人気ブログランキング |

2010年 08月 31日 ( 1 )

急ぐ人々のわけ





最近、もっぱらクルマ通勤が多い私。

久々に電車に乗ると、人間ウォッチングがおもしろい。

会社帰りのサラリーマン・OLとともに電車に揺られていると、

私も、何か仕事を終えた会社員になったような錯覚に陥る。

あぁ疲れた。大丸の地下で何かオカズでも買って帰ろうかなぁ。

あのうっとうしいセクハラ上司、日本語の通じない若いアホ社員、

あぁ早く家に帰ってビールが飲みたい!

なんてね。

それにしても、いつも不可解なのは、

中央線の本町駅で降りたときに、

御堂筋線から乗り換えしてくる人の、

全力疾走で飛び乗りしようとする、あの必死さ。

朝だったら遅刻ぎりぎりで急いでるのもわかるけど、

終電でもあるまいし、

6分ほど待ったら次の電車が来るのにもかかわらず、

いったいあの急ぎようは何なんでしょう?

元気やなぁ、と思う。

クルマに乗っていても、たとえば阪神高速にて、

尋常じゃない速さで、後ろから飛ばしてくるクルマがいる。

ガンガンハイビームで、怖い。

私もたいがい右車線を走っているので、左に避けようとするけど、

車線変更禁止だったりして、なかなか避けれずにそのまま走っていると、

シビレを切らして、左から無理やり前に入って、ジグザグに車たちを避けて、

ビューン!!!と、走り去っていく。

何なんじゃい!!危ないやないか!と、前はいちいち怒ってたけど、

ついに私はわかったのであります。

あれは、ウ〇コが漏れそうな(しかも下痢)人に違いない。

そして、ベンツとBMWに乗ってる人が、

ウ〇コを我慢している確率が多い。

だから今は、恐ろしいスピードで走ってきて煽られても、

(ガンバレ!!早く行け!漏らすなよ!) 

と、心の中で応援しているしだいです。

あ、でも電車飛び乗りの人はなんでなんでしょうね?

危ないよ。
















by meruchiko | 2010-08-31 00:00 | 日常 | Comments(0)