人気ブログランキング |

カテゴリ:音楽( 75 )




ご無沙汰しておりました…
その後、大きな地震も(今のところ)起きず
夏になりました。



まずはサザンオールスターズ、6月25日で
40周年を迎えました!!
おめでとうございます〜!!!


e0185530_16583407.jpeg



昨日はなんばTOHOシネマズにて、
ライブビューイングに行ってまいりました!

東京のNHKホールにて、二日間だけのライブ
が行われ、私は抽選にはずれて行けず。
もちろん当たってたら行ってましたよ東京。

一曲目から懐かしのヒットナンバーの連発。
どれもこれもが懐かしく新鮮で、
いとしのエリーでは泣くのを堪えた。


しかし映画館でのライブビューイング、
大画面で大音響、リアルに迫力はあるけど、
座ったまんまで全くノリきれず…(T_T)

絶対に声出したらあかん!と言われてセックス
してるような(これはこれで興奮しますが
ストレスが溜まる。ひたすら我慢の子…。

でもでも!
桑田さん、やっぱりカッコ良すぎて、
私は濡れました。

50周年目指すぞ〜!と松田弘が言ってくれた、
アンタよう言うた!!

何度も言うけど、サザンがいる限り、
私達の青春も終わらない。

本当におめでとうございます!!!
私もがんばるからこれからも世界一
ステキな音楽、続けてください!!





by meruchiko | 2018-06-27 00:00 | 音楽 | Comments(2)

出血多量の夜




e0185530_03534286.jpeg



生理二日目の昨日月曜日、
私はフェスティバルホールに斉藤和義に
愛に(逢いに)いってきました。

もう、立てん…。

殿方には本当に本当に理解できないと
わかってはおりますが、付け根から脚が
もぎちぎれるんではないかという辛さ。
(わかんないだろうな〜!)

にも耐えながら、時々立ち上がり、
立ってると重量なのかそういう構造なのか、
血がどぴゅー!と溢れ出るのが恐ろしい中、
せっちゃんに酔いしれること2時間半。
…しんどひ。

斉藤和義というと、たいがいの人は、
歌うたいのバラッド、または歩いて帰ろう、
あるいは、ずっと好きだったんだぜ〜。
ドラマ見てた人は、やさしくなりたい〜。

だいたい有名なこの4曲しかご存知ないのでは
なかろうか。

そんなポップでキャッチーな斉藤和義しか
知らない人が、うっかりライブに行ったり
するとまあ驚くでしょうよ。

何?むっちゃくちゃロックやん!
おいおい、ギターすごいやん!!
斉藤和義って…やばいやん!!!

そうなんです。
私だけ知ってればいいのに、
斉藤和義はホンマにカッコええんです。
まあこんなに男臭い男もなかなかいない。
血も出るわ。

最後の方で、スペシャルゲストで
トータス松本がサプライズで現れ、 
バンザイ!を歌い、盛り上がった。

ウルフルズの曲は好きな歌もあるけど、
(それが答えだ!と暴れ出す!ね。)
トータス松本個人が私はどうしてもダメで、
今回せっちゃんの隣で並んだ姿を見て、
それは決定的になった。

15列目から中途半端にしか見えてないけど、
武田鉄矢かと思った。
4頭身くらいしかなかった。

ムチムチの4頭身でバンザイ〜!と、
がなるトータスの横で、
7頭身?のせっちゃんの、鼻にかかった
スウィートボイスが素敵だった。

8月まで逢えないけど、せっちゃんまたね。






by meruchiko | 2018-05-22 00:00 | 音楽 | Comments(1)

チャラ 永遠にgirl




e0185530_04512964.jpeg

☆Chara、2018年全国ツアー「Shut Up and Kiss Me! ~Sweet Soul Sessions Tour~」





Zeppなんばに行ってきた!

15分遅れてゴンタが来た。

1曲目に『ミルク』やったよ!
とささやくと、え〜〜(T_T)

ゴンタはアコギサークルのイベント、
『母の日・ごめんなさい』ライブに
参加していて遅れたのだった。

ごめんなさいじゃなくて、
ありがとうとちゃうの?ときくと、
去年ありがとう、でやったから、
今年はごめんなさい、なのだそうだ。

なんかダサい…。

でも斉藤和義の『やわらかな日々』を
ギター&ボーカル担当でやったらしく
選曲ナイス〜〜!

