人気ブログランキング |

カテゴリ:食べもん( 110 )

カニ食べいこう~♪



e0185530_1952978.jpg




寿司屋『新門』で、毎年カニ三昧コース(お一人1万円)を
豪勢にいただく。

(メッチャ美味しいし、量もすごいのでお得でおすすめですが、
 残念ながら今週で終りです。また来年。)




松葉カニの見分け方は、こうらにあるらしい。
(こうら、なぜ変換出てこない)

小さい黒い粒々が、こうらにたくさんくっついていて、
なかなかにグロテスクだ。

「この気持ち悪い、黒い丸は何ですか?」
ときいてみると、それは海藻のようなものらしい。

いい松葉カニには、この気持ち悪い黒丸があり、
松葉カニの象徴らしい。

松葉カニと言いながら、こうらに黒丸がなかったら、
その場合は疑ったほうがいい、という。

以上、松葉カニのうんちくでした。



e0185530_19112291.jpg

↓ 昨年もまったく同じポーズで撮りました。





by meruchiko | 2014-03-13 00:00 | 食べもん | Comments(2)

福太郎




お好み焼『福太郎』を見つけてから、
もうすでに4回行った。

この間の日曜日の夜も、吉田からわざわざナンバまで
クルマで走って、福太郎に行った。

時間ももう閉店間際なのに、
相変わらずの盛況ぶり。

e0185530_19295923.jpg




「道頓堀焼きそば」というメニューと、
いつものイカ豚玉を注文した。


e0185530_19305357.jpg

「道頓堀焼きそば」とは、通常のソバより太麺で、
玉ねぎやニラも入り、ソースは濃い目。

まあまあ美味しかった。

そしてイカ豚玉が運ばれたけど、
どうも「ぬるい」。

私は当然、お好み焼はお皿に盛って箸で食べるではなく、
テコに乗せて、鉄板から直接食べる。

ハフハフ言いながら、舌をやけどさせつつ食べるのが、
正しいお好み焼の食べ方である。

だからお好み焼の熱さは、舌ですぐにわかる。
鉄板の温度が、意図的になのか、
いつもより下がっていると見た。

始終お好み焼がぬるくて、せっかくの美味しい
福太郎のお好み焼が台無しだった。
非常~~~~~~に、残念。

福太郎に物申す。
鉄板はちゃんと熱くしといてください。

でないと怒るよ!












by meruchiko | 2014-02-18 00:00 | 食べもん | Comments(2)

やっと見つけた福太郎




私は常々、ミナミには美味しいお好み焼屋さんは
ないんかいな、と探し歩いていた。

私が探しているのは、風月とか、ぼてじゅうとか、
千房とか、チェーン店ではないお好み焼屋さんである。

ミナミの街で、飛び込みで入ってみて、
〇〇とか、〇〇とか、〇〇とか、もうびっくりするくらい
マズかった。(名前は書けません。)

「〇〇はまあまあ美味しいよ」
と、お客さんからありがたい情報をいただき、
行ってみても、やっぱり美味しくない。

だいたい、食べ物の味覚は人によって違うと思うけど、
その名の通り、お好み焼ほど、
好みが分かれる食べ物ってあるんだろうか?

お好み焼屋さんの激戦区、生野区で育った私は、
はっきり言ってレベルが高いと思う(→自信はない)。

私はミナミでお好み焼を食べるな、ということか。
あきらめていた。







それが、やっと見つけたのだ。

美味しいお好み焼を・・・!!!




ここですわ!!!
e0185530_1757568.jpg




いつも並んでいるので気になっていたけど、
運良くすっと入れた。

「コ」の字型のカウンター鉄板にぐるりと人が座っている。
年期が入り、いい色に焼けた鉄板。
(よくステーキハウスのようにピカピカに磨かれた店が
あるけど、あれはお好み焼屋さんとしては邪道である。)

ソースの匂いが染みついた壁、テーブル、椅子、
騒々しい雰囲気は、これぞお好み焼屋である。


e0185530_18145952.jpg


お好み焼屋は、綺麗でこじゃれた店であればあるほど、
マズく感じる。
汚い店のほうが美味しく思うのはなぜだろう。

そして、私はお好み焼を焼く過程を見るのが好きだ。
じっと見る。観察する。

最近は、作る様子を見ているだけで、
美味しい・マズいの予想がつくようになった。


e0185530_18401519.jpg


福太郎は、下町のお好み焼屋さんの雰囲気を持ち、
味も美味しかった。

私はイカ豚玉を食べたけど、ここはネギ焼きも有名
らしい。またチャレンジしたいと思う。






by meruchiko | 2014-02-03 00:00 | 食べもん | Comments(0)

