チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

人間ドック



e0185530_21134421.jpeg




昨日、2年ぶりの人間ドックに行ってきた。

体重は1キロ増(もっと増えてると思ってた)
視力は両目1.0(0.2減)聴力・肺活量は
問題なし、バリウム飲んで胃を見たら、
相変わらずポリープがあったけどおそらく
大丈夫。

そして恐怖のマンモグラフィー(乳ガン検診)。
上半身裸になり、大きな機械の前に立つ。

乳を台の上に乗せ、万力の要領で上下・ 左右に
乳を挟まれ、写真を撮る。
イカ焼きみたいにぺたんこにされるのは圧巻。

だけど、痛いんじゃこれが…!

そこで、今回の作戦実行!
以前見たバラエティ番組で、やっていた実験。

素人が熱湯の中に素足で入らされるのだが、
熱すぎてみんなすぐに熱い!と出てしまう。

ところが、30万円の札束を手に持たせ、
熱湯に足をつけながらお札を数えさせると、
さっきは我慢できなくてリタイアしたのに、
みんな平気で熱湯の中でお札を数えているのだ。

これはどういうことかというと、
札束を数えている時、人は脳内に快楽物質が
大量に出ているらしく(わかる〜!)、
熱さをも忘れられるのだという。
これは痛みにも有効かもしれない。

とはいえ、検査に札束を持ち込むわけには
いかないので、頭の中でリアルに想像する、
という作戦。

乳がぎゅう、と押さえられていく過程で、
私は必死に札束を数える。

1万・2万・3万…10万・20万…痛いっ!
30万…30万じゃ足らん!
40万・50万…
痛い〜〜〜!!!

でもよく考えたら、挟まれたらすぐ写真を
撮られ、即座に乳は解放され、また違う角度で
挟まれ…また1万円から数えなおし…

めんどくさいわっ!

でもなんとなく前回よりも痛さはマシだった
ような気がした。

何らかの痛みに耐えないといけない時に、
ぜひ脳内札束数え、やってみてください。






[PR]
by meruchiko | 2018-03-20 00:00 | 日常 | Comments(0)