チコの二日酔い日記

girlsbarch.exblog.jp
ブログトップ

ありきたりな褒め方は避けるべし


先日の「モテる・モテない」の日記を読んだ
H兄貴から、「ぜひ続編を」という
メールをいただきました。

読み返してみたけど、自分でも何を
言いたかったのか、よくわからん文章だ。
(なにしろ急いでいたので)

よーするに、「水商売のホステスが
モテる男について語ったとしても、
それは店の中でお客さんとしてのいい男、
ということであって、一般的にモテる男とは
ちょっと違うんじゃないかな~」、
ということを私は言いたかったのである。

そこで、ホステスとしてではなく、一般的な
「モテる・モテない」
の話をしたいと思うのだけど、
私は店以外で男の人と接する機会がほとんど
ないので、難しいのである。
もちろん、
「お金をバンバン使ってくれる人がいい男」
と思っているわけではない。
(遊び上手だとは思うけど。)

羽振りがよくても、嫌なヤツはいくらでもいるからだ。

たとえば、人のことをけなすことしか
言わない男がいる。
「ママもだんだんシワが増えて、トシいったなぁ」
これは事実だからしかたがない。えへへ、
と笑ってると調子にのって、
「昔は可愛いと思ってたけど、もうあかんな。完全にオバハンなったなぁ」
「ほらほら、その笑ったとき、その目の下、
照明もっと暗くした方がいいで」
と、しつこく言われるとだんだん
腹が立ってくる。

私たちは「ハゲ」とか「三段腹」とか
「口が臭い」とか、黙ってやってるのに、
女性の容姿や老けようについて
男はつべこべ言い過ぎる。

こんなオッサンは、きっと会社でも
女子事務員に対して、何も考えず
「ちょっと太ったんちゃうか」とか言って、
嫌われてるに違いない。


褒められていやな気持ちになる人は、
まずいない。
私もミーティングで、
「とにかくどこでもいいからお客さんの
いいところを見つけて褒めなさい」
と、女の子に言っている。

しかし歯の浮くようなというか、
それはちょっと嘘でしょう、という褒められ方
をされると、相手のことを不審に思うのも、
やはり事実であり、難しい。

好きな人のことは欠点ですら素敵に
見えて
しまうけど(それが恋だというものだし)、
あまり好きだと気持ちが意識して
胸の辺りでつかえて、うまく褒めることが
できない。(私はそれです。)

だから意外なことを言ってみるというのはどうでしょう?

人は自分がわかっていることを褒められても
あまり嬉しくないものだし、
警戒してしまうものだからである。

なので「ちょっと自信はあるけど、
確信できないもの」
を褒めると有効だと思う。

たとえば私は「きれいですね」と言われると
(言われることがめったにないので)、
すごく嬉しい。

嬉しいけど、事実でないことも知ってるので、
白々しいやつだなあ、と相手のことを
信用できなくなてしまったりする。
(褒められ下手ですね。)

「店を経営しててえらいね」も、
「そりゃあ当たり前でしょう」と思い、
べつに嬉しくないのである。

それよりも、「手がきれいですね」とか、
「ブログがおもしろいね」とか褒められると、
その人のことが大好きになってしまう。
「ちょっとだけ自信があるけど、
「確信が持てない」からだ。

だから「美人ですね」と言われて
喜んでいる人は、たいして自信がないと
思って間違いない。
そう、私やあなたや多数の人がそうですね。

たとえばナナコなんかは初対面の人によく
「美人ですね」とか言われているが、
それに興味なさそうに、ありがとう、
あらそうですか?というかんじである。
もったいない。

私が彼女ならその嬉しい言葉を何度も反芻して
喜ぶところだけど、本人はそこにあんまり
嬉しくもなさそうなのだ。

そこで私は気づいた。
その人が言われ慣れてる当たり前のことを
言ってもらっても、ちっとも有効ではないのだ、と。

ちょっと「お世辞」にできるような、
そこそこ綺麗というか、
たいして綺麗でない人に言ってこそ、
この言葉は有効なのだ、と。

だからすごくスタイルが抜群の人に、
スタイルを褒めるより、
着ている服のセンスを褒めたほうが有効である。

よく考えてみれば、身長180センチの
男の人が「背が高いですね」と言われたって
喜ばないのだし。

私は鼻筋の通った人やまつ毛の長い人を
見ると、つい「おお!鼻筋通ってますね!」
「まつ毛がクルンってなってますね!」
とわかりきったことを言ってしまう。

まるでキリンさんに「首が長いですね!」
とか象さんに「鼻が長いですね!」と
言ってるようなもんである。
キリンも象もそこを言われても喜ばないだろう。

完全にみんなの目にわかる美点を言うよりも、
その他のことを探して考えているときの
気持ちは「恋そのもの」である。
おためしあ~れ。

しかし私が超欠点だと認めている足首を、
「その太めの、ズドンとした足が可愛くて
好きだよ」、と言われても、
低い鼻を「ステキだね」と褒めれられても、
ほんまかよ!と疑い、おちょくってんのか!
と、ひねくれてしまったりするので、
ご注意されたし。















[PR]
by meruchiko | 2010-01-19 00:00 | 恋愛 | Comments(3)
Commented by ひまのひろや at 2010-01-20 09:21 x
自分しか見つけていないその人の素敵な所を探すのが恋ですか(゜∇゜)

そう言えばこの前リクエストされた平井堅の歌にもそんな歌詞がありました♪

僕も『まつげが長いね』って言われてもあまり嬉しくないけれど、『目が綺麗ね』って言われるとその人の事が好きになります。笑
Commented by meruchiko at 2010-01-21 13:43
無理やりでもいいところを探さないと・・・
やってられない・・・
このお仕事・・・
ウチのお客さんはいい人ばっかりですけどね♪
Commented by はまちゃん at 2010-03-18 23:04 x
そうでしたか??!