人気ブログランキング |

旬の筍




市場で働いているお客さんに筍をもらった(*^_^*)

e0185530_2073544.jpg


こんなん5本も!!

「ぬか」を買ってきて、あく抜きすること1時間。

ゆであがったら、皮をどんどん剥いていく。

そして、たけのこご飯にしました。

e0185530_2085198.jpg


まいう~~(*^^)v



小さいころ、筍が嫌いだった。

今でこそ、好き嫌いのほとんどない良い子の私だけど、

子どものころは野菜の嫌いなものがたくさんあった。

筍、しいたけ、ピーマン、マッシュルーム。エトセトラ。

中でも、どうしても食べれなかったのがしいたけとマッシュルームで、

今になってはなんで食べれなかったのか不思議でしかたないが、

当時は恐怖の食材だった。

給食の時のオカズに八宝菜が出たら、このダブルパンチで、

昼休みはもちろん、放課後まで残って食べさせられた。

マッシュルームのことを「デンワ」と呼んでいた私は、デンワといつまでも格闘した。

(昔のダイヤル式の電話の形そっくりでしょ。)

噛んでも噛んでも、飲み込むことができなかった。

飲み込むことを、体が拒否していたのだ。

泣きながらやっと食べて、家に帰ったら晩御飯が偶然にも八宝菜だった。

冷蔵庫にマグネットで貼ってある「給食だより」を、母は気にしていなかったようだ。

家の八宝菜にはデンワは入ってなかったが、しいたけがたっぷり入っていた。

母も、食べるまで風呂も入るな!寝るな!という、

今で言えば「虐待」かのように、すべて食べるまでゆるしてくれなかった。

そういうことが何度もあって、ついに私は嫌いな食べ物から逃避するすべをあみ出した。

ティッシュで口を拭くフリをして、噛んで噛んで味のなくなったしいたけやデンワを、

こっそりティッシュの中に出すのだ。

先生も友達も母も私のズルに気付かなかった。

バンザ~イ!(^^)!

しかし、筍もしいたけもマッシュルームも今はおいしい。

八宝菜は、今も自分では注文しないけど。













by meruchiko | 2010-04-20 00:00 | 食べもん | Comments(0)