昼下がりのホステス





きょうのお昼、ひとり家でエッチ・・・








なんとなく気分的にエッチ・・・








ちょっと刺激が欲しくてエッチ・・・










エチオピアカレーを食べました。
e0185530_19355925.jpg


ヨーカドーに売ってた、レトルトのカレー。

私はもひとつ。独特な味だったな~。






by meruchiko | 2013-10-08 00:00 | 食べもん | Comments(2)

秋だな♪




毎年、この季節になるとうれしい贈り物が届きます。



このブログにも毎年書いてますが・・・






それは・・・





まっ・・・





たけ~~~!!!



e0185530_15234921.jpg


(ダウンタウンの4時ですよ~だ、のネタ風で。
 →わかる方も少ないと思いますが・・・)







この松茸、ちょっとびっくりするくらいデカい。







どれほどデカいかというと・・・









e0185530_15404666.jpg

いやぁん!!


こんなの初めて♪



思わず頬ずりしたくなりました♪







by meruchiko | 2013-09-14 00:00 | 食べもん | Comments(2)

もう食べた?




e0185530_19513225.jpg



毎年、うれしい月見バーガー。

私、この秋すでに3回食べました。

チキンナゲットは中国の安い鶏肉という噂なので、

最近避けてます。好きなのに~。

体によくないとわかっていても、

たまには食べたい、マクド。








by meruchiko | 2013-09-10 00:00 | 食べもん | Comments(2)

残念なオヤジのギョーザ


先週夕方、「ちちんぷいぷい」をたまたま見ていたら、
紹介されていた、ギョーザ屋。

大阪パブリックや阪奈カントリーの通り道にあり、
いつも気になっていた店。
e0185530_11174424.jpg

店内はカウンターだけの狭い店。
メニューはギョーザと漬物とご飯のみのギョーザ専門店である。

目の前で速いスピードで黙々とギョーザの皮を包む職人、
それを延々と焼き続ける店主。

テレビや雑誌にもよく取り上げられているらしく、
小さめの薄皮でいくつでも食べれるという。

というわけで、昨夜、楽しみに行ってみた。

お腹はすいてる、お口はギョーザになってる、
しかも美味しいと噂のギョーザだ!!! わ~い!!

ところが店に入った瞬間。
足を踏み入れて本当に3秒のことである。

これは人間の本能というのか。

長年生きて、いろんな食べ物屋さんに行き、
磨かれ培った第六勘、といいましょうか。

(えっ、何・・・)
いらっしゃいませ、の声があったのかなかったのか。
いやあったのだろう。けど、「迎えられた」という気が全くしない。

それは流行っている人気店、というイメージとは程遠い、
違和感、空気感、なんだこれ・・・。

そういう時、人は(お客は)なぜかすぐ席に着けないものである。
自分は座るべきなのか、ここで退散したほうがよいのか、
これは動物的カンで、一瞬のうちに頭の中で考えている。

反対に初めて行ったのに、
もう何度か来たことがあるみたいに、すぐ腰を下ろし、
不思議になじめる店というのがあるのに。

その店は持ち帰りの客が多く、一瞬持ち帰りも考えたけど、
やはり最初は焼きたてを食べてみたい、
と思っていたので、とりあえず丸椅子に座り、
ビールとギョーザを注文した。

焼き上がりに20分ほど時間がかかる、とオヤジに言われ、
ビールときゅうりの漬物でひたすら待つ間、
私はいろいろ考えたが、この店の違和感は何なのか、
なぜこれで流行っているのか。
答えはひとつだった。

