人気ブログランキング |

埼玉・サザンの夜




e0185530_02430443.jpeg


いらん曲も多々ありましたが、
最後の一曲は、店でもたまにお客さんが歌う
あの名曲のバラードで幕を閉じた。

立ちっぱなしで足、棒。

でも大丈夫、
無料のマッサージ師の付き人がいるので。

足棒で電車を乗り継ぎ、やっと新宿に帰り、
ネットで見つけたホテルから徒歩3分の、
なんちゃって韓国料理屋へ。
喉も乾くし、お腹もぺこぺこ。

こじゃれたダイニングレストランみたいな
真っ白の店だった。味は期待しないけど、
全席喫煙可なのでここにしたのだ。

なんちゃってサムギョプサルコースを注文して
生ビールで桑田さんに乾杯!

客層は20代〜30代、店員は10代〜20代、
どうみても私達が最年長だった。

カップルが多かったが、歌舞伎町という
場所柄か、水商売なのか素人なのか区別の
つかない服装と雰囲気の女が何人かいた。

そしてびっくりするくらい声がでかい女が
二人もいて、異常なテンションの高さ、
お前は女優かというくらいのリアクションで
連れの男や店員と話していた。
(例えば男がトイレから帰ってきたら、
おっかえり〜〜!と手を振って迎える。)

こんな女、大阪にはおらんな。
アホちゃうかと思いながら見ていた。

人にもよるけど、大阪の女の子の方がシャイ
だと思う。照れくさいから素で話すし、
男の前であんな風に女優みたいに気取って、
オーバーリアクションで平気な神経は、ない。
勘違いしてる女と思われたら恥ずかしいやん、
という奥ゆかしさが大阪の女にはある
(と思いたい)。

なんちゃってサムギョプサルはそこそこの
味で、『おこげマッコリ』というのがめちゃ
美味しくて何倍もお代わりして、東京の女の
異常なテンションに負けたらあかん、と
私は飲んで食べた。

ラブホ街の中のホテルに帰り、あああの
カップル達は韓国料理食べてこのどこかの
ホテルにしけこむのかなあ、と思った。

夜は弟のゴッドハンドでマッサージで極楽、
なぜか耳に残っているのは、なんでこんな
歌やるのん?!と思ったマニアックな曲。
余韻に浸りながら爆睡した。

初めての歌舞伎町だったけど、新宿スワンに
出てくるようなメインストリートには行かず、
歌舞伎町で見たのは、小さなバッティング
センターとオリーブスパとラブホ街と
やかましい女だけでした。







by meruchiko | 2019-05-12 00:00 | 音楽 | Comments(0)