人気ブログランキング |

コリアンタウンの変貌



ゴールデンウィーク二日目は、
弟家族とナリとお墓参りに行った。

弟家族は、消費税アップの前に、
新しいクルマを購入したらしく、
水色のモコになっていた。(もちろん中古。)

相変わらずハンドルやナンバープレートや
社内のあちこちにミッキーマウス仕様。

それよりも、あの可愛い可愛い姪っ子が、
私の背を越し、縦にも横にもデカくなって
いて、びっくりした。
e0185530_12335044.jpg



きいたら、やはり初潮を迎えたという。
(こんなこと書いてもいいんでしょうか。
まあいいでしょう。)

腰回りやお尻がふっくらして、
もう子供子供していない。
話し方も完全に母親と対等だ。
あんなにあどけなくて可愛いかったのに。






お墓参りの後は、鶴橋のおじいちゃんの家に
寄ることにし、手土産は生野の
コリアンタウンでいろいろ見ることにした。

今でこそコリアンタウンなどと
呼ばれているが、私が子供のころは
朝鮮市場と言っていた。

e0185530_12382127.jpg



私もナリも弟も、いったい何十年ぶりに
ここに足を踏み入れただろう。

時々行く、小池のお好み焼屋さんは
すぐ近くだけど、朝鮮市場は中学生以来かもしれない。

噂にはきいていたが、
私たちは、その変貌ぶりにただただ驚いた。

連休で遠方から来てる人もいるのか、
観光地さながらの人人人。
いや、ここはもはや立派な観光地なのだろう。






e0185530_1241567.jpg

韓流ショップや化粧品屋がたくさん。





e0185530_12435860.jpg

なんじゃキムチギャラリーって。





e0185530_12443881.jpg

昔からある、山田商店は行列ができていた。





e0185530_1310462.jpg

知り合いに見られたらものすごく恥ずかしい。





e0185530_1246228.jpg

ほしい分だけカットしてくれる、蒸し豚専門店。






昔は、歩きながらチヂミを食べる人はいなかった。
韓流ショップも化粧品屋もこじゃれた
カフェもなく、ただ閑散とキムチ屋、肉屋、
魚屋、ありとあらゆる韓国の食材や
おかずが並び、客は在日韓国人しかいなかった。

昔からのチョゴリ屋はひっそりと
そのままあり、友達とよく行った、
たこ焼き屋も残っていた。

今のようなあっけらかんとした明るさは、
昔この町にはなかった。
独特な暗さがあったのに。

変わりように驚きと戸惑いと懐かしさで、
私たちは歩き、食べ物を買い、買い食いした。

そのまま少し歩いて、
私が小学校に上がるまで住んでいた家を
見に行った。

小さな駐車場に変わっていた。
斜め前の友達の家は、まだあった。







大丸で姪っ子に服を買ってやり、
夜はしゃぶ亭でごはんを食べた。

弟嫁と姪っ子は、人生初しゃぶしゃぶ
だったらしく、これまた驚いた。

私も初めてしゃぶしゃぶを食べたのは
18歳だけど、今やしゃぶしゃぶは一般家庭料理のはずだ。

おいしいおいしいと言って食べていた。
家でも簡単にできるから、やりなさい。





by meruchiko | 2014-05-04 00:00 | 家族 | Comments(0)