドーナツを食べるべく、3時間並んできました!!!














・・・・・・・・・・なわけがない。







3時間の行列はホンマでした。御堂筋まで並んでた。


名古屋出店のときは最長で9時間並んだらしい。







アホか。ヒマ人か。どんだけドーナツ好きなんや。
わしゃ忙しいんじゃ。







べつにいつでも行けるわい。







こーゆーニュースを聞くたび、良くも悪くも
我々は日々大都会で働いてるんだなぁと実感する今日このごろであります。







by meruchiko | 2010-04-29 00:00 | 食べもん | Comments(0)

時間がないっ




わっはは~い^m^

今日仕事して、明日休んで、あさって仕事したらゴールデンウィーク!!

なんとすばらしいんでしょう!!

連休は南の島でのんびりするのだ!

そして帰ってきたら店の名前が変わって・・・

これからは「どこの店のママさんなんですか」ときかれたら

「それはちょっと・・・」と下を向かずに堂々と言えるのだ!

10日から1週間はボトル半額になりますので、皆様ぜひお越しくださいませ。

店内もちょこっと綺麗になります。

さようならガールズバー。






by meruchiko | 2010-04-28 00:00 | 日常 | Comments(0)

カレーばっかし




みなさまお元気でしょうか。

毎度毎度、生理二日目に苦しむオオニシでございます。



おとつい日曜日にリニューアルオープンのDMあて名書きをやっと終え、

久々に桜川の『マジックスパイス』でスープカレーを食べた。

行きたかったんだよ~~~。ずっと。




店内は幻想的な、食べる前からそれは摩訶不思議な空間。

e0185530_15593124.jpg





いつもの辛さより1ランク落として、余裕で食べた。でも辛い。

e0185530_1552461.jpg







そして今日はお昼にココイチのカレーを持ち帰り。

先週はインデアンも行ったし、家でトクマサのレトルトカレーつけうどんも挑戦したし、

本気で週3ペースでカレーを食してるオオニシです。

カレー、うまいなぁ・・・。

インデアンカレーのフランチャイズ、やりたいなぁ・・・。








by meruchiko | 2010-04-27 00:00 | 食べもん | Comments(0)

ぼやきまっせ





以前にも発表しました、屋号変更日が5月10日に決定いたしました。

印刷屋さんや不動産屋、看板屋と会ったり話をしたり、

リニューアルに向けて日々なにかと忙しいであります。

いつも思うことだけど、さまざまな業者さん達と話をするたび、

おいオマエ、ほんまにだいじょうぶか?とこちらが思うような営業の人がじつにいる。

(相手も私のことをそう思っているかもしれないけど。)

電話の取り方ひとつや、説明のしかたや、こまごました打ち合わせ。

頼りない対応、説明不足、不親切な態度、はっきりしない物言いに、

何やら不安を抱かせ、いらいらすることがある。

ほんまにこれで私以外の会社や店と取引きしているのだろうかと疑ってしまう。

他の人と話すときはもっときちんと対応しているのかもしれない。

女だから、水商売だからなめられてるのかもしれないと一瞬不安になる。

その点、サントリーさんをはじめ、酒屋さんというのはそのへんをちゃんと心得ている。

当然だろうけど、認められてるんだと感じ、真摯な態度にうれしく思う。

その逆に、不動産屋というのはいったい何者なんだろう。

以前のビルの時に日宝さんはよくしてくれたが、

それ以外の不動産屋は、私の当たりが悪かったのか何なのか、

えらそうか、おどおどしているかのどっちかで、話をするのも苦痛になってくる。

もし私が男だったら同じ話し方・対応をしてるんかい!と言いたい。

何年か取引きしている印刷屋さんの担当の営業の女性は、じつにハキハキと

対応してくれる人で、安心感がある。

多少無理を言っても困った声も出さないし愛想もいい。

その点、こいつどないなっとねん、という男は何人も見てきた。

いわゆる「商売人」からかけ離れてるような男たち。

ときどきお客さんが自分の会社の話をするとき、

今どき女のほうがよっぽどしっかり仕事するで、男はアホばっかりで頼んないわ、

とぼやいているが、会社に勤めていない私でも、まんざらその話も本当じゃないかと思う。

頼りないのはもうしかたない、せめて愛想よくしゃべってくれ~。
























by meruchiko | 2010-04-24 00:00 | 仕事 | Comments(0)

