チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

ばんざい亭 ばんざ~い!!



e0185530_17104696.jpg





先週末、また、ばんざい亭のサンドイッチを
出前してくれというお客さんがいた。

このお客さんは、うちに来たら必ず、
ここのサンドイッチをいくつも注文して、
女の子に食べさせてくれたり、家に持って
帰っていた。
いわば、ばんざい亭の、上お得意様である。

私はその時間に、まだ店に来ていなかった。

ミサオが、「実はばんざい亭のオバハンが・・・」
と、出前できなくなった理由を、お客さんに説明した。

ここで、「そんな変な店、もうええわ!いらんわ」
と思う人と、
「なんでや!そんな事情はワシには関係ない、
サンドイッチ食べたいんや、サンドイッチ持ってこ~い!」
という人に、分かれるだろう。

そのお客さんは後者だった。
(私でもそう言うと思う。)

そこでミサオは、そのお客さんから直接、
電話してもらうことを思いついた。

お客さんの携帯から、ばんざい亭に電話。
サンドイッチ何個・・・と言ったあと、
出前先は、うちの店の場所を告げた。

するとオバハン、
「その店には出前できません!」
と、ピシャリ。(ああ書いててムカつくわ・・・!)

いったん電話を切り、
何が何でもサンドイッチ食べた~い!
と、ゴネているお客さんに、ミサオが再び電話した。
(→ミサオの口座のお客さんなので必死。)

「こちらから取りに行くので、作ってもらえますか?」
と、聞いた。

オバハン、容赦なく、
「2時間かかりますけど!」
あきらめてミサオは電話を切った。

ワシはこの店にサンドイッチ食いに
来とるんじゃい、サンドイッチ食いたいんじゃ~い!
と、まだゴネるお客さんの要望に応えたいミサオは、
どうしたらいいですか・・・
と、チーフに相談し、ついにチーフは、
畳屋町にある、知りあいのお店に頼んで、
わざわざその店からばんざい亭に注文してもらった。

そしたら、ババァが、ついさっきは2時間かかると
言っていたのに、40分で持っていきます、
というではないか。
(ああ、書いててイライラしてきた・・・!)

結局、40分後にチーフが知り合いの店に
サンドイッチを取りに行き、
無事お客さんはサンドイッチを食べることができた。

めでたしめでたし。

・・・・・・・ではない。


その後、夜も更けたころ、
チーフが、とあるお客さんに連れられて、
エミュ(うちの斜め前の仲良しのお店)に行った。

そしたら、お客さんが、エミュについたとたん、
「サンドイッチ出前してくれ~」と言ったらしい。

エミュがばんざい亭に注文すると、
難なく持ってきた。オバハンが。

うちには、畳屋町を越えたら圏外なんです、
と言って、今後一切の出前を断ったのに、だ。

このクソババァ、有名人には、めっぽう弱いらしく、
綾野剛がどこかの店に来ていた時には、
オードブルを作って、タダで持ってきたという話。
気持ち悪っ。

さあ、私は腹が立つというより、
この理不尽なオバハンの仕打ちに、
呆れるというか、ホンマ一回ギャフンと
いわしたろか、と思う。

いったい、うちが何をしたというのか。
私は、二度とここのサンドイッチは口にしたくないし、
一銭たりとも落としたくない。

けど、こうして、サンドイッチ取ってくれ~!
というお客さんがいる以上、どう対応すればいいのか。

うちもケンカごしにしたなら、まだわかる。
言いたいこと言ったなら、わかる。
しかしオバハンから、いきなり、迷惑なんです!
と言われ、一方的に取引を打ち切られたのだ。

「空家の住所ゆうて、サンドイッチ出前させましょうよ」
とか、「ゴキブリの脚入れてヤカラ言いましょう!」とか、
「人相悪い、怖いお客さんに頼みましょう!」
などと提案が出たけど、そんなのおもしろくない。

私は、きちんと、オバハンに、
「私が間違っておりました、悪うございました。」
と、言ってもらいたいし(絶対言わないだろうけど)、
ちゃんと物事をわかって、反省してほしいのだ。

ほっとくのがいちばんだとわかているけど、
どなたか、私の心の持ちようを
おしえていただけますでしょうか。

このままでは、サンドイッチを見ただけで、
この一件を思い出し、食欲が失せるような
気がして、情けないです。











[PR]
by meruchiko | 2014-09-08 00:00 | 怒り | Comments(2)
Commented by ユメオ at 2014-09-09 06:53 x
サンドイッチ〜ン…ナムナム
Commented by meruchiko at 2014-09-16 16:27
めっちゃ腹立ってましたけど、
今はもうどうでもいいです(^^ゞ