人気ブログランキング |

Chara


e0185530_22465063.jpg





今日は梅田のビルボード大阪に、Charaのライブに行ってきた。

Charaのライブはいつぶりだろう?

もう何年も前、あっちゃん(高校時代からの友人)と、
サンケイホールに行ったのが最後・・・

そのときはけっこう遠い席だったけど、
ビルボードは、ちゃんと顔が見える近さなのでうれしい。









生Charaは、まぁひとことで言うと可愛い。
もし顔も体も声も、すべて変えてくれるとしたら、私3000万払うな。

Charaのライブは圧倒的に女子が多い。

けっこう早くついて、ビール飲みながら
唐揚げやパスタをつついていたら、
すぐ隣りの席に、かなりもっさい男ともっさい女のカップルが来て、

(この人達、Charaのこと知らんと適当に来たんちゃうん・・・?)
と、ひそかに心配していたけど、
始まったら男も女もかなり歌を熟知していたのでびっくりした。

そしてこのカップル、けっこういい恋愛してるんじゃないかと思った。
(ライブって、隣り近所の席、けっこう重要です!)





Charaの歌は、男からしたらちょっとコワイと思うんじゃないかなと思う。
怖いとゆーより、重いってゆーか。

この人は、存在そのものが愛のかたまりみたいなもんだから、

私をもっと見てよ。愛してよ。
あなた、愛って何だか本当にわかってんの?
どうしてもっと愛ってもんを大切にできないの?

と、四六時中言われたりすると、
男はちょっと引いてしまうかもしれないと思う。
(もちろん四六時中は言わないでしょうけどね。)

実際私は、Charaから一瞬も目が離せなかった。

かすれた声も華奢な体も、ほっとけないような、
目をそらしたらこの人は壊れてしまうんじゃないかと思うような、
何か不思議なもろさがある。

それは弱い、とは全然違う。

実際彼女は二児の母だし、しかもバカ浅野と離婚して
今はシングルマザーで、ものすごく強い人だろう。

だけど、

「どうしていいかわからないから私は歌をうたう」
というCharaは、本当に正直で真っすぐで、不器用だ。

私は泣いた。

せつなくて、なつかしくて、かなしかった。

はたして私達は、今愛する人を、愛すべき人に対して、
お願いここにいてよ、と懇願するような愛を持っているだろうか。

バカ浅野との離婚に至るまでに、苦悩していたChara。

「色んな神様に内緒でお願いしてみたんだけど、どれも届かなかった」

愛には愛をもって立ち向かう大切さを、
これからもずっと、私に思い出させてほしい。
















by meruchiko | 2010-09-23 00:00 | 音楽 | Comments(0)