お風呂屋さん





私の銭湯ライフが始まった。

冬は銭湯に行くと、後からどうしても体が冷えてくるので、

夏の銭湯がいちばん気持ちいい。

最近、近くで『箕輪の里』という銭湯を発見し、ここがまた素晴らしく良い風呂屋である。

私の「良い銭湯」の条件は、

① 古すぎなくて清潔なこと。

② サウナが熱いこと。(90度以上)

③ 水風呂が冷たいこと。

だいたい私は今、石切の風の湯・高井田のゆーばす・そして箕輪の里、と

ローテーションで通っているが、どこもこの3つをクリアしている。

箕輪の里に通いだして3週間ほどになるが、

いつも来ている常連のおばちゃん・おばあちゃん達をだいたい一通り把握できた。

シャワーの席、サウナの席がほとんどみんな決まっている。

新参者は常連さんの領土を侵してはならないのである。

(銭湯の流儀を重んじる私。)

サウナではおばはん達がテレビを見ながら世間話や噂話を

なんじゃかんじゃ延々と繰り広げていて、やかましいけどこれがまた聞いてるとおもろい。

たまに家で作ってきた製氷機の氷を、どうぞ、とくれるおばちゃんもいて、

熱く火照った顔に塗ったりして、ありがたく使う。

だけど私はどこの風呂屋に行っても、友達(知り合い)を作らないようにしている。

毎回話かけられたらうっとうしいからだ。

銭湯は一人の世界に浸りたい。











by meruchiko | 2010-04-22 00:00 | 日常 | Comments(0)

筍づくし






ゆかりちゃんの誕生日週間が始まりました~(*^_^*)

23日がガチ誕生日。

いち早くお祝いくださったみなさま、どうもありがとうございました~!!

GBで流行ってる?似顔絵ケーキ。

ゆかり、似てね~!

e0185530_165327.jpg


イメージはテポドンに乗って宇宙旅行に出たゆかりちゃんです。

似てないけど、黒い星空のケーキにゆかり、大満足。










そして・・・・・

昨日の筍がまだまだ残っていて・・・なかなかさばき切れないのですが、

『筍とベーコンのバター醤油炒め』 というのを作ってみました。

e0185530_16561985.jpg


ネットでレシピを検索してやってみたら、めちゃくちゃうまい!!!

まさに、「筍の政権交代やぁ~!!!」 (by.彦麿呂)








そして、これでもかと、『筍と鶏の煮物』も。

e0185530_1705438.jpg


これは「筍と鶏の産業革命や~!!!(意味不明)」 (by.彦麿呂)






とゆーわけで、しばらく筍づくしの毎日です。。






by meruchiko | 2010-04-21 00:00 | 食べもん | Comments(0)

旬の筍




市場で働いているお客さんに筍をもらった(*^_^*)

e0185530_2073544.jpg


こんなん5本も!!

「ぬか」を買ってきて、あく抜きすること1時間。

ゆであがったら、皮をどんどん剥いていく。

そして、たけのこご飯にしました。

e0185530_2085198.jpg


まいう~~(*^^)v



小さいころ、筍が嫌いだった。

今でこそ、好き嫌いのほとんどない良い子の私だけど、

子どものころは野菜の嫌いなものがたくさんあった。

筍、しいたけ、ピーマン、マッシュルーム。エトセトラ。

中でも、どうしても食べれなかったのがしいたけとマッシュルームで、

今になってはなんで食べれなかったのか不思議でしかたないが、

当時は恐怖の食材だった。

給食の時のオカズに八宝菜が出たら、このダブルパンチで、

昼休みはもちろん、放課後まで残って食べさせられた。

マッシュルームのことを「デンワ」と呼んでいた私は、デンワといつまでも格闘した。

(昔のダイヤル式の電話の形そっくりでしょ。)

噛んでも噛んでも、飲み込むことができなかった。

飲み込むことを、体が拒否していたのだ。

泣きながらやっと食べて、家に帰ったら晩御飯が偶然にも八宝菜だった。

冷蔵庫にマグネットで貼ってある「給食だより」を、母は気にしていなかったようだ。

家の八宝菜にはデンワは入ってなかったが、しいたけがたっぷり入っていた。

母も、食べるまで風呂も入るな!寝るな!という、

今で言えば「虐待」かのように、すべて食べるまでゆるしてくれなかった。

そういうことが何度もあって、ついに私は嫌いな食べ物から逃避するすべをあみ出した。

ティッシュで口を拭くフリをして、噛んで噛んで味のなくなったしいたけやデンワを、

こっそりティッシュの中に出すのだ。

先生も友達も母も私のズルに気付かなかった。

バンザ~イ!(^^)!

