チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

カエルの子



e0185530_03353426.jpeg



緑橋駅からすぐ近くに見つけたインド料理屋。

インド料理屋(またはネパール料理屋)って、どこの町にもあるなあ。
吉田村でも3店あった。

なぜかどこも店内の装飾は似通っていて、店員のインド人(かネパール人)の接客も陽気で親切というところが共通している。
メニューも値段もほとんどどこも同じである。
要は、インド料理屋は当たり外れが少ない。

緑橋のこの店は先日、ゴンタに誘われてランチで行った。
ゴンタはインド料理が好きだ。
私も好きだけど、最近はナンを全部食べきれない。

城東区に引っ越して1ヶ月が過ぎたが、ゴンタとご飯を食べたのはこのインド料理を含めてたったの2回。

お互いの生活サイクルが違いすぎて、同じ家に住んでいても、まず顔を合わすことがない。
たまに朝、トイレで起きた時など、私は寝ぼけてるから挨拶程度で終わってしまう。

しかもゴンタは、京都の大学が遠いということにかこつけて、週に2回は大学近くの下宿生のマンションに泊まっている。

(ここで、そんなもん母親は知らんだけやで、男と泊まってるんやで、という声もあるだろうけど、これが残念ながら本当にサークルの女子友達の所に泊まっている。男っ気の無さに逆に母は心配である。)

先日、生野に住むミサちんとランチしながら、お互いの娘の話になった。

ミサちんは、一体今までの自分の子育ては間違いだったのかもしれない…!と落ち込むほど、長女(ゴンタの一つ下・今年20歳)の生活態度に頭を悩ませている。

話を聞いたら、娘の言動において腹立つ・ナメとる・理解不可能…エトセトラ…がお互い本当によく似ていて、娘の悪口大会で盛り上がった。
(もし今ゴンタとミサちんの娘が会ったら母親の悪口大会で盛り上がること間違いなしだと思うけど。)

私ら昔々高校時代から、こうして喫茶店で恋愛や将来の不安やどうしようもない愚痴ばっかり言って、うだうだしていたけど、齢40も超え、ついに話題は娘の悪口だ。

自分の20歳の時のことは棚に上げている。
当たり前だ。私らもっとひどかった。

携帯を肌身離さず、勉強も家のこともせず遊びまくり・酒飲みまくり・口ばっかり。
何か話があると思ったら金のこと。
あげくの果てに母親を小馬鹿にしやがる…!
くそー(T_T)

いつか結婚して子供ができたときに、私らの有り難みをわかれよー!

その時まで、のほほんと生きとけー!








[PR]
by meruchiko | 2017-04-18 00:00 | 家族 | Comments(2)
Commented by 夢落 at 2017-04-19 19:13 x
インド料理屋はオーナーがすべて一緒やから…。娘か…どこも同じやろうけど、絶対オトコやで!
Commented by meruchiko at 2017-04-20 17:42
まじか!オーナーすべて同じか!
…違うとおもいます(;^_^A