オヤジである。
すべての空気は店主のオヤジがつくり出していた。

特別無愛想で、ガンコオヤジ、というわけでもない。
無口でもなく、持ち帰りに来た常連っぽいおばちゃんと、
テレビ出演についてしゃべったりもしている。

なのにオヤジのすべての対応・振る舞いを見て、
私が嫌悪感を抱くのは、「ただただ横柄」なのである。

次々に来るお客さんに、ギョーザの在庫も残り少ないみたいで、
最後に来た客には断っていたがそれも、
すんません、またお願いします、と悪びれた感じはなく、
オヤジは本日のギョーザ完売に、ご満悦そうにも見えた。

(見ていると、じつに持ち帰りのお客が多い。
 もしかしてみんな、ここのギョーザは好きだが、
 店の雰囲気は苦手で、家で食べるのかもしれない。)

がらっぱちでも、優しさや人柄を感じる人もいる。
無口でも偏屈でも、誠実さや温かみが伝わってくる人もいる。

このオッサンからは、それが感じられない。
(もちろん、私の主観だけど・・・。)
流行っているからこうなってしまったのか、
それが従業員の姿勢にもあからさまに出ていて、
全員という全員が愛想もなければ、一生懸命感も伝わってこない。

はたして出てきたギョーザは、丸正(石切で有名なギョーザ)
と、瓜二つの味だった。
e0185530_12175770.jpg

丸正よりはパリッと焼き加減はよかったけど、
生姜が効きすぎて、私は苦手な味。残念。

これでオッサンがなんとなくでもいいヤツだったら、
味がもう一つでも、印象は違ったはずだ。
もちろん二度と行くことはない。

お客さんあっての商売。
自分に置き換えても考えさせられたし、
傲慢にならないように気をつけなければ、と思った。



※ ちなみに写真はどっかのサイトから引っ張りました。
  店内で写真を撮るような気分にもならなかった。





by meruchiko | 2013-08-05 00:00 | 食べもん | Comments(1)

揖保の糸




e0185530_17431124.jpg



二日連ちゃんで素麺を食べた。

二日目は初めての試みでてきとーにサラダ風にしてみたけど、

想像以上の美味しさではなかった。

素麺はやっぱりスタンダードに素麺つゆで

食べるのが美味しいと私は思う。





昨夜は満員御礼、ありがとうございました(^^)/~~~

ボーナス入ったのかな?

みんなテンション高かったような♪







by meruchiko | 2013-07-11 00:00 | 食べもん | Comments(2)

あるとき~♪♪



e0185530_18164411.jpg


大好物の神戸・老祥記の豚まん。

おみやげにいただきました(^^)/~~~

久しぶりに食べたので感動もひとしお♪

551もおいしいけど、この豚まんは小ぶりで何個でも

食べれます。皮に塩味きいててうまい!!

みなさまも中華街に行った際にはぜひ老祥記の

豚まんをお買い求めください!!





by meruchiko | 2013-03-15 00:00 | 食べもん | Comments(2)

小池 つづき






e0185530_17513640.jpg

ふたたび・・・よだれが出そうでしょ!




生野区・鶴橋といえば、ぱっと思い浮かぶのは
焼肉だと思うけど、お好み焼も相当レベルが高い。

鶴橋は「風月」の発祥地であるが、
私たちは子どものころはまだ一店舗しかなくて、
風月?べつにそんなに~、というかんじだった。

よく行ってたのは「チンドン屋」「千寿」「オモニ」
「さとみ」「桃太郎」その時の気分や友達の
意見に合わせてチョイスしていた。

大人になってからは、
私はオモニがいちばんおいしいと思っていた。

だけどこのたび、オモニより小池がおいしい、
わかったのである。

オモニもミナミに店舗展開したりして、なんだかな。

小池はオモニみたいに観光客や芸能人が来る
わけでもなく、来るのは近所のおばちゃんばかりである。

持ち帰りのみ、というのも多い。

大きめの鉄板が2台、狭い店の真ん中にあって、
その鉄板でおばちゃんが焼き、同じ鉄板で食べる。

お客さん全員が相席、というかんじで、
鉄板をぐるりと囲んで食べる。

店のおばちゃんもたいして愛想いいわけでもなく、
すぐ前や隣に知らない人が座って黙々と食べているので、
一見さんはなかなかなじめないシステムになっている。

鶴橋オモニを通り越して、並びにある小池。

ぜひ一度行ってみてちょうだい!

(ただし月~土曜の昼から夕方4時までしか営業してません)










by meruchiko | 2013-03-05 00:00 | 食べもん | Comments(1)