しかし、筍もしいたけもマッシュルームも今はおいしい。

八宝菜は、今も自分では注文しないけど。













by meruchiko | 2010-04-20 00:00 | 食べもん | Comments(0)



レギュラーのホステスにとっては
日曜日の夜だけが唯一の自由な夜であーる。

フリーダム!!!

アイアム・フリーダム!!!
と叫びたいくらいの貴重な夜である。

晩御飯に家でお好み焼きをした後は、
ごろんと寝転がってテレビを見た。

仕事の日はゆっくりテレビを見るということも、まずない。
なので私はゴールデンタイムのドラマもバラエティもほとんど知らない。

わざわざ録画して何かを見るという習慣もないので。

しかし今日は東野圭吾の『新参者』のドラマ化がスタート。
よくぞ日曜の9時の枠にしてくれたもんだ!

私はすでに小説で読んでおり、
東野先生独特の人情味あふれる感動のミステリー、
これでもかぃ!という豪華キャストで、大満足いたしました。
パチパチパチ。

見終わってチャンネルを変えたら、
ウィル・スミスの映画をやっていて、知らぬ間に寝ていた。

11時に目が覚めて、歯を磨いてベッドに移動。

スポーツニュースを少し見て、11時半から石川遼の『リスペクト』。
これは先週も見た。

ビートたけしと所ジョージがゲストで、
遼くんとゴルフをしたり対談したり。

この大御所お二方、
どっちも好きじゃないので全くおもしろくない。

それに遼くん、ちょっと髪の毛伸ばしすぎのような
気がするけど、そう思うのはオバチャンだけか?

スタイリストの志向なのか、
自分の意志なのかわからないけど、すぐさま切ってほしい。

遼くんが終わってチャンネルを変えたら、
『ミュージックラバーズ』が始まった。

ゲストは徳永英明。

これまた好きじゃない。顔も苦手である。

久々に見たら髪をおろしていて、
色素が薄い、病人みたいな顔だ。

この人が俳優だったら絶対、
変質者の役がピッタリはまるだろうというような。

金持ちなんだから、あのドラキュラみたいな歯、
治せばいいのにと思う。(余計なお世話だね。)

好きじゃない人ほど見てしまうというクセがある私は、
最後までしっかり見た。
(ミュージックラバーズにおいては過去にミスチルも
 倖田來未も東方神起も見てしまった。)

カバーアルバムから、ファンのリクエストで
選ばれた曲を歌っていた。

しっかしカバーアルバム、売れたよねぇ!
徳永、でかしたねぇ!

きっと本人がいちばんびっくりしてるんじゃないか。
3枚も出してたとはねぇ!

お客さんがよく徳永のカバーバージョンで、
恋に落ちて、だとかハナミズキだとか歌っているが、
それはたんにキーを上げたり下げたりする必要がなく、
まんま歌えるからだ、と私は推測している。

こいつが歌うと、どれもこれもがこうも暗いのか。
アレンジがいまいちで、原曲の良さを引き出していない。

『赤いスイートピー』を歌う徳永の、
神経質そうなビブラートにうっすらサブイボが出た。

眠気が覚めてしまって、パソコンに座ったしだいであります。

余談だけど、あるお客さんがカラオケの徳永本人出演のPVを見て、
「こいつ、絶対チ〇コでかいで。」と言ったのを憶えている。

なんで?ときくと、「顔見たらわかる。」と得意げに断言していた。

徳永英明はチ〇コがでかそうな顔なのか。

ふ~ん。

























by meruchiko | 2010-04-19 00:00 | 休日 | Comments(0)

家族の歪み



また恐ろしい事件が起きた。

愛知県で30才の男が家族5人を次々に刺し、二人が死亡。

この男、引きこもりのでインターネットおたくで、働かんわ、ネットオークションで

借金しまくるわでどうしようもないヤツだったらしい。

でも私は思う。

家族にいってまだ救われた、と。

他人に危害をかけなくてよかった。

(そーゆー問題ではないけど、そーゆー問題として。)

家族内での問題は、本当に深刻だ。

ウチの長男も仕事を次々とすぐ辞めて引きこもっていた時代があり、

こういう事件を聞くとなんとなくわかることがある。

もうどうしようもないのだ。

周りの家族が心配してやいやい言えば言うほど、本人は固執し、反発してくる。

生まれ持った性格の問題や、小さいころからの両親との関係があると思う。

こういう人間が家族に一人でも存在すると、本当に難儀するのだ。

どうすれば解決するのかなんて、私にはわからない。

ただただ、他人に危害が及ばなかったことに安堵するだけだ。




by meruchiko | 2010-04-19 00:00 | 事件 | Comments(0)