今月は私、斉藤和義も行くのだ。
ウハウハ。

先月の安室奈美恵のカラオケ・口パク
MCなしのクソライブからの
(→やけにこだわるな私。)
オザケン→Chara→斉藤和義。

やっぱライブは最高!

こんな熟してるようなしてないような
50歳の人達がいるおかげで、
私もまだまだ青春しようって思える。

Charaステキだったな…!

50歳でスカートひらひらさせて、
時々おパンツ見えそうだったけど
気にしない! 

私はCharaになりたい、
吉田美和になりたい、
デヴィ夫人になりたい!

そっか明日は母の日か。

ありがとう、ごめんなさい、
なんでもいいから伝えてみよう。




by meruchiko | 2018-05-12 00:00 | 音楽 | Comments(0)

今夜はブギーバック!!



e0185530_01525666.jpeg


オザケンに逢いに大阪城ホールへ!
夕方チャリで出発。

第二寝屋川沿いを走ったら、
家からこんなにも近いとは知らなかった!

先週、安室奈美恵のカラオケ・MCなしの
クソライブ(ファンの方ごめんなさいね)で
心を痛めていた一週間後…

素晴らしくも素敵すぎる小沢健二のライブで、
無限無敵な幸せを感じまくっております!!
余韻がすごくて胸がいっぱい。

タイトルも素敵すぎて
『春の空気に虹をかけ』。


36人(!)編成のバンドオーケストラに、
マジで驚いたのが満島ひかりがゲストで
1曲目からラストまで出演。



e0185530_02502024.jpeg



ここのところ夜な夜なドラマ『カルテット』を
見て満島ひかりにキュンキュンしていたので、
本当にびっくりした!!!

二人の絶妙な歌声、アレンジ、演出すべてが、
楽しくて暖かくて、 せつなくて…
不思議な世界観を作っていた。

私はスタンド上部席で、
会場にはモニターもなく、
オザケンも満島ひかりも顔が全然見れなかった
のが残念…。
オペラグラス買えばよかった…。

オザケンのライブに行くのは初めてで、
それもそのはず、この人15年以上も姿を
消していたのだから。

時は流れ、オジサンになったオザケンは復活。
ラジオで新しい曲を聴いた時は、
さすがに声変わったなあ…と思ったのに、
生オザケンの声は、昔と何も変わっていなかった。

ベビーフェイスに少年のようなベビーボイス。
50歳という年齢を超えて、オザケンは永遠に
少年だ!永遠に少年の心を持ち続けている!



e0185530_03091618.jpeg



音楽って、本当に素敵だなあ。
素敵な音楽って、本当に幸せ。

チャリで帰り道。
春の夜に虹がかかった。

サンキュー、オザケン!
サンキュー、満島ひかり!





by meruchiko | 2018-04-29 00:00 | 音楽 | Comments(0)



e0185530_02411606.jpeg



うれしいことは突然ふいに訪れる!

ドリカムのチケットが入ったで〜!
行くか〜!と、3日前にきかれて、
行く行く行く行く!行くに決まってる!

昨年も行ったツアーだけど、
できることならもう一度行きたかった。
もーメッチャうれしい!!

というわけで、神戸記念ホールに行ったの
ですが、本日の二日酔いは半端ない。

とにかくいちばん心配なのはトイレ事情で、
何も飲まず何も食わずで家を出て、
行きしなのクルマでは、とりあえず寝た。
(とにかく一切胃腸を動かさないことと、
寝てたら下痢は止まるという私の持論。)

作戦は成功し無事到着。
近くのショボいレストランできつねうどんを
すすって、会場に入った。



e0185530_02511694.jpeg



スタンドのいちばん後ろの席。
城ホールより狭いのと、真ん中にステージが
あるのでむちゃくちゃ遠くはない。

7,200人の観客の中で、たぶん私がいちばん
二日酔いだったと思う。自信ある。
席からトイレは近い。ラッキー!

