人気ブログランキング |

マスカレードホテル




e0185530_14475360.jpg




東野圭吾の『マスカレードホテル』を読んだ。

めちゃめちゃ読みやすいのに、
いったい何日かけて読み終えたのだろう?

最近の私、読書から離れつつあり、
じっくり本を読む余裕の無さがかなしい。








さてこの『マスカレードホテル』。

アマゾンから写真を引っ張ってきたのですが、
動画CMを見ると、
「湯川学(ガリレオの福山)」
「加賀恭一郎(新参者の阿部ちゃん」
に続く、第三の男誕生、
「新田浩介」。

って、もしやこれもシリーズ化するわけ??
そしてまたまた映像化・・・。

舞台は東京の高級ホテルという設定、
なんとなく(映画化かドラマ化狙ってるかな・・・)
という気もしないでもなく読んでいたけど・・・


この小説は私的には70点。

とゆーのも、
一流ホテルという華やかで壮大な舞台、
奇妙な連続殺人事件というこの設定、
もーちょっとドキドキハラハラさせてくれても
よかったんじゃないかな、と。
文章的にも流れ的にも。

ちびちび読んでいたからかもしれないけど、
わりと淡々と進み、ちょっと地味~に終わった感。。
(たんに私の想像力が乏しいのかもしれないけど)

だけどこれが映像化になると、
まったく話は違ってきそうな。

これでもかの豪華キャストで、
東京の五つ星ホテルを舞台にして、
(実際モデルにしたホテルがあるらしい)
音楽も重厚なかんじで・・・

犯人が現れるクライマックスのシーンも、
かなり盛り上がってイイ線いくんじゃないかな。

映画化ならぜひとも見てみたい。

新田浩介は妻夫木くん、
ホテルマンの山岸尚美には深津絵里、
で、いかがでしょうか・・・。

あまりにありがちか。














by meruchiko | 2012-02-17 00:00 | 読書 | Comments(0)