チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

子宮と乳




e0185530_1954091.jpg






2か月前にナリと受けた人間ドックの結果で、
精密検査に二つ引っかかった。

子宮けい癌検診と、乳房X線検査である。
二つとも、オプションで受けた検査だった。

アムスニューオオタニクリニックから届いた
検査結果一式は、とても親切だった。

人間ドック検査表はわかりやすく、
提携している病院の紹介や、紹介状二通などなど。

アムスに電話一本かけるだけで、
希望の病院に精密検査を予約してくれるという、
便利なシステムがあったので、楽ちんだった。

そして今日朝から、
法円坂にある大阪医療センターへ、
精密検査を受けに行った。

先に子宮の検査。
子宮も乳も、女の先生を紹介してくれていて、
本当にたすかった。

あればっかりは、何度やっても慣れないし、
苦痛だ。

下半身すっぽんぽんになって、
診察台に座る。

腰のあたりからカーテンで仕切られてあり、
向こう側は見えなくなっている。

まるで私の上半身に用はありません、
という仕様である。

器具を入れられたり、何かぐりぐりされている間、
胸の上で手を合わせ、ひたすらお花畑を想像していた。
(私は歯医者のときもそんなかんじです。)

膣にガーゼを詰められ、ナプキンをもらって、
少し歩きにくいな、と思いながら乳腺外科に移動した。

放射線科に行って、X線検査(マンモグラフィ)を撮る。
これも女の人が担当で、よかった。
けど、めっちゃ痛い。

フジフィルムが作ったでっかい機械に、
くっつくように立たされ、
乳をこれでもかと挟まれて、4回撮影する。

すぐ終わって、後は問診とエコー検査。

女の先生だから、ほいほいと脱いで、
(今度は上半身裸。)ベッドに横になり、
乳の周りゼリーを塗られ、
モニターを見ながら説明された。

乳ガンの心配はなかった。
子宮のほうは、2週間後に結果を聞きにいくことになった。

初期段階で、たぶん大丈夫だと
先生も言っていたけど、何もないことを祈る。












[PR]
by meruchiko | 2014-08-25 00:00 | 病気 | Comments(0)