一曲目の『決戦は金曜日』から吉田美和は
感極まって泣いており、私ももらい泣き。

しんどすぎて最初から最後まで座りっぱなし
だったけど、じっくり聴けてよかった。
トイレも2回走っただけですみました。




e0185530_02570182.jpeg



笑いあり涙ありで、本当に楽しく、
愛溢れるドリカムのライブ。

本当に本当に、毎回言うけど、
吉田美和はステキですごい。
止まることなくどんどん新しい曲を作って、
歌って踊って、進化し続けてる。
スターやなあ。憧れるなあ。

私はもう自分が情けないです。







by meruchiko | 2018-01-20 00:00 | 音楽 | Comments(0)


e0185530_02073344.jpeg



年の瀬、京セラドームにて、
桑田佳祐に逢いに行ってまいりました!!

これで3度目のがらくたツアー。
先週の徳島から1週間しかたっていない。
けど、毎回ドキドキするのは、
行かないと席がわからないからです。

いつか死ぬまで1列目を当てたい!!
という夢が叶うのか、毎回ドキドキ。

今回は8名で参加。
ミナコさん・ひまマスター・弟らと会場に
入り、それぞれのチケットを確認。

私はアリーナ8列目の席をもらう…!!
が、席に行くとアリーナのいっちばん右端、
たしかに前からは8列目だけど、
超ななめから見るかんじで、
桑田さんまでは100ヤードというところ。

大画面はとても見やすかったけど、
桑田さんは遠かった…!
最近あんまり右や左に動いてくれないし、
ステージの端までは来てくれなかった。
ちょっと残念。

3度目となると曲も実にじっくりと聴けて、
各地のMCの違いも楽しく、
そして何よりも『スキップ・ビート』を
やってくれたのが最高だった!
(前回・前々回は『ダーリン』のところが
『スキップ・ビート』に変わったのだ!)
割れたパーツのマニア〜〜!
カッコよすぎて倒れそうになりました。

今回のがらくたツアーはたくさんチケットが
取れて、いろんな人にチケットを譲ることが
でき、皆さんとてもよろこんでいただけて、
私自身もいい席で桑田さんに逢えて本当に
よかった。

ライブ後は毎回へとへとになるのに…
5万人を相手に2日連続で歌って踊る61歳、
桑田さんはホンマにすごい!!タフだー。

来年はサザン40周年!!
40周年って…(;^_^A
すごすぎて何と言えばいいのか…

ガンになったこともつい忘れてしまうくらい
元気な桑田さん、がんばりすぎないで、
って言ってもがんばっちゃうねありがとう。
(→最近石田ゆり子に似てると言われて
調子のってます。)

ファンの私たちを心配させる間も与えず、
復活してどんどん新しい曲を作って、
全国ツアーやって、この人本当に神だ。

サザンがあるかぎり、私たちの青春は
終わらない。

いつか1列目を当ててやる〜〜!!







by meruchiko | 2017-12-17 00:00 | 音楽 | Comments(1)

桑田佳祐 徳島




e0185530_01361429.jpeg


徳島まで桑田佳祐『がらくた』ツアー、
二度目の参戦です。
(しかしいつの間にライブに行くことを参戦、
と言うようになったのでしょう?)
周年からの疲れをいまだ引きずりながら、
寝不足でフラフラでアスティ徳島という
会場に到着。

今回、ほぼドーム会場ツアーの中、
このアスティ徳島だけがなんと収容人数
4千人という小さなホール。
だからここだけ特別楽しみにしていた。

チケットを引き換えると、なんとアリーナの
6列目…!!!
桑田人生、今までで最高に前の席だ!!

実際席に行くと、会場は本当にこじんまり
していて、6列目はステージまで15ヤードと
いう距離。(正面よりだいぶ左側だったけど。)

そしてナリのチケットはアリーナの21列目。
それでも前回の名古屋ドーム19列目よりも、
ステージと1列目の距離が近いから、
もっと近く感じる。こちらはど真ん中。

私はもーのーすーごーく6列目で見たかった
けど、意を決し、ナリと席を交換してあげた。

そんなんええよええよ、と遠慮してたけど、
私は今回ええ方の席でナリに見せてあげようと
決めていたのだ。

前回の葡萄の旅ツアー・福岡で、ナリは
後ろの席のオッサンにいきなりどつかれる
という惨事に合っており、ライブを台無し 
にされたという可哀想な思い出があった。

それでも私の顔は葛藤で引きつっていたと思う。
21列目に座ってからも、うう6列目…!!
今まででいちばんええ席…!!
桑田さんのシワまで見えるやろう…。
ええのう…ええのう…!

