チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

男友達




お盆休みの最後の日、男友達二人とゴルフに行った。

吉弘は、高校時代のバイト先で知り合い、
もう20年以上の付き合いになる。
結婚して二人の子供がいる。

ピロシは、そいつの小学校からの連れで、
私が店をオープンした時、一緒に飲みに来てくれたのが
始まりで、もう12年。
ずっと独身で、東京に転勤して長い。

ピロシが盆や正月で大阪に帰ったときに、
二人から何度かゴルフに誘われたけど、
タイミングが合わず、今回初めて実現した。

昔は、たまにあそんだり飲んだりした。
今は女友達のように、しょっちゅう会うでもなく、
用事もないのに電話で話したりしない。

それぞれ、思い出したように
年に1・2回、ひょこっと店に来てくれる。

二人とも私と違って性格がのんびりしていて、
アホでいいヤツだと思う。
昔からちっとも変わらない。

二人とも、私より後にゴルフを始めたらしく、
スコアをきいたら、いい勝負なので楽しみだった。

昼ごはんを食べながら、話をした。

吉弘は、この間40才になったのに、
自分は、まだ27か28才くらいの感覚だと
話した。

それをきいたピロシは、僕は18才やと思ってる、
と言い、ほんまにアホだと思った。

私は、すでに自分は40才やと思ってる、と言った。

若いやん!変わらん!
と言ってくれたけど、変わってなかったら、
このほうれい線は何なのだ。

月1回、白髪染めに行かなければいけないのは、
年いった以外の何でもない。

諦めではないけれど、
女は嫌でも自分の年齢と折り合いがついている。
もう20代や30代前半の感覚はない。

何年越しに3人そろって会えて、
あの頃からは想像もできなかった、
ゴルフというスポーツを一緒にし、
楽しい時間だった。

10代どころか、小学生の自分に戻ったように
錯覚した。
男女いっしょに、ドッヂボールやサッカーを
して遊んでいたころの。

この感覚は、女友達とは共有できない。
彼氏や子供や旦那の愚痴や、
老いや美容についての会話は、現実そのものだ。

女同士独特の、見栄や虚栄心も、
やつらに対しては必要なし。

彼らもきっと、スーツを着てネクタイ締めて、
頭を下げてがんばってるんだろうけど。

男はいつまでもアホでいられていいな、
と、オバハンは少しうらやましかったりする。











[PR]
by meruchiko | 2014-08-20 00:00 | 友達 | Comments(1)
Commented by ユメオ at 2014-08-21 10:03 x
ヨカッタネ。3Pデスカ?