人気ブログランキング |

ベター・ハーフ


e0185530_16562479.jpg




最近、唯川恵の小説をよく読んでいる。

この『ベター・ハーフ』は、
ある夫婦の結婚式の日から、
約10年間の結婚生活の物語だ。

結婚式当日、予期せぬ事件が起こり、
夫婦間に亀裂が入る。

新婚旅行もしっくりいかないまま過ごし、
そのまま結婚生活が始まるのだが、
ここから二人にはまったく想像できない
出来事が、次々に襲ってくる。

バブルが弾け、リストラ、互いの浮気、不倫、
出産、両親の介護・・・

まあどこの家庭にもにも少なからずあるだろう、
夫婦の問題である。

小説は、夫・妻と、交互の視点で進んでいくのだが、
セリフや心情がリアルすぎておもしろい。

ちょっとした妻のひとことや、夫の態度に、
あるある(私は未婚者だけど)と、頷くこと必至。

波乱万丈の中、何度も離婚の危機になるけど、
それでも離婚しないこの夫婦。

というより、離婚する気力すら失っている。

心が通わないまま、
心を通わせる努力をしないまま、
相手への不満と、
結婚って、夫婦って何なのだろう、と、
こんなはずじゃなかった、の繰り返し。

とてもおもしろく読み、
最後はほろりとさせられた。

私は思った。
こんなはずじゃなかった、
結婚っていったい何なのだろう、
と日々思いながら、危機を乗り越え、
倦怠を乗り越え、夫婦というものは、
いぶし銀のようになっていくのかなあと。

ハッピーエンド、という話ではないけれど、
(だいたい夫婦間においてハッピーエンド、
 って何?ってことだし)
夫婦間で、何か行き詰ってる人には、
ぜひ読んでみてほしいな、と思う。











by meruchiko | 2014-08-27 00:00 | 読書 | Comments(0)