人気ブログランキング |

2016年 09月 26日 ( 1 )

怒り



e0185530_19575041.jpeg


先日、映画『怒り』をみた。

原作は吉田修一。
小説がおもしろかったので、一体どう映像化するのか、前から楽しみにしていた。

俳優人がまたすごい。

妻夫木聡と綾野剛の生々しいラブシーン。
それだけを目的に見にいく、
というBL(ボーイズラブ)ファンもいるらしい。

あらすじも犯人も結末も知った上で行くと、
上映時間内ではすべてを出し切れず、はしょりすぎだなあ、とよくわかる。
残念だけどしかたない。

連続ドラマだったらもっと詳しく作れるだろうけど。

本を読まずに行ったナリは、期待してたよりおもしろくなかったわあ…
という感想。
そうか。残念。

ネット上でのみんなの感想を見ると、賛否両論で、でもよかったの方が多いかな。

私はぜひ本で読んでほしいと思う。
ラスト、涙なしでは読めないから。
(映画ではこのラストシーンもカットされてました。)

殺人事件の犯人は誰だ、という話だけど、それ以外のドラマが中心で、
「人を信じる」というのがテーマ。
とても真面目な小説。

真面目に生きているひとに、または大切な人と一緒に見てほしい。





by meruchiko | 2016-09-26 00:00 | 映画 | Comments(0)