人気ブログランキング |

グアム スカイダイビング②



e0185530_16542065.jpg

↓ 私の担当の金髪の陽気な外人と。
セスナに乗る前。 
  笑ってるけど、心臓はバクバク。





e0185530_19102217.jpg





私はいちばん最後に飛ぶので、金髪野郎と
共に、まず最初にセスナに乗り込んだ。

それぞれ外人と一組になって、アホ麻菜・
カップル二組も次々に乗り込んだ。

金髪野郎が背中にぴったりくっつくように
座っている。
出発。なぜかセスナは後ろ向きに飛ぶ。

「戦争に行く人の気持ちがわかるわあ!」
とアホ麻菜が言う。ゼロ戦のことか。




e0185530_1722550.jpg


ぐんぐん高くなっていく中で、
後ろで金髪がベルトを閉めたり何か
装着しながら、私と金髪野郎の体を
一体化させていく。

ああ、私はこの金髪野郎に命を任せるのだなあ。
万が一の時は、こいつと一緒に死ぬのだなあ。

ということを考えたり、飛んだら絶対、
カメラに向かってピースしよう!と考えたり、いろいろ思いを馳せるけど、
飛ぶ前のこの時間は、MAX緊張、
MAX興奮!!!!!

窓からの景色はだんだんと海や山が
地図みたいになり、雲が近づいてくる。

アホ麻菜と超興奮状態の中、
声をかけあうけど、
エンジンと風の音ですでに声が聞こえにくい。





15分かけて、とうとうセスナは
高度4200メートルに達した。
下一面に雲と、青空しか見えない。嘘~!!

セスナの扉が開かれ、強風がびゅうびゅう
入ってくる。
怖いよ~~~~~!!!

ちなみに飛ぶ時、3・2・1などの
カウントはない。
後ろの外人のタイミングで、勝手に飛ぶのだ。

そしてそのタイミングは恐ろしく速い!!
飛んだ!と思ったら、もう次の人が飛んだ!

カップル二組が、次々に扉の外に消えていくのを見、
アホ麻菜が空に消えて行った。あああ。

バイバイ、アホ麻菜ちゃん、生きて会えるのかしら・・・

しかしもうこの時、私の思考はない。
次は私だ。

飛ぶ時は教えられたとおり、
両手を胸の前でクロスさせ、
思っきりアゴを上げ、エビぞりになる。

ずりずりと金髪に後ろから体ごと押され、
(エビぞり、エビぞりにならなくては・・・!!!)
ということしかもう頭になく、
あっという間に扉のところまで来たと思ったら、

e0185530_19172265.jpg

↓ これ私ですよ・・・







まず私の体が扉の外に出て・・・
要するに空中に私の体がセスナからはみ出した!!
もう何が何だかわけわからん!!!
怖い怖い怖い怖い!!!やめてくれ~~~!!!

と、思った瞬間に、








e0185530_18541036.jpg

飛んでいた!!!!!!





☆次回、最終回。引っぱるね~。


Commented by ゆめお at 2014-01-16 13:11 x
セスナは前向きやと思う・・・座るのが後ろ向きっしょ?
Commented by ユメオ at 2014-01-16 13:12 x
ピッタリッテ・・・イレテナイダケカ? ガハハww
Commented by meruchiko at 2014-01-16 17:23
ゆめお&ユメオさんへ
そうれす・・・座るのが後ろ向きれす。えっ、そこ?!
入れてないだけって、え~?!
by meruchiko | 2014-01-15 00:00 | 旅行 | Comments(3)