でもナリが喜ぶならそれでよしや…!
福岡の怨念を晴らすがよい…!

ライブが始まったらやっぱり桑田さんに
逢えただけで、もううれしくてうれしくて、
狭い会場なので音響も良く、一体感があって
すごくよかった。

1回目は初めての興奮で何が何やらの間に
終わってしまうけど、もっとじっくり
聴けるのが2回目の醍醐味だと思う。
(そしてまた今週末、京セラに3回目行くん
ですけどね。これで私のがらくたツアーは
終了です。





ライブ後、むちゃくちゃ近かった〜!
ありがとう〜!とナリが喜んでいたので
本当によかった。

せっかくなので、徳島ラーメンの店に行った。
初・徳島ラーメン。


e0185530_02015188.jpeg


色はメチャ濃いけど、食べるとあっさり。
生卵入れ放題で、テーブルに卵がどっさり
置いてあった。太っ腹やね!

それにしても本当にしんどかった。
もっといいコンディションで楽しみたいのに、
疲れが半端ない。

桑田さんのパワーに比べたら私は本当に
まだまだひよっこだ。

今年も残りわずか、皆様風邪にお気をつけて
ラストスパートでがんばっていきましょー!!






by meruchiko | 2017-12-10 00:00 | 音楽 | Comments(0)

がらくた 名古屋




この一週間、私はこの日のためだけに
生きてきました。

連日店がひまで泣きそうな時も、
ひまなのに飲みすぎて二日酔いの日も、
ひまなのに無駄に下痢でつらい時も、
この日があるから耐えてこれました。


桑田佳祐・ソロライブツアー『がらくた』
名古屋公演じゃ〜〜!!!


朝から家の近所のコメダ珈琲に行って
モーニングを食べ、気分はすでに名古屋!
(だけど名古屋の喫茶店のモーニングは
豪華なことで有名だと聞くのに、
コメダのトーストは半分しかない。)


車で出発、途中休憩を兼ねて御在所のSAでお昼ご飯。
ここのレストラン・土産物売り場は充実していてすきだけど、
トイレもすごい。

入るとまず、トイレの空室・使用中の掲示板。
はたしてこんなんいります…?


e0185530_01401664.jpeg

ちなみにすべての個室のドアの上部分にも、
青・赤のランプで煌々とと空・使用中が示されている。
じゃあこの掲示板いらんわな。重ね重ね無駄。





名古屋に到着、早めに名古屋ドームへ。


e0185530_01463243.jpeg
↑ええ大人が皆こんな写メを撮りまくっておりますよ。



席はいつものごとく当日、入場するまでわからない。
(オークションなどの転売目的を防ぐため。)

チケットを引き換え、アリーナBブロックということで
席を探し、見つけたら…

e0185530_01450389.jpeg


前から19列目だった!!近い!
ステージまで45ヤードほどでしょうか。
顔が見える!あげぽよ〜!

が、なぜかドーム内のどこの売店も、
本日アルコールは販売しておりません、とあり
しかたなくノンアルコールで鑑賞。
ま、途中でトイレに行くのも嫌だし、
まだ下痢っぽかったし、よしとする。

桑田さん登場、しかしライブの醍醐味の
最初の一曲目が、なんでそれ?と思う曲で、
しかもそれが3曲目まで続き、なかなか
テンションが上がらない。
(まだ行っていないお方がたくさんいるので
曲名は明かせません。)

不満が残るけど、新しいアルバムがらくたの
曲から、ノリノリの曲連チャンまで、
知らないうちにテンションはマックスに達し、
無我夢中で汗だく、我を忘れた。
あら私ノンアルでもちゃんとイケるやん?
(そういえばセックスもノンアル派でした。
そんな情報いりませんか。すいません。)

アンコール後も大好きな曲ばかりが続き、
ラストはあの曲で涙。
だって歌詞が…長年生きてたら身に染みるでしょ。



桑田さん、本当におつかれさまでした。
夢のような時間をありがとうございました。

来月は徳島・京セラドームに行きますよ。
体力勝負だと思いますが、私もまたそれまで
がんばるので、桑田さんもがんばってね!
ありがとな〜〜〜!!!






by meruchiko | 2017-11-19 00:00 | 音楽 | Comments(0)



e0185530_01124129.jpeg



ドリカムがニューアルバムを引っさげ、
ライブツアーをスタートしました!!

