人気ブログランキング |

ゴンタ 回復期





e0185530_22051681.jpeg



ゴンタと白浜に来てます。
雨予報だったのに最高に晴れた。

白良浜の砂浜でゴザを敷いて寝転がって、
波の音を至近距離で聴いていたら、
30分ほど本気で寝てしまった。

海、幸せ…!!!
髪も顔も口の中も砂交じりになった。

コンペの準備や周年の宛名書きとか、
やること山盛りあるけど、
とりあえず置いてきた。





ゴンタはその後、めきめき良くなりつつあり、
この三日は睡眠薬を飲まなくても寝れている。

森ノ宮から茨木の心療内科に変わって、
良い先生に出会えたのと、その病院の勧めで
薬を漢方薬に変えたのが良かったのか。

仕事も辞め、家のことをしながら
ウツ経験者の友達から話を聞いてもらったり、
アドバイスをもらったのも良かったと思う。

数日前から友達とも次々に会うようになって、
驚いたのが、まず話し方が変わった。
突然別人のように饒舌になった。
というより、元の話し方に戻ったのだ。

そしてあんなに自ら家事をこなしていたのが、
洗い物と洗濯物をたたむのはきらいだと
いうようになり、ちょっと口ごたえもするし、
ずっとスマホで友達と喋ってるし、
ユーチューブ見てるし、ギターも弾くし、
私と話す時間もかなり減ってきた。

要は、すべて元に戻りつつあるのだ。

母は、うれしくもさみしい。

ウツの時のゴンタの方が良い子で好きや、
せめて年内だけでもウツでおってほしいわ、
(大掃除を手伝ってもらいたいだけ…)
と冗談で私は言うけど半分くらい本気だ。

まだ人混みと電車に乗るのは辛く、
出かけても休憩しながらじゃないと無理だ
とか、食欲はあまりないとかの症状は
残ってるけど、友達からのLINEを見ただけで
爆笑してるゴンタを見て、何がそんなに
楽しいのか…。

この調子でいけば11月からまずは週2で
仕事も復活するみたいで、それには
満員電車を克服しないといけないけど。

この数ヶ月、ゴンタと幼少期以来の
密な時間を共に過ごし、
毎日一緒にご飯食べて散歩して、
いろんな会話を交わして、泣いて笑って、
本当にウツに感謝したいくらいに
楽しかった。

もしかして励まされて優しさもらってるのは
こっちじゃないのか、と思うくらい、
ゴンタは従順で穏やかで、弱々しくて、
己と向き合い、静かに闘うその姿は謙虚だった。

今回いろんな話をしてゴンタという人間も
よくわかったし、私なんかより、ものすごく
思慮深く思いやりのある性格で、繊細だ。
私もそうでありたいと、何度もおしえられた。

今や何か頼んでも、あとでやる〜!とか、
気がついたら友達に会いに出かけた後で、
なんか腹立つ。

病気が完全に治っても、
どうかこの数ヶ月、家事を覚えて頑張って
いたこと、私のことを気遣ってくれていた
こと、十分の一でもいいから、
残ってくれますよう…。

無理だろな。







Commented by 夢男 at 2019-10-23 11:17 x
無理でしょね…
子離れ乳離れ、致し方ない
by meruchiko | 2019-10-22 00:00 | 家族 | Comments(1)