人気ブログランキング |

祭りのあと





昨日は一日中死んで休みを過ごしました。

オリンピックとともに私も燃え尽きました・・・。

今もお酒がまだ抜けきらないかんじで、
いつのまにか3月になってた。





先週の月曜からの伝票をパソコンに入力し、
怒涛のように過ぎた一週間を振り返りながら
たくさんの皆様からのお祝いをいただいたことに、
あらためてふつふつと喜びを感じています。

調子に乗って飲んで飲んで飲みまくって、
ちゃんとろくに御礼も言えずにいた方にも、
一緒になってバカ騒ぎしてくれた方にも、スタッフのみんなにも、
あらためて、本当にありがとうございました<(_ _)>




祭りが終わり抜け殻のようになったこの瞬間、思うことがあります。

ホステスというのは、本当に不思議な仕事だと。

誰もが羨む絶世の美人だとか、
あるいは歌手並みに声が美しく歌が上手いとか、
自分に何があるわけでもない、
飛びぬけた何かを持っているわけでもない。

道を歩いてたらただの35才のオバハンが、
(私に限らずすべてのホステスが)
芸能人さながらに多くの花をいただき、
たくさんのお祝いをしてもらえること。

率直に言うと、たくさんのお金を使って、
お祝いしてくれるということに。

常々、ホステスという仕事は何かを「勘違い」していないと
できないと私は思う。

容姿・年齢に関係なくホステスはホステスである限り、
「勘違い」し続けなくてはならない。

化粧して服を着て、お客さんの前に立った瞬間から
自分とは違う自分に変身しなければ、この商売をする資格はない。
ホステスはモテてこその商売であって、モテなければここにいる意味もない。

だけどその「勘違い」がうぬぼれになった時、
それは「間違い」になってしまう。

本当は自分はたかが自分だということ、
その上でお客さんや仲間から祝福してもらえるということ、
その幸せや感謝の気持ちを年々、深く感じれる人間にならないことには、
いつか私は誰からも相手にされなくなってしまうだろうと、怯える時があります。

いつまでこうして誕生日や周年や何やと言いながら、
大量の酒を飲んでバカ騒ぎをしてお客さんから、
何万円のお金を落としてもらうのだろうか。

この大いなる私の勘違いに乗っかってくれ、
勘違いさせ続けてくれる愛すべき大切なお客さん達に、
仲間達に、幸せな気持ちにさせてくれて心からありがとう。

そして、迷惑かけっぱなしでごめんなさい。































Commented by パパ at 2010-03-05 22:36 x
ホステスって難しいですね。お誕生日を祝ってもらったり、芸能人のようにチヤホヤされ、勘違いさせられるけど、ホントに勘違いしてしまったら最後ですね。お互いがんばりましょう。おもしろいブログ♪楽しみにしてます。
by meruchiko | 2010-03-01 00:00 | 仕事 | Comments(1)