人気ブログランキング |

野菜カフェの葛藤



e0185530_03401263.jpeg


ゴンタと偶然みつけた、蒲生4丁目にある
野菜カフェ『まるも食堂』。

がもよんあるあるの、古民家を改造した店で、
1階は八百屋さんで2階が食堂という作り。
これは素晴らしい!

ランチに2回行ったけど、お客さんは10割
女性といってもいいほどで、
私を含めほぼおばちゃん。

男性はなかなかこういうお店には来にくい。
というより、別に行きたくもないだろう。




e0185530_03460962.jpeg

野菜を使ったオカズがちょこっとずつ。
サラダ取り放題、ご飯はもちろん雑穀米。
(これだけ違いますよ、まだメインの 
おかずも出てきます。)


あっさりと美味しく、食後胃にもたれず、
野菜不足だからこういう店の存在は有難い。

のだけど…。
こういう店でご飯を食べた後、
私はいつも思う。

お腹がいっぱいになっても、
脳のどこかが納得していないのはなぜだ。

無理して野菜いっぱい食べました、感が
否めないのはなぜなのだ。

心斎橋にもオーガニック系の野菜中心の
カフェがあって、たまに一人飯で行くけれど、
食後の虚しさがハンパない。

トンカツやハンバーグや唐揚げを食べた時の
幸せな感じ、満足感がない。

野菜いっぱい食べました、栄養摂取しました、
私は野菜がすきです!
野菜カフェに行く自分がすきです!

…いやいや違うやろ私、の本音が
毎回どこからか聞こえてくる。

本当はもっと違うものが食べたいやろが。
ラーメンやカレーが食べたいやろが!

じゃあなぜ自ら野菜カフェに行くのか。

つまりのところ、私は野菜=美味しくて
栄養あって体に良い、というよりも、 
野菜=いっぱい食べても太らない、安心、
の理由で野菜カフェに行くような気がする。

女子ばっかりのおしゃれな野菜カフェよりも、
おやぢに紛れて濃いものが食べたい!
という本心を隠し、健康志向・野菜好きな
フリをして、私はこれからも野菜カフェに
通うのだろう。








by meruchiko | 2019-07-24 00:00 | 食べもん | Comments(0)