4公演目の城ホール、昨日土曜日はハルナが
先に参戦し、私は本日行ってきました。

『決戦の金曜日』から始まり、『JET!!!』
と続き、中盤からは新しいアルバムの曲を、
一曲目から順番に全部歌ってくれた。

『大阪LOVER』のまさに第二弾の曲、
『あなたと同じ空の下』がユニバとコラボで
アルバムに収録。
生で聴いたら幸せな歌なのになぜか泣けた。

『大阪LOVER』は、ハニトラでもよく
お客さんに歌って〜!と女の子に
リクエストされる、皆様もおなじみの、
大阪⇄東京の遠距離恋愛カップルの歌。

東京から新幹線で、大阪に住んでいる彼に
会いに来る彼女が、そろそろ結婚?…と考えて
いるのに、気づいてるのか気づいてないのか、
煮え切らない彼にじれている。

彼は今日もスウェット姿で車で迎えに来て、
いつものように家に直行。

不器用で言葉足らずな大阪の男で、
ちょっと万博公園にでも寄ろか、という
考えも起きない。

彼女も彼といると感化されるのか、
私もそっけないし…とわかっているけど、
なかなか素直になれずにいる。

毎週は会えないからケンカだけは避けたいし…
と、彼に気をつかう彼女がいじらしい。

近そうでまだ遠い大阪、
恋しくて憎らしい大阪。

そんな二人がついに結婚して、大阪で
くらしている『あなたと同じ空の下』。

彼女が本当に幸せな日々をおくっていて、
私もうれしくてたまらない。

電車もスイスイ乗りこなし、
急な姑の来襲にもハイ、まかしといて!
大阪弁もうまくなり、たのもしい嫁になっていた。

有名な『未来予想図』も第三弾まであり、
ひとつのカップルが恋愛して大人になって、
結婚して…

まるで私達と一緒に生きていて、ともに
成長しているようで、うれしい。

アルバムにはいろいろな曲が入っている。

九州に行こう!というテーマのとても
楽しい曲『九州をどこまでも』、
いろいろな国の言葉で「さよなら」を連呼して
失恋した彼の思いを断ち切ろうと踏ん張る
『世界中からサヨナラ』、
かんぽ生命でおなじみの『あなたのように』
は、親や祖父母に向けてありがとう、
いう気持ちで溢れた素敵な曲。

吉田美和の優しさや強さ、つらかったことや
それでも前向きに生きたいという気持ちが
たくさん詰まったこのアルバム。

今日のライブで、吉田美和から
たしかに、たしかに私は受け取りました!

何度もありがとう!と言っていたけれど、
こちらが本当にありがとうです。

明日からよい仕事・よい恋愛、
またがんばります!






by meruchiko | 2017-10-29 00:00 | 音楽 | Comments(0)


e0185530_18203674.jpeg


昨日酔っ払って、斉藤和義ライブを語ったのは
いいのですが…

後から調べたら『身悶える』という言葉を
間違って使っておりました(;^_^A

意味…
  1. [名](スル)苦しみ、いらだちなどのため、からだをよじらせ動かすこと。「悲しみのあまり身悶えして泣く」


全然違いました…(>_<)

昨日のゾーンに入った瞬間の気持ちは、
言葉では言い表せなくて、
もどかしくて今、身悶えております。

なんというか…
ギターを掻き鳴らすせっちゃんを見てたら…
目が釘付けになって身体は硬直状態になって、
息ができなくなって心臓わしづかみにされて、
声も出なかった。
こっちまで持ってかれるというか…。

上で必死に腰を振り続ける苦しそうな男を
見ながら、汗も身体もどっちがどっちのか
わからなくなって、もうどこでも連れてってくれい!と、しがみつくしかない私。

…みたいな?

いやでもエロいわけではない。
いつもエロさをアピールするせっちゃんに、
あんまりエロさは感じない私。

なんだろなあ。

とにかくこんなに刹那にギターを弾く
せっちゃんも初めてみたような気がします。

あと少しで51歳。
ずっと好きだぜ!









by meruchiko | 2017-06-08 00:00 | 音楽 | Comments(3)