人気ブログランキング |

ぼやきまっせ





以前にも発表しました、屋号変更日が5月10日に決定いたしました。

印刷屋さんや不動産屋、看板屋と会ったり話をしたり、

リニューアルに向けて日々なにかと忙しいであります。

いつも思うことだけど、さまざまな業者さん達と話をするたび、

おいオマエ、ほんまにだいじょうぶか?とこちらが思うような営業の人がじつにいる。

(相手も私のことをそう思っているかもしれないけど。)

電話の取り方ひとつや、説明のしかたや、こまごました打ち合わせ。

頼りない対応、説明不足、不親切な態度、はっきりしない物言いに、

何やら不安を抱かせ、いらいらすることがある。

ほんまにこれで私以外の会社や店と取引きしているのだろうかと疑ってしまう。

他の人と話すときはもっときちんと対応しているのかもしれない。

女だから、水商売だからなめられてるのかもしれないと一瞬不安になる。

その点、サントリーさんをはじめ、酒屋さんというのはそのへんをちゃんと心得ている。

当然だろうけど、認められてるんだと感じ、真摯な態度にうれしく思う。

その逆に、不動産屋というのはいったい何者なんだろう。

以前のビルの時に日宝さんはよくしてくれたが、

それ以外の不動産屋は、私の当たりが悪かったのか何なのか、

えらそうか、おどおどしているかのどっちかで、話をするのも苦痛になってくる。

もし私が男だったら同じ話し方・対応をしてるんかい!と言いたい。

何年か取引きしている印刷屋さんの担当の営業の女性は、じつにハキハキと

対応してくれる人で、安心感がある。

多少無理を言っても困った声も出さないし愛想もいい。

その点、こいつどないなっとねん、という男は何人も見てきた。

いわゆる「商売人」からかけ離れてるような男たち。

ときどきお客さんが自分の会社の話をするとき、

今どき女のほうがよっぽどしっかり仕事するで、男はアホばっかりで頼んないわ、

とぼやいているが、会社に勤めていない私でも、まんざらその話も本当じゃないかと思う。

頼りないのはもうしかたない、せめて愛想よくしゃべってくれ~。
























by meruchiko | 2010-04-24 00:00 | 仕事